JavaScriptをHTMLに埋め込む方法|実例付きで丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年12月)

✔以下のような方に向けて書かれています

「JavaScriptをHTMLにどう埋め込むのか不明」

「JavaScript HTML埋め込みの正しい方法を学びたい」

「JavaScript HTML埋め込みの具体的な例を見たい」

✔当記事で解説する内容

  • JavaScriptをHTMLに埋め込む基本的な手順
  • JavaScript HTML埋め込みのテクニックとその使用例
  • JavaScript HTML埋め込みの具体的なケーススタディ

当記事では、JavaScriptをHTMLに埋め込む基本的な方法から応用テクニックまで、具体的な例を交えながら分かりやすく解説します。

ぜひ最後までお読みいただくことで、JavaScript HTML埋め込みについての理解を深められるでしょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptとHTMLの基礎知識

JavaScriptとHTMLの基本的な知識を共有し、なぜ両者がウェブ開発において重要なのかを解説します。

  • JavaScriptの要約とその重要性
  • HTMLの基本とJavaScriptとの対話

JavaScriptの要約とその重要性

JavaScriptはブラウザで実行される唯一のプログラミング言語。

HTML/CSSと共にウェブページの構造、スタイル、挙動を制御します。

この言語の理解は、インタラクティブなウェブサイトを構築するために不可欠です。

HTMLの基本とJavaScriptとの対話

HTMLはウェブページの骨格を構成し、JavaScriptはそれに命を吹き込むのが役割です。

HTMLとJavaScriptがどのように対話し合うかを理解することで、より洗練されたウェブページを作成できます。

JavaScriptのHTMLへの埋め込み方法

JavaScriptをHTMLページに埋め込む具体的な方法と、それぞれのアプローチのメリット・デメリットを説明します。

  • JavaScriptの直接HTML記述の手法と注意点
  • 外部JavaScriptファイルのHTMLリンク方法

JavaScriptの直接HTML記述の手法と注意点

<script>
  // ここにJavaScriptコードを記述
</script>

この方法でJavaScriptをHTMLに直接記述するときは、ページ読み込みの遅延やコードの可読性に注意する必要があります。

外部JavaScriptファイルのHTMLリンク方法

<script src="path/to/your-script.js"></script>

外部ファイルとしてJavaScriptをリンクすることで、コードの再利用性を高め、メンテナンスが容易になります。

高速読み込みのためのAttributes

scriptタグには、ページの読み込みを最適化するための属性がいくつかあります。

これらの属性とその使用法について詳しく見ていきましょう。

  • 一般的なscriptタグの属性概観
  • 読み込みを促進するためのasyncとdefer属性紹介

一般的なscriptタグの属性概観

一般的にscriptタグは、JavaScriptをHTML文書に組み込む際に使用されるもの。

その動作を細かく制御するためは、属性を使いこなしましょう。

属性名説明
src外部スクリプトファイルのURLを指定します。<script src="script.js"></script>
typeスクリプトのMIMEタイプを指定します。
一般的には”text/javascript”が使用されます。
<script type="text/javascript"></script>
asyncスクリプトを非同期で読み込むことを指定します。
ページの残りの部分と並行してスクリプトが読み込まれます。
<script async src="script.js"></script>
deferスクリプトの実行をHTMLの解析が完了するまで遅延させることを指定。<script defer src="script.js"></script>
integrityスクリプトのSRI(Subresource Integrity)ハッシュを指定します。
これは、クロスオリジンスクリプトの完全性を検証するために使用されます。
<script src="script.js" integrity="sha384-OgVRvuATP6j5j4FJJL5a7YVH+GlpDh0YsD/+/JFB/T9jG8JcV8MOHph5fXq8y4lS"></script>
crossoriginスクリプトのリクエストにおいて、CORS(Cross-Origin Resource Sharing)ポリシーを指定します。<script src="script.js" crossorigin="anonymous"></script>
charsetスクリプトの文字エンコーディングを指定します。<script charset="UTF-8"></script>
languageスクリプトの言語を指定します。
しかし、この属性はもはや非推奨です。
<script language="JavaScript"></script>
nomoduleスクリプトが古いブラウザでのみ実行されることを指定します。
モジュールスクリプトをサポートしないブラウザ向けです。
<script nomodule src="fallback.js"></script>

これらの属性を適切に使うことで、ページのパフォーマンスを向上させることが可能です。

読み込みを促進するためのasyncとdefer属性紹介

asyncdefer属性は、外部スクリプトがHTMLの解析をブロックしないようにするために設計されています。

  • async属性: スクリプトが非同期に読み込まれることを指示
  • defer属性: HTMLの解析が完了してからスクリプトが実行されることを保証
<!-- 非同期でのスクリプト読み込み -->
<script async src="script.js"></script>

<!-- HTML解析後のスクリプト実行 -->
<script defer src="script.js"></script>

JavaScriptの実例

次のコードスニペットは、ボタンをクリックするとアラートを表示する簡単な例です。

<button id="myButton">Click me!</button>
<script>
  document.getElementById('myButton').addEventListener('click', function() {
    alert('Button was clicked!');
  });
</script>

このサンプルは、イベントリスナーを使用してユーザーのアクションに応答する典型的な方法を示しています。

まとめ

当記事では、JavaScriptをHTMLに埋め込む方法について学習してきました。

JavaScriptをHTMLに埋め込む基本的な方法から始めて、読み込みを最適化するための属性の使用に至るまで、ウェブ開発の基礎を確認。

これらの知識をもとに、よりインタラクティブでユーザーフレンドリーなウェブサイトを構築できます。

今回紹介した内容はJavaScriptの学習の入口に過ぎません。

実践を通じてスキルを磨き、さらに高度なトピックやフレームワークに挑戦することで、ウェブ開発のエキスパートへと成長していけるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました