【初心者必見!】主要レンタルサーバーを比較!ロリポップがオススメな理由を解説します!

レンタルサーバー

(最終更新月:2021年11月)

「HPを公開したい!でもレンタルサーバーってどれがいいんだろう?

「開発に時間をかけたい!あまりサーバーとかで悩みたくない!

という方へ向けての記事となります

当記事を通じて

  1. なぜ、ロリポップ!レンタルサーバーがオススメなのか?

の理由をお伝えしていきます

という私は、数年間プログラミングを勉強した後に「ホームページを公開しよう!」と思い立ち、2019年6月「ロリポップ!レンタルサーバー」で無料お試しをしてからずっと当サービスを使用しています

登録ドメイン数も11と年々増えています

そしてこれでも、月々550円

もちろん、誰にでも絶対にロリポップ!とまでは言いません

ただ、「迷ってて決めれない!どれにすればいいの?」という知人がいたら間違いなくロリポップ!をオススメするもの事実です

「ひとまず始めてみたいけど、どれにしよう?」

「レンタルサーバーもいっぱいあってよくわからない!」

という皆様の「困った!」「どうしよう!?」を解決できれば幸いです

【サービス内容、料金を比較】主要レンタルサーバー

何はともあれ、まず気になるのは月々の料金です

2021年8月時点での主要レンタルサーバー料金等を下記の通りまとめてみました

サーバー名プラン名年額容量転送量独自
ドメイン
無料
SSL
エックス
サーバー
X1013,200円300
GB
無制限無制限
さくら
サーバー
プレミアム15,714円200
GB
800GB
/日
無制限
お名前
.com
特になし12,936円300
GB
27TB
/月
無制限
ロリポップ!ハイ
スピード
9,900円320
GB
900GB
/日
無制限

※すべて1年契約(12ヶ月)した場合で、近しいプランで比較したものになります。各社とも他のプランもありますので詳しく知りたい方は各HPでご覧ください!

ご覧の通り、各社大差はなく「ロリポップが若干安いかな?」という感じです

HPページに記載されているスペックについても大きく差も無いように思えます

差がないからこそ、少しでも安いのが良いのかなとも言えるかもしれません

ただ、安くても使いたい機能が備わっていなければWebサーバーとして意味がありません

私自身使っていて不足を感じたことはあまりありませんが、次章では「どんなことができるのか?」についてカンタンに解説します

ロリポップレンタルサーバー

「ロリポップ!」でこんなことができる!

ロリポップには、一般的なHP作成、公開に必要な機能が一通り揃っています

  • WordPressとの連携
  • FTPクライアント
  • メール
  • 独自ドメイン
  • 無料SSL

例としてメールサービスとFTPクライアントはこんな感じです↓

Webメールサービス

GmailのようにWeb上でアクセスできるのでとても便利です!

FTPクライアント

ロリポップ!にログインすれば、どこからでも入ることが可能です!

その他にも、

  • ムームードメインと連携し、超カンタンに設定できる独自ドメインサービス
  • ほぼワンクリックと言っても過言がないくらいカンタンに始められるワードプレス

など、他サービスとの連携もばっちりなのもとても充実している理由の一つです

まとめ

私が「ロリポップ!レンタルサーバー」をオススメする最大の理由は自分が使っているから、であることは間違いありません

ただ他のレンタルサーバーと比較しても

  • サービスに不足なし
  • 最安値

であることはご理解いただけたかと思います

「どうしたら良いの?」となかなか一歩を踏み出せない方にとっては、まず「ロリポップ!レンタルサーバー」で一歩を踏み出すことをオススメします

スタンダードプラン 詳細はこちら

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました