Apacheとは?その利用するメリット・デメリットや運用方法を解説

Apache

(最終更新月:2022年12月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「Apacheとは?」

「Apacheのメリットって何だろうか?」

「Apacheを導入方法が知りたい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • Apache(アパッチ)とは?
  • Apacheのメリット
  • Apacheの導入方法

当記事では、Apacheの基本事項はもちろん、そのメリットや導入方法までひとつずつ丁寧に解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

✔当記事の信頼性

当ブログでは、PythonやJavaScriptをベースとしたフレームワークで、Webアプリの開発・公開方法をお伝えしています。

Webアプリはすべて、Apacheで構築したWebサーバー上で構築しているので、当記事以外にもさまざまなノウハウを発信しています。

Apacheについての基本をマスターして、技術者としての知識をより深めていきましょう。

Apacheについての基礎知識

まずはApacheについての基礎知識をご紹介していきます。

具体的なことを見ていく前に、Apacheについての概要をおさえましょう。

  • Apacheとは?
  • Webサーバーとは?
  • Apache以外の代表的なWebサーバーソフトとは?

Apacheとは?

Apache(アパッチ)とは、世界的に有名なWebサーバーソフトのひとつで、正式には「Apache HTTP Server」です。

The Apache Software Foundationが、1995年にApacheのプロジェクトを立ち上げてから、WebサーバーソフトといえばApacheとなるまで、認知されるようになりました。

今でもWebサーバーシェアの30%をこのApacheが占めているのです。

Webサーバーとは?

そもそも、Webサーバーとは何かを見ていきましょう。

Webサーバーへの理解がなければ、Apacheを理解できません。

Webサーバーは、Webブラウザからの注文に対して、正しいホームページや画像などを提供する役割をになうコンピューターのこと。

ApacheなどのWebサーバーソフトがなければ、コンピューターはただのコンピューターであり、Webサーバーソフトを入れることで、ホームページなどを表示させる機能が備わるのです。

詳しくはこちら。

Apache以外の代表的なWebサーバーソフトとは?

Apache以外にもシェアが高いWebサーバーソフトを挙げると以下のとおり。

  • nginx
  • Cloudflare Server
  • LiteSpeed
  • Microsoft-IIS

Apacheのメリット・特徴5選

Apacheのメリットやその特徴を見ていきます。

Apacheが世界的に広まっているのも、その特徴が理由です。

  • 汎用性が高い
  • 無料で使用可能
  • 処理速度が早い
  • 機能・モジュールが豊富
  • 情報が見つけやすい

汎用性が高い

Apacheの特徴のひとつとして、汎用性が高いことが挙げられます。

なぜなら以下のような主要のOSどれでも動かせるからです。

  • Windows
  • Mac
  • Linux

汎用性の高さは、Apacheが人気な理由のひとつといえるでしょう。

無料で使用可能

Apacheが無料で使えるのも、メリットといえます。

Apacheはオープンソースなので、誰でも無料で使えるのです。

自宅にApacheでWebサーバーを構築すれば、ほとんどコストがかからずにホームページの公開ができます。

処理速度が早い

処理速度が早いのも、Apacheを使うメリットです。

長年運用してきたため、さまざまな改善がなされています。

規模や用途に限らず、さまざまなタイプのサイトで利用できるのです。

機能・モジュールが豊富

Apacheは、機能が豊富でカスタマイズ性が高いというメリットがあります。

長年の運用から、オフィシャルで公表されているものだけでなく、各ユーザー独自のモジュールも存在するのです。

機能の改善やセキュリティの向上や動作の安定に繋がっています。

情報が見つけやすい

Apacheの情報が見つけやすいのも、利用する際のメリットといえます。

なぜ情報が多いのかは、以下が理由です。

  • オープンソースで情報が公開されている
  • 長年運用されてきている

Apacheのデメリット・注意点2選

Apacheのデメリットや注意点も見ておきましょう。

当然ですが、メリットだけではないからです。

  • サポートや保証がない
  • 同時アクセスによりパフォーマンスが下がる

サポートや保証がない

Apacheのデメリットは、サポートや保証がないこと。

なぜサポートや保証がないかというと、無料でオープンソースだからです。

有料のサービスは相談窓口があるのが一般的ですが、無料なのでそうはいきません。

自身で情報を見つけなければならないのは、デメリットといえるでしょう。

同時アクセスによりパフォーマンスが下がる

Apacheのサーバーには、同時アクセスによりパフォーマンスが下がる可能性があるというデメリットがあります。

その理由は、Apacheはマルチプロセスなので、動的なコンテンツなどの重たい処理には向いているものの、同時間にたくさんの処理をこなせないからです。

対して代表的なWebサーバーのひとつNginxは、同時処理数は多く、重たい処理が苦手という特徴があります。

Apacheの使用を勧められるケース

Apacheの使用を勧められるケースをまとめました。

Apacheの特徴を見たときに向いているケースとそうでないものがあるからです。

Apacheの使用が向いているのは以下のケースとなります。

  • 個人サイト・ブログ
  • コーポレートサイト
  • ECサイト

Apacheの使用を控えたほうが良いケース

Apacheの使用を控えたほうが良いのは、ユーザーのやり取りが多くなるSNSなどと考えられます。

なぜなら同時接続が多いと、処理が遅くなる傾向にあるからです。

Apacheを使うのであれば対策を施す必要があるでしょう。

ApacheでWebサーバーを構築する方法

ApacheでWebサーバーを構築する方法をお伝えします。

慣れるとそこまで難しくありません。

  1. UbuntuのOSを準備
  2. apache2のインストール
  3. ファイアウォールの設定

詳しくはこちらの記事で解説しています。

Apacheサーバーを管理するにあたって知っておくべきこと

ApacheでWebサーバーを構築したら、運用・管理が必要です。

私が管理していて必要だったことをまとめましたので、ご覧ください。

  • Apache上にDjangoのWebアプリを公開する
  • Certbotを使ってSSL証明書を発行する
  • Apacheのバージョン確認をする
  • Apacheウェブサーバー上に複数のドメインを設定する
  • Apacheのサーバーでタイムエラーが発生したときの修正方法

Apache上にDjangoのWebアプリを公開する

ApacheのWebサーバーにDjangoフレームワークで開発したアプリを公開。

方法はこちらです。

Certbotを使ってSSL証明書を発行する

Ubuntu環境では無料でSSL証明書を発行できるCertbotを使いましょう。

方法はこちらの記事で紹介しています。

Apacheのバージョン確認をする

Apacheのバージョン確認は以下の記事でご紹介しています。

Apacheのドキュメントルートで設定を変更する

Apacheのドキュメントルートについて詳しく解説しています。

Apacheウェブサーバー上に複数のドメインを設定する

Apacheのウェブサーバーには複数のドメインを設定できます。

方法はこちら。

Apacheのサーバーでタイムエラーが発生したときの修正方法

Apacheのサーバーで以下のようなエラーが出てしまうことがあります。

「このサイトにアクセスできません」

以下のページで解決方法をご紹介しています。

まとめ:Apacheとは、重い処理に強いWebサーバーソフト

当記事の内容をまとめます。

  • Apacheとは、世界的に有名なWebサーバーのひとつ
  • Apacheは、オープンソースで機能が豊富なサーバー
  • Apacheを使う際はデメリットも理解して使おう

Apacheは世界でも人気のあるWebサーバーソフトです。

自分で構築するのもそこまで難しくないので、いちどやってみることをおすすめします。

自宅にUbuntu環境を用意すれば、いろいろと遊べます。

✔当ブログは以下のような方に向けて書かれています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」

「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

✔当ブログ掲載の記事

  • Djangoで作る日報アプリ開発
  • WebアプリをWeb上に公開する方法
  • Webアプリ開発に必要なそのほかの情報
【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

ITCブログにご協力いただける方は、以下もご検討いただけると嬉しいです。

ITCへ投げ銭をする

タイトルとURLをコピーしました