JavaScriptのDateオブジェクトを学ぼう|実例付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年10月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「Javascript Dateって何ができるのだろうか?」

「Javascript Dateの書き方が知りたい」

「Javascript Dateの実例が見たい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • Javascript Dateの基本
  • Javascript Dateの書き方やその応用
  • Javascript Dateの実例

当記事では、Javascript Dateの基本的な機能から、高度なオプションまで、詳しく解説します。

最後までお読みいただければ、JavaScriptにおけるDateの有効な活用方法が身につきます

ぜひ、最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptとその日付処理

こちらでは、JavaScriptの基本的な説明と、日付処理の重要性についてお伝えします。

JavaScriptにおける日付処理の特徴と利点を理解することで、より効果的なコーディングが可能です。

  • JavaScript説明
  • 日付(Date)の重要性

JavaScript説明

JavaScriptは、ウェブブラウザ内で動作するスクリプト言語。

動的なウェブページの作成や、ユーザーとのインタラクションを実現するための主要な言語として利用されています。

またNode.jsなどの技術を利用することで、サーバーサイドのプログラミングにも使用されるようになりました。

日付(Date)の重要性

日付は、多くのアプリケーションで中心的な役割を果たします。

  • 情報のタイムスタンプ
  • イベントのスケジューリング
  • 期限の設定

とくに、Eコマースサイトや予約システム、カレンダーアプリなどでは、日付の正確な処理が求められます。

JavaScriptにおけるDateオブジェクトは、これらの要件を満たすための多くの機能を提供するものです。

Dateオブジェクトの基礎

こちらでは、JavaScriptのDateオブジェクトの基本的な概念とその使用方法について詳しく解説します。

日付と時間の取り扱いは、多くのアプリケーションで必須の機能です。

Dateオブジェクトを理解することで、さまざまな日付操作を効率的におこなえます。

  • ECMAScript元期とタイムスタンプ
  • Dateオブジェクトの生成方法
  • toStringメソッドとその返り値

ECMAScript元期とタイムスタンプ

JavaScriptのDateオブジェクトは、1970年1月1日 00:00:00 UTCを基準としたミリ秒単位のタイムスタンプで時間を管理します。

この基準点をECMAScript元期と呼びます。

const now = Date.now();
console.log(now);  // 現在のタイムスタンプを表示

Dateオブジェクトの生成方法

Dateオブジェクトを生成するには、いくつかの方法があります。

引数なしで生成すると現在の日時が取得され、特定の日時を指定した生成も可能。

例:

const currentDate = new Date();
console.log(currentDate);  // 現在の日時を表示

const specificDate = new Date('2022-01-01');
console.log(specificDate);  // 2022年1月1日の日時を表示

toStringメソッドとその返り値

DateオブジェクトのtoStringメソッドは、日付を人間が読める文字列形式で返します。

これは、デバッグや日付の表示に便利です。

const currentDate = new Date();
console.log(currentDate.toString());  // "Wed Jun 15 2022 12:00:00 GMT+0900 (Japan Standard Time)" のように表示

日時の取得と設定

こちらでは、Dateオブジェクトを使用して日時の取得や設定を行う方法について詳しく解説します。

日時の取得や設定は、イベントのスケジューリングや期限の確認など、多くの場面で必要とされる操作です。

  • 年月日や時刻の取得
  • 日時の設定と2桁の年の補完

年月日や時刻の取得

Dateオブジェクトを使用して、特定の日時の年、月、日、時、分、秒を取得する方法を見ていきましょう。

これは、特定の日時情報をユーザーに表示する際や、日時の計算を行う際に非常に役立ちます。

const date = new Date();
console.log(date.getFullYear());  // 2022 (例として)
console.log(date.getMonth());     // 0-11 (1月は0, 12月は11)
console.log(date.getDate());      // 1-31
console.log(date.getHours());     // 0-23
console.log(date.getMinutes());   // 0-59
console.log(date.getSeconds());   // 0-59

日時の設定と2桁の年の補完

Dateオブジェクトを使用して、特定の日時の年、月、日、時、分、秒を設定する方法です。

2桁の年を4桁に補完する方法も紹介します。

const date = new Date();
date.setFullYear(2023);
date.setMonth(5);      // 6月 (0基準)
date.setDate(15);
date.setHours(12);
date.setMinutes(30);
date.setSeconds(45);
console.log(date);     // "2023-06-15T03:30:45.000Z" のように表示

const shortYear = new Date('99-01-01');
console.log(shortYear.getFullYear());  // 1999

Dateオブジェクトの処理

こちらでは、Dateオブジェクトを使用して日時の変換や計算する方法について詳しく解説します。

日時の変換や計算は、タイムゾーンの変更や経過時間の計算など、多くの場面で必要とされる操作です。

  • 日時形式とタイムゾーンの変換
  • 経過時間の計算
  • 文字列と数値への変換

日時形式とタイムゾーンの変換

JavaScriptのDateオブジェクトは、さまざまな日時形式やタイムゾーンに対応しています。

このセクションでは、異なる日時形式への変換や、タイムゾーンを考慮した日時の取得方法を学びましょう。

const date = new Date();
console.log(date.toISOString());  // "2022-06-15T12:00:00.000Z" のように表示
console.log(date.toLocaleString('ja-JP', { timeZone: 'Asia/Tokyo' }));  // 日本のタイムゾーンとフォーマットで表示

経過時間の計算

以下は、2つの日時間の経過時間を計算・特定の日時からの経過時間を計算する方法です。

これは、期間の計算やカウントダウン機能の実装などに役立ちます。

const startDate = new Date('2022-01-01T00:00:00');
const endDate = new Date('2022-01-02T00:00:00');
const elapsedTime = endDate - startDate;
console.log(elapsedTime);  // 86400000 (ミリ秒単位での経過時間)

文字列と数値への変換

Dateオブジェクトを文字列や数値に変換する方法です。

これは、日時情報を他のデータと組み合わせて処理する際や、データベースに保存する際などに役立ちます。

const date = new Date();
const dateString = date.toString();
console.log(dateString);  // "Wed Jun 15 2022 12:00:00 GMT+0900 (Japan Standard Time)" のように表示

const dateNumber = date.valueOf();
console.log(dateNumber);  // タイムスタンプを数値として表示

コンストラクタとメソッド

こちらでは、JavaScriptのDateオブジェクトのコンストラクタと、そのメソッドについて詳しく解説します。

Dateオブジェクトのコンストラクタやメソッドを理解することで、より高度な日時処理をおこなえるでしょう。

  • JavaScript Dateオブジェクトのコンストラクタ
  • 静的メソッドの解説
  • インスタンスメソッドとその利用

JavaScript Dateオブジェクトのコンストラクタ

Dateオブジェクトのコンストラクタは、新しいDateインスタンスを生成する際に使用されます。

異なる引数を渡すことで、さまざまな日時情報を持ったDateオブジェクトを作成可能。

const date1 = new Date();  // 現在の日時
const date2 = new Date('2022-06-15T12:00:00');  // 特定の日時
const date3 = new Date(2022, 5, 15);  // 年、月、日を指定
console.log(date1, date2, date3);

静的メソッドの解説

Dateオブジェクトには、インスタンスを生成せずに使用できる静的メソッドがあります。

これらのメソッドは、一般的な日時関連の操作に役立つはず。

const timestamp = Date.now();  // 現在のタイムスタンプを取得
const dateFromTimestamp = Date.parse('2022-06-15T12:00:00');  // 文字列からタイムスタンプを取得
console.log(timestamp, dateFromTimestamp);

インスタンスメソッドとその利用

Dateオブジェクトのインスタンスには、さまざまなメソッドがあります。

これらのメソッドを使用して、日時の取得、設定、変換などの操作してください。

const date = new Date();
console.log(date.getDay());  // 曜日を取得 (0: 日曜, 1: 月曜, ...)
console.log(date.toUTCString());  // UTC形式の文字列に変換

実践編: JavaScript Dateオブジェクトの使い方

こちらでは、実際のアプリケーションでのDateオブジェクトの使用例を紹介します。

これにより、日常の開発作業でのDateオブジェクトの活用方法を具体的に理解できるでしょう。

例えば、ユーザーからの入力を受け取り、その日付が未来の日付かどうかを判定するシンプルな機能を考えます。

function isFutureDate(inputDate) {
    const currentDate = new Date();
    const userDate = new Date(inputDate);
    return userDate > currentDate;
}
console.log(isFutureDate('2023-06-15'));  // true (2022年6月15日現在の場合)

まとめ

当記事では、JavaScriptのDateオブジェクトについて学習してきました。

Dateオブジェクトは、日常の開発作業で頻繁に遭遇する日付関連のタスクを効率的に処理できます。

理論的な知識だけでなく、実際にコードを書いて試すことで、より深く理解を深められるでしょう。

例えば、カレンダーアプリの基本的な部分を作成する、特定の日付までのカウントダウンタイマーを作るなど、小さなプロジェクトを自分で考えて実装してみてください。

タイトルとURLをコピーしました