JavaScriptにおける「#」記号の使い方|「$」との違い

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年11月)

✔以下のような方に向けた記事です

「JavaScriptの “#” 操作子の役割を理解したい」

「JavaScriptの “#” 操作子の使用方法を学びたい」

「JavaScriptの “#” 操作子を使った具体例を探している」

✔当記事を通じて得られる知識

  • JavaScriptの “#” 操作子の概念
  • “#” 操作子の書き方と活用法
  • “#” 操作子を使用したコーディングの例

当記事では、JavaScriptの “#” 操作子の基本的な概念から応用的な使い方まで、具体的なコードの例を交えて解説します。

格納された情報を効率よく引き出すためのコーディングの知識を深めるため、ぜひ記事を最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptの概要

こちらでは、JavaScriptの基本情報についてお伝えします。

JavaScriptを理解することで、ウェブ開発における動的な部分の制御ができるようになります。

  • JavaScriptの読み方
  • JavaScriptの基本的な特徴と役割

JavaScriptの読み方

JavaScriptは、”ジャバスクリプト”と読みます。

JavaScriptは、ウェブブラウザで動作するプログラミング言語として非常に人気です。

JavaScriptの基本的な特徴と役割

JavaScriptは、ウェブページに動的な動作を追加するための言語です。

例えば、ボタンのクリックでコンテンツが変わるなどのインタラクティブな動きを実装する際に使用されます。

「#」シンボルとは?

JavaScriptの「#」シンボルは、通常、プライベートクラスフィールドまたはメソッドを定義する際に使用されます。

プライベートフィールドやメソッドは、クラスの外部からはアクセスできないように制限されたクラスメンバーです。

例えば、以下のように使用されます。

class MyClass {
    #privateField;

    constructor(value) {
        this.#privateField = value;
    }

    #privateMethod() {
        // プライベートメソッドの内容
    }

    publicMethod() {
        return this.#privateMethod();
    }
}

この例では、#privateField#privateMethod はクラスの外部から直接アクセスできないプライベートメンバーです。

これらはクラスの内部からのみ使用でき、例えば publicMethod から #privateMethod を呼び出せますが、クラスのインスタンスから直接これらを呼び出せません。

JavaScriptでの「#」の使い方と意味

このセクションでは、それらの使い方と意味を見ていきましょう。

「#」はJavaScriptでの特定の文脈で使われることがあります。

  • プライベートフィールドの表記として利用
  • URLのハッシュとして利用

プライベートフィールドの表記として利用

JavaScriptのクラス内でプライベートフィールドを定義する際に「#」シンボルを利用

例えば、#namenameというプライベートフィールドを意味します。

URLのハッシュとして利用

URLの末尾に「#」を含む部分は、ハッシュと呼ばれます。

これはページ内の特定の位置やセクションにリンクするために使用されることが多いです。

JavaScriptの「#」と他の記号($)の違い

JavaScriptにおける「#」と「$」の記号は、異なる目的と使用法を持っています。

  • 「#」シンボル
  • 「$」シンボル
  • 「#」「$」の違い

「#」シンボル

「#」シンボルは、主にプライベートクラスフィールドやメソッドの定義に使用されます。

クラスの外部からアクセスできないメンバーを作成可能です。

例はこちらのとおり。

  class Example {
      #privateField;

      constructor() {
          this.#privateField = 'private';
      }

      #privateMethod() {
          // プライベートメソッドの処理
      }
  }

「$」シンボル

「$」シンボルはJavaScriptの言語機能として特別な意味を持つわけではありません。

多くのJavaScriptライブラリやフレームワーク(特にjQuery)で特別な変数や関数を示すために使用されます。

また、開発者はこの記号を変数名や関数名で任意に使用することもあります。

  // jQueryでよく見られる例
  $(document).ready(function() {
      // DOMが準備完了したときの処理
  });

  // 一般的な変数名としての使用
  let $myVariable = 'value';

一般的な変数や関数と同様、定義されたスコープ内でのみアクセス可能です。

「#」「$」の違い

「#」はプライベートクラスメンバーの定義に特化していて、クラスの外部からはアクセス不可能です。

「$」には特別な機能はなく、通常の変数名やライブラリの特定の機能(例えばjQuery)に使用されることが多いです。

実際のJavaScriptコード例:「#」の使い方

「#」シンボルの具体的な使い方を知ることで、正しくコードを書くための参考になります。

  • プライベートフィールドの例
  • URLのハッシュの例

プライベートフィールドの例

class Person {
  #name;

  constructor(name) {
    this.#name = name;
  }

  getName() {
    return this.#name;
  }
}

この例では、#nameというプライベートフィールドを持つPersonクラスを定義しています。

URLのハッシュの例

ウェブページにおいて、特定のセクションへのリンクを作成する際には、以下のようにハッシュを使用します。

<a href="#section1">セクション1へ</a>
...
<div id="section1">ここがセクション1です。</div>

この例では、リンクをクリックするとsection1というIDを持つ要素の位置までスクロールします。

まとめ

当記事では、JavaScriptと「#」シンボルの基本的な使い方と意味について学習してきました。

これを基に、さらに深くJavaScriptの世界を探求してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました