代表的なデプロイ手法4選|特徴や手順をわかりやすく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年10月)

✔以下のような方に向けて書かれた記事です

「デプロイについてもっと知りたい」
「デプロイの方法や手順がわからない」
「具体的なデプロイの実例が見てみたい」

✔当記事でお伝えする内容

  • デプロイの基本概念
  • デプロイの方法とその応用
  • デプロイの実例

当記事では、デプロイの基本に加え、さまざまな方法やオプションを駆使した応用まで、具体的なケースを交えてわかりやすく解説していきます。

最後までお読みいただけると嬉しいです。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

デプロイの基本概念

こちらでは、「デプロイ」についてお伝えしていきます。

「デプロイ」について理解することで、ソフトウェア開発の一連の流れを把握し、生産性を向上させることが可能です。

  • デプロイとは何か?
  • デプロイの意味と役割

デプロイとは何か?

デプロイとは、開発されたプログラムを特定の環境に展開し、実際に稼働可能な状態にすること

Webアプリケーションを例にすると、開発環境にあるものを、実際のサーバーに移して公開可能な状態にする作業をデプロイといいます。

デプロイの役割

デプロイの役割は、ユーザーにとって利用可能な状態にすること

開発プロセスにおいて非常に重要なステップといえます。

具体的にデプロイの作業は、以下のような実運用に向けた最終段階の確認作業を含みます。

  • プログラムの動作確認
  • 不具合の検出
  • 性能の確認といった

デプロイに関連する作業とその詳細

デプロイを正しく理解するためには、それに関連する作業についても詳しく知る必要があります。

それぞれ見ていきましょう。

  • ビルドの概念とプロセス
  • リリース(ローンチ)の概要と実行時期
  • インストールの方法とポイント
  • アクティベートとその実行条件

ビルドの概念とプロセス

ビルドとは、ソースコードを実行可能なソフトウェア(エグゼキュータブル)に変換する作業のこと。

このプロセスは、コンパイルやリンクといった処理を経て、開発の成果物を最終的な形にまとめる重要なステップです。

デプロイの前におこなわれ、ソースコードが実際に動くプログラムとして形になります。

リリース(ローンチ)の概要と実行時期

リリース、またはローンチとは、ビルドされたソフトウェアを公開し、ユーザーが利用できる状態にすることを指します。

リリースは、テストを経て問題がないと判断された後、特定のタイミングでおこなわれます。

新機能の追加やバグ修正など、ソフトウェアの改善をユーザーに提供する場合にも、必要です。

インストールの方法とポイント

インストールとは、リリースされたソフトウェアを、特定の環境に配置して、実行可能にする作業のこと。

インストールする際には、システム要件を確認し、必要な設定をおこなうことが重要です。

互換性の問題やセキュリティ対策も考慮する必要があります。

アクティベートとその実行条件

アクティベートとは、インストールされたソフトウェアを実際に稼働させる作業です。

以下などが含まれます。

  • ライセンス認証
  • 設定ファイルの読み込み
  • サービスの起動

アクティベートは、ソフトウェアが正常に動作する環境下で、適切な設定と共におこなわれます。

デプロイの適切なタイミング

ここでは、ソフトウェアやアプリケーションのデプロイにおける最適なタイミングについて説明します。

デプロイタイミングの選定は、成功のカギを握る重要なステップであり、以下の要素を考慮することが必要です。

  • 大切なデプロイタイミングのポイント
  • デプロイする前のチェックリスト
  • テスト環境での検証結果が出たとき
  • 低トラフィック期間中のデプロイ
  • ビジネス上の要件とタイミング
  • エンジニアリングチームの準備状況

大切なデプロイタイミングのポイント

デプロイのタイミングは、ユーザーへの影響や開発スケジュールに基づいて決定されるべきです。

その理由は以下のとおり。

  • 高トラフィック時にデプロイをおこなうと、サービスに負荷がかかる
  • 新機能のリリースやバグ修正などは、ユーザーに影響を及ぼしてしまう可能性がある

またデプロイ後は、必ず機能の確認や問題がないかのチェックが必要です。

このような配慮をすることで、ユーザーエクスペリエンスの低下を防ぎ、ソフトウェアの品質を保てるはずです。

デプロイする前のチェックリスト

デプロイ前には、以下を確認しましょう。

  • 全ての必要なテストが完了している
  • すべてのバグが修正されている
  • ユーザーに影響を及ぼす可能性のある変更がすべて明確に文書化されている
  • 関連するチームがその変更を理解している

このチェックリストを通じて、デプロイがスムーズにおこなわれ、問題が発生した際に迅速に対処できるようにします。

テスト環境での検証結果が出たとき

ソフトウェアをデプロイする前に、テスト環境での検証しましょう。

ソフトウェアが設計通りに動作するかを、確認する必要があるからです。

テスト結果が安定し、テストケースすべてがパスした時点が、本番環境へのデプロイの適切なタイミングとなります。

低トラフィック期間中のデプロイ

デプロイは、トラフィックが比較的低い時間帯(通常は深夜や早朝)におこなうことが一般的です。

なぜならデプロイによってシステムに何か問題が発生した場合でも、ユーザーに影響を最小限に抑えられるから。

例えば、eコマースサイトなら深夜のトラフィックが低い時間帯を選択します。

ビジネス上の要件とタイミング

新しい機能のリリースは、ビジネス目標やマーケティングキャンペーンと同期させることが重要です。

たとえば、新商品の販売開始日に合わせて新機能をリリースするなど、ビジネス上の要件とデプロイのタイミングを同期させることで、ビジネス成果を最大化することが可能です。

エンジニアリングチームの準備状況

全メンバーがデプロイに向けて準備を整えていることが重要です。

なぜならデプロイは、エンジニアリングチーム全体の取り組みだから。

関連する作業手順の理解やロールと責任の明確化、緊急事態に対する対応策の準備などが含まれます。

とくに重要なのは、何か問題が発生した場合に迅速に対応できるよう、デプロイの監視と対策が整っているかどうかです。

デプロイを成功させるためのヒント

デプロイは、一見単純に見えても実は複雑な作業です。

ここでは、デプロイをスムーズに、そして成功させるためのヒントを提供します。

  • スピーディかつ確実なデプロイの実施方法
  • 安定した状況下でのデプロイの重要性

スピーディかつ確実なデプロイの実施方法

デプロイをスムーズにおこなうには、まず適切なツールと手法を選択することが重要です。

自動化ツールを使うことで、時間と労力を節約し、ミスを減らせます。

また、デプロイプロセスを定期的に見直し、改善することで、より効率的なデプロイを実現が可能です。

安定した状況下でのデプロイの重要性

デプロイは、システムの安定性を確保した状態でおこなうべきです。

未解決のバグや未完成の機能があると、デプロイ後のシステムに影響を及ぼす可能性があります。

デプロイ前にはしっかりとテストをおこない、問題がないことを確認することが重要です。

デプロイ手法の種類と選び方

ここでは、代表的なデプロイ手法について説明し、それぞれの適切な選び方を提案します。

デプロイにはさまざまな手法があり、それぞれが異なる状況や要件に適しているからです。

  • ブルー/グリーンデプロイメントの概要と利点
  • イミュータブルデプロイメントの説明と特徴
  • シンボリックデプロイメントの解説と活用方法
  • ローリングデプロイメントについて

ブルー/グリーンデプロイメントの概要と利点

ブルー/グリーンデプロイメントは、新旧の2つの環境を用意する方法です。

新しいバージョンが正常に動作した場合には、トラフィックを新環境に切り替えます。

ウンタイムなく更新をおこなえるのが、メリット。

しかし、2つの完全な環境を用意するため、リソースが必要となる点がデメリットです。

イミュータブルデプロイメントの説明と特徴

イミュータブルデプロイメントは、新たなバージョンのデプロイ時に既存の環境を変更するのではなく、全く新しい環境を作り出す手法です。

環境変数や設定の違いによるバグを防げます。

また古い環境をそのまま保持できるため、ロールバックも容易におこなえます。

シンボリックデプロイメントの解説と活用方法

シンボリックデプロイメントは、新旧のソフトウェアを同時にインストールのうえ、シンボリックリンクを切り替えて、新旧を切り替える手法です。

更新のダウンタイムをほぼゼロに抑えられます。

ただし、新旧のソフトウェアが共存できる設計が必要となる点に注意が必要です。

ローリングデプロイメントについて

ローリングデプロイメントは、全体を一度に更新するのではなく、サービスを部分的に更新していく手法です。

一部のサービスが更新中でも、ほかの部分は稼働を続けられるため、ダウンタイムを最小限に抑えられます。

大規模なシステムにおいて有効な手法ですが、部分的な更新が可能な設計が必要です。

まとめ

当記事では、デプロイという概念を基本から詳細まで解説しました。

  • デプロイのさまざまな工程
  • ビルドからアクティベートまでの作業
  • そしてデプロイの適切なタイミング
  • デプロイを成功させるためのヒント
  • 様々なデプロイ手法とその選び方

デプロイはソフトウェア開発の非常に重要な工程です。

適切な手法を選び、正確なタイミングでおこない、ユーザーに高品質なソフトウェアを提供しましょう。

当記事が、デプロイの理解と実践に役立つことを願っています。

皆さんの開発環境やプロジェクトに最適なデプロイ方法を見つけていただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました