【徹底解剖】ムームードメインの料金はいくら?|他社比較付きで解説

独自ドメイン

(最終更新月:2022年1月)

✔当記事はこんな方へ向けて書かれています

「ムームードメインの月額、初期、更新でかかる料金が知りたい!」

「結局、ムームードメインの料金って他と比べるとどのくらいなの?」

「料金はわかったけど、結局どこがオススメ?安ければ良いってことなのかな?」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • ムームードメインの料金ってどのくらい?わかりやすくまとめました!
  • 【主要4社比較】料金の比較一覧表を公開します
  • ドメインはサーバーとの組み合わせで選ぶのがオススメ!

【著者プロフィール】

profile_icon
【Python歴】11年 x 【Django歴】10年
HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

当ブログを通じて、Webアプリの書き方やアプリの公開方法までを解説しています。

☆日報アプリ「D-Repo」(デモ版)→こちら

※Djangoをベースに作成したアプリです。

☆便利ツールアプリ「Tool Station」→こちら

※Django REST frameworkとReactで作成しているアプリです。

ムームードメインの料金ってどのくらい?わかりやすくまとめました!

【結論】ドメインによって金額が異なります

取得時の費用が安い順に並べてみました。(※取得可能なドメインの一部のみ表示してます)

ドメイン名取得費用更新費用
.site534,378
.tokyo951,628
.shop2454,378
.top2203,278
.info3652,029
.com11,728
.net11,628
.jp9903,344
.co.jp4,3784,378
最終確認日:2022年8月29日

ただこれは他社と比較した時に高いのでしょうか?安いのでしょうか?

主要3社との比較を見ていきましょう!

他と比べてどうなの?主要3社との比較一覧表

お名前.com」「Xserverドメイン」「さくらのドメイン」と比較してみました!

ドメイン名いつ?ムームー
ドメイン
お名前
.com
Xserver
ドメイン
さくらの
ドメイン
.site取得
更新
53
4,378
1
4,378
99
4,268
/
.tokyo取得
更新
95
1,628
80
1,628
3,102
3,102
2,200
2,200
.com取得
更新
1
1,728
1
1,408
1
1,298
1,952
1,952
.net取得
更新
1
1,628
1
1,628
1
1,518
1,886
1,886
.jp取得
更新
990
3,344
330
3,124
350
3,102
3,982
3,982
.co.jp取得
更新
4,378
4,378
4,060
7,678
4,136
4,136
11,000
7,700
詳細詳細詳細詳細
最終確認日:2022年8月29日

ドメインにより金額も様々です。

ただし「安いのが一番!」とこの情報だけで選んでもいいのでしょうか?

おすすめの選び方を次章でご説明します

ドメインはサーバーとの組み合わせで選ぶのがオススメ!

i got it!

ドメインは単独で選ぶべきではなく、サーバーとの組み合わせで選ぶのがおすすめです。

「それじゃあ今までの料金についての記載はなんだったんだ!?」と思うかもしれませんが、全く役に立たないわけではありません。

順を追って説明します。

なぜ、サーバーと一緒に考えるべきなの?

「なぜ、サーバーと一緒に考えるべきか?」の理由としては、主に3つあります。

  1. ドメインはサーバーがないと結局使い道が無い
  2. ドメイン取得が無料のキャンペーンがある
  3. サーバーの特徴が異なる

ひとつずつ見ていきましょう。

理由①:ドメインはサーバーがないと使い道が無い

レンタルサーバーの金額も考慮して選ばなければいけません。

なぜならドメイン単独では、使い道がないからです。

ホームページの公開には、①IPアドレス②ドメインの両方が必要です。

IPアドレスと紐付いているレンタルサーバーと一緒に取得してこそ意味があります。

ドメイン料金単独ではなく、レンタルサーバーの料金も検討すべきです。

理由②:ドメイン取得が無料のキャンペーンがある

各ドメイン取得サイトでは、キャンペーンが実施されています。

そのキャンペーンとは、レンタルサーバーの同時登録により、ドメイン取得料が実質無料になるというものです。

つまり、レンタルサーバーさえ気に入ったものがあればドメインの料金は高いも安いも関係が無いということになります。

理由③:サーバーの特徴が異なる

ドメインはどのサービスから取得しても大きな違いはありませんが、サーバーにはそれぞれ特徴があります。

例えば以下のようなものが例としてあげられます。

  • 安いプランがあるのは「ロリポップ!」「さくらのレンタルサーバー」
  • スピードが早いと評判の「エックスサーバー」

キャンペーンの適用なども考えると、ドメインサービスを選べばレンタルサーバーも提携しているものを使うことになります。

どちらにせよ無料になるキャンペーンを使うのなら、レンタルサーバーの特徴が意向に合うもので選ぶのがおすすめです。

レンタルサーバーを比較してみよう!

お名前.com

【メリット】初期費用無料なので始めやすい

【デメリット】プランが1つしかなく、月額1,430円と他社と比べて少し高め

【備考】スペックは他社と大きく変わる点はありません

詳しくはこちら→お名前.com レンタルサーバー

エックスサーバー

【メリット】高速で高機能国内シェアNo.1なので、安心

【デメリット】①プランの最低額693円(キャンペーン中に限ります)、②プラン数が3つ

【備考】スペックから見て、693円が高いという意味ではありません

下記のロリポップ!と比較した際に高い、プラン数が少ないといった意味になります

サーバーのスペックとしては素晴らしいので、気になる方はこちら→エックスーバー

ムームードメイン

提携しているレンタルサーバーは「ロリポップ!レンタルサーバー」になります

【メリット】最安値:99円からなので始めやすい、プラン数も5つと多数あるので選びやすい

【デメリット】安いプランだと表示が遅くなってしまう(エックスサーバーと比べると少し遅くなってしまうようです)

【備考】僕自身は昔からロリポップ!を愛用していますが、実際に特段困ったことはありません

詳しく知りたい方はこちら→ロリポップ! ロリポップ!

さくらのドメイン

下記の理由によりここではオススメしていません

  1. キャンペーンをやっていない
  2. そもそも取得費が高い

とは言っても気になる方はこちらから詳細をどうぞ→さくらのレンタルサーバ

「そんなこと言っても簡単には決められないよ!」という方へ

もちろん、細かいところまで見ていけばまだまだ色々とあるはずですし、「全部見ないと気が済まない!」という方もいらっしゃることと思います。

ただし、僕自身も最低限の情報でなんとなくこれが良いかな、で「ムームードメインムームードメイン」を選びましたが、今となっては契約してから3年以上、特に不満もなく続けています

もし仮に、違うサーバーに変更したいというときも、移管という方法がありますので、ひとまずのところで選んでも大きく問題にはならないでしょう。

もちろんゆっくりと選びたい方は各社のホームページをじっくり見て選んでください。

ただしひとまずやってみなければわからないことも多いので、まずはスタートしてみることもおすすめです。

【結論】ドメインサイトは連携しているサーバーによって選ぼう

当記事でご紹介したドメインサービスは以下の4つです。

ドメイン名いつ?ムームー
ドメイン
お名前
.com
Xserver
ドメイン
さくらの
ドメイン
.site取得
更新
53
4,378
1
4,378
99
4,268
/
.tokyo取得
更新
95
1,628
80
1,628
3,102
3,102
2,200
2,200
.com取得
更新
1
1,728
1
1,408
1
1,298
1,952
1,952
.net取得
更新
1
1,628
1
1,628
1
1,518
1,886
1,886
.jp取得
更新
990
3,344
330
3,124
350
3,102
3,982
3,982
.co.jp取得
更新
4,378
4,378
4,060
7,678
4,136
4,136
11,000
7,700
詳細詳細詳細詳細
最終確認日:2022年8月29日

使いたいドメインの料金で選ぶこともできますが、おすすめは提携しているレンタルサーバーの特徴で選ぶこと。

おすすめの2社は以下のとおりです。

以上、長くなりましたがお悩みは少しでも解決できたでしょうか?

もし、当記事が少しでも参考になっていれば幸いです!

実際にムームードメインで独自ドメインを取得してみたいという方はこちらの記事をご覧ください。

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

タイトルとURLをコピーしました