【簡単】ゲートウェイの役割とは?ビジネスにおける重要性とその活用方法

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年3月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「ゲートウェイって何だろうか?」

「ゲートウェイについて知りたい」

「ゲートウェイの設定ってどうやるの?」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • ゲートウェイとは?
  • ゲートウェイの役割
  • ゲートウェイの設定方法

当記事では、ゲートウェイについてはもちろん、初心者にもわかりやすくゲートウェイの役割やその設定についても詳しく解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

ゲートウェイの基礎知識

ゲートウェイの基礎知識について解説していきます。

ゲートウェイを理解することでネットワークの構成や通信の仕組みがわかるようになり、セキュリティ対策やトラブルシューティングに役立てられるからです。

  • ゲートウェイとルーターの違いとは?
  • ゲートウェイとは?

ゲートウェイとルーターの違いとは?

ゲートウェイとルーターと似たような機能を持っているが、異なる役割を担っています。

違いは以下のとおり。

  • ゲートウェイ:異なるネットワーク間を接続するための装置で、インターネット(WAN)とプライベートネットワーク(LAN)を接続
  • ルーター:同じネットワーク内の異なるセグメントを接続する装置

例えば企業内のネットワークに複数の部署がある場合、ルーターを使用してそれらの部署を繋げられます。

一方ゲートウェイは、企業内のネットワークとインターネットを接続するのです。

ゲートウェイとルーターは、ネットワークを接続するための重要な装置ですが、役割が異なるため、適切に使用する必要があるといえます。

ゲートウェイとは?

ゲートウェイについて、詳しく見ていきます。

異なるネットワークをつなぐゲートウェイの役割は、異なるプロトコルやアーキテクチャで構成されたネットワーク間の通信を可能にすること。

異なるネットワークとして、インターネット(WAN)とイーサネット(LAN)などが例として挙げられます、

企業内のネットワークとインターネットを接続する場合、ゲートウェイはファイアウォールやルーターとしても機能でき、セキュリティを確保しながら通信を可能にします。

異なるネットワーク間の通信を可能にするゲートウェイは、企業や個人のネットワークにおいて、セキュリティを確保しながらインターネット通信を行うために欠かせない存在であるといえるでしょう。

ゲートウェイの担う役割3選

ゲートウェイの担う役割3選について解説していきます。

その役割を理解することで、ネットワークの安全性や効率性を向上させるための具体的な手段を知ることができるからです。

  • ゲートウェイはネットワーク間の通信で重要な役割がある
  • ゲートウェイはセキュリティ上の重要性がある
  • ゲートウェイはネットワークのトラフィック制御にも役立つ

ゲートウェイはネットワーク間の通信で重要な役割がある

異なるネットワーク間におけるゲートウェイの役割は、その通信の中継役です。

ゲートウェイは、以下のような機能を持ち合わせています。

  • パケットの変換
  • ルーティング
  • ファイアウォール

異なるプロトコルを使用するネットワーク間の通信を可能にするために、ゲートウェイ特有の機能が存在するのです。

ゲートウェイはセキュリティ上の重要性がある

ゲートウェイが果たすセキュリティ上の役割は、主に以下のようなものがあります。

  • ファイアウォール
  • VPNゲートウェイ
  • プロキシサーバー
  • IDS/IPS

ゲートウェイは異なるネットワークの境界線に位置しているので、さまざまな危険にさらされているデバイスでもあるのです。

ゲートウェイに脆弱性が見つかれば、その通信は不正に利用されてしまう可能性があるでしょう。

脆弱性とは、攻撃者によって悪用される可能性がある弱点のことです。

ゲートウェイはネットワークのトラフィック制御にも役立つ

ゲートウェイは、ネットワーク制御における役割も担っています。

ゲートウェイを通過するデータに対して、一定の処理をおこなっているのです。

例えば、以下のようなことがゲートウェイにより達成できます。

  • ネットワークの混雑を防ぐ
  • 通信速度を向上させる

ゲートウェイが制御するルーターやスイッチなどのネットワーク機器を通過するする際に、さまざまな制御をかけられるのです。

ゲートウェイに接続するメリット

ゲートウェイに接続するメリットについて解説していきます。

ネットワークの構成やセキュリティに詳しくない方でも、理解しておくべき内容です。

  • ゲートウェイを有線で接続するメリット
  • ゲートウェイを無線で接続するメリット
  • ゲートウェイとルーターを連携するメリット

ゲートウェイを有線で接続するメリット

ゲートウェイを有線で接続するメリットは、以下のとおり。

  • 無線接続よりも信頼性が高い
  • 速度が速い
  • セキュリティ性が高い
  • 安定している

イーサネットケーブルでつなぎ合わせるので、信号の干渉や障害が少ないのです。

ただしイーサネットケーブルには、長さに制限がありますので、距離に応じた適切な長さのケーブルを使用する必要があります。

ゲートウェイを無線で接続するメリット

ゲートウェイを無線で接続することによるメリットはこちら。

  • 設置場所の自由度が高い
  • ケーブルを引く手間がいらない
  • 配線トラブルが起こらない
  • モバイルやタブレットなどのモバイルデバイスでも接続できる
  • ゲストも自由にアクセスできる

無線接続では、配線がいらないので、その設置場所が問われません

例えば家庭内のリビングルームやベッドルームなど、配線が困難な場所でも無線接続を利用することで、スムーズなインターネット接続が可能になるのです。

ゲートウェイとルーターを連携するメリット

ゲートウェイとルーターを連携させることで、以下のようなメリットがあります。

  • セキュリティの向上:外部からの攻撃に強くなる
  • ネットワークの管理がしやすい:ネットワーク上のトラフィックを監視しやすくなる
  • VPNが利用できる:外部からのVPN接続を許可できるようになる
  • インターネットの共有:複数のデバイスで同ネットワークを共有できる

同じネットワーク内での通信を担当するルーターと外部ネットワークと通信できるゲートウェイつなげることで、さまざまなメリットがもたらされるのです。

例を挙げると、企業内の複数のネットワークでルーターとゲートウェイを連携させれば、セキュリティを確保しながら、複数のネットワークをまたげるようになります。

ゲートウェイとルーターを連携させことで、セキュリティの向上やネットワークの拡張性の向上など、たくさんのメリットが出てくるのです。

ゲートウェイの全10種類

ゲートウェイの全10種類について解説していきます。

ゲートウェイの種類に詳しくなることで、自分の環境に最適なゲートウェイを選べるようになります。

  • インターネットゲートウェイ
  • メールゲートウェイ
  • ファイアウォールゲートウェイ
  • VPNゲートウェイ
  • VoIPゲートウェイ
  • プロトコル変換ゲートウェイ
  • ロードバランサゲートウェイ
  • キャッシュゲートウェイ
  • メディアゲートウェイ
  • IoTゲートウェイ

インターネットゲートウェイ

インターネットゲートウェイとは、企業や組織がインターネットに接続するためのネットワーク機器やサービスのこと。

企業内のネットワークからインターネットへ接続するために以下のような機能を提供しています。

  • ルーター:ルーターゲートウェイ
  • ファイアウォール
  • プロキシサーバー:プロキシゲートウェイ
  • DNSサーバー

企業内のネットワークで、セキュリティを確保する役割を担っています。

メールゲートウェイ

メールゲートウェイとは、企業内外のメールの送受信を管理するシステムのこと。

メールゲートウェイを導入することで、以下が可能になります。

  • ウイルスやスパムメールのフィルタリング
  • 情報漏洩の防止
  • メールの送受信を一元管理

例えば社外へ機密情報の送信を防止するために、メールゲートウェイで送信制限を設定できます。

メールゲートウェイを活用することで、LAN内のメール送受信をコントロールできるようになるのです。

ファイアウォールゲートウェイ

ファイアウォールゲートウェイは、ネットワーク内外の通信を監視して、不正なアクセスからネットワークを守る役割を担っています。

ファイアウォールゲートウェイには、以下のような型があり、それぞれの適用範囲があるのです。

  • パケットフィルタリング型
  • アプリケーションゲートウェイ型
  • プロキシサーバ型

ファイアウォールゲートウェイを導入することで、外部からの攻撃やウイルス感染、不正なアクセスなどを防げるのです。

VPNゲートウェイ

VPNゲートウェイとは、企業内のネットワークと外部のネットワークを安全に接続するための技術です。

VPNゲートウェイは、インターネット上で暗号化されたトンネルを作る機能を持ちます。

仕組みとしては以下のとおり。

  • VPNクライアントからの接続要求を受け取る
  • 暗号化されたトンネルを作成する

暗号化・認証・アクセス制御・トラフィックルーティングなどの機能を提供します。

VPNゲートウェイを導入することで、安全なネットワーク環境を構築し、情報漏洩や不正アクセスなどのリスクを低減することができるのです。

VoIPゲートウェイ

VoIPゲートウェイとは、IPネットワークと公衆交換電話網を接続するための装置のことです。

主に企業や家庭の中で、IP電話を公衆交換電話網に接続できます。

具体的なメリットとしては以下の2つ。

  • コスト削減(通信費用など)
  • 機能拡張(IP電話以外にも、ファックスやモデムと接続できる)

VoIPゲートウェイは、コスト削減や機能拡張に優れた装置であり、ますます普及が進むことが期待されます。

プロトコル変換ゲートウェイ

プロトコル変換ゲートウェイは、異なるプロトコルを使用する機器同士を接続するためのゲートウェイです。

プロトコル変換機能により、異なるプロトコルを相互変換しています。

例えば、TCP/IPプロトコルを使用する機器と、CANプロトコルを使用する機器を接続する場合など使えます。

通信速度や通信方式も変換できるので、柔軟に機器同士を接続できるのです。

プロトコル変換ゲートウェイは、。異なるプロトコルを使用する機器同士を接続し、システムの相互運用性を高めることができます。

ロードバランサゲートウェイ

ロードバランサゲートウェイは、Webサイトやアプリケーションにおいて、高速で安定したサービスを提供できるもの。

その理由は以下のような機能が備わっているからです。

  • Webサーバーへの負荷分散をおこなう
  • セキュリティ機能:保護・SSL通信
  • 障害時の自動切換え機能

大規模なWebサイトやアプリケーションで使用され、複数のWebサーバーに負荷を分散し、高速かつ安定したサービスを提供できます。

キャッシュゲートウェイ

キャッシュゲートウェイは、Webサイトの高速化を実現するためのゲートウェイ。

その仕組みは、Webサイトのコンテンツをキャッシュし、ユーザーが同じコンテンツを再度要求した場合に、キャッシュからコンテンツを提供することです。

キャッシュゲートウェイの主なメリットは、Webサイトの読み込み速度を高速化することにあります。

Webサイトの読み込み速度を早くすることで、ユーザーの離脱を最小限に抑えられるのです。

メディアゲートウェイ

メディアゲートウェイとは、異なる通信プロトコルを使用するネットワーク間で、音声や映像などのマルチメディアデータを相互に変換するための装置やソフトウェアのこと。

IP電話システムと公衆交換電話網(PSTN)の間で通話をおこなう場合を例に挙げると、IP電話システムからの音声データをPSTNが理解できるアナログ信号に変換する機能があるのです。

メディアゲートウェイを活用し、異なるコーデックを使用するシステム間で音声や映像を変換することもできる特徴もあります。

IoTゲートウェイ

IoTゲートウェイは、IoTデバイスとクラウドサービスを接続するための重要な役割を果たすゲートウェイです。

IoTデバイスから収集されたデータをクラウドサービスに送信することで、データの分析や可視化が可能になります。

IoTゲートウェイは、デバイスからのデータを事前に処理することができるため、クラウドサービスに送信する前にデータの圧縮や暗号化を行うことができます。

以下のような種類があります。

  • エッジゲートウェイ:IoTデバイスとクラウドサービスの間に位置し、デバイスからのデータを処理する
  • モバイルゲートウェイ:移動中のデバイスとクラウドサービスを接続する

IoTの普及に伴い、IoTゲートウェイの需要も増加しています。

IoTゲートウェイを導入することで、IoTシステムの構築や運用がスムーズになり、ビジネスの効率化につながると言えるでしょう。

OS別のゲートウェイの設定方法

OS別のゲートウェイの設定方法について解説していきます。

各OSで設定方法が異なるのです。

  • Windowsでゲートウェイを設定する
  • Macでゲートウェイを設定する
  • Linuxでゲートウェイを設定する

Windowsでゲートウェイを設定する

Windowsでゲートウェイを設定する方法は以下のとおり。

  • コントロールパネルを開く
  • ネットワークとインターネット> ネットワークと共有センター > アダプターの設定の変更
  • 使用するネットワーク接続を右クリック > プロパティを選択
  • インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選択 > プロパティ
  • 手動でIPアドレスを設定し、デフォルトゲートウェイを入力

Windowsでゲートウェイを設定する方法は、簡単で直感的な手順に従うだけで実現できます。

Macでゲートウェイを設定する

Macでのデフォルトゲートウェイ設定は、システム環境設定から簡単におこなえます。

  • システム環境設定を開く
  • ネットワークを選択
  • 使用するネットワーク >「詳細」をクリック
  • IPv4タブを選択し、手動でIPアドレスを設定

ここで、ゲートウェイのアドレスを入力し、設定が可能です。

Linuxでゲートウェイを設定する

Linuxでは、ネットワーク設定をおこなうためにコマンドラインツール・GUIツールのどちらでも設定が可能です。

ゲートウェイのIPアドレスが「192.168.0.1」である場合、以下のコマンドを端末に入力することで設定が完了します。

sudo route add default gw 192.168.0.1

GUIツールで「NetworkManager」を使用する場合は、以下の手順で設定できます。

  • 「Settings」>「Network」
  • 「Wired」または「Wireless」を選択し、「IPv4」タブを開く
  • 「Gateway」にゲートウェイのIPアドレスを入力し、「Apply」をクリック

Linuxにおけるゲートウェイおn設定は、コマンドラインツールやGUIツールを使用することで簡単におこなえます。

まとめ:ゲートウェイの役割は異なるネットワーク間をつなぐこと

当記事の内容をまとめます。

  • ゲートウェイにより、異なるプロトコルを使用するネットワークが通信できる
  • ゲートウェイは、ファイアウォールなどのセキュリティ機能ももつ
  • ゲートウェイにはさまざまな種類がある

ゲートウェイを理解すれば、インターネット接続を安全におこなえるようになります。

ぜひいろいろと試してみて、ゲートウェイについて理解を深めましょう。

タイトルとURLをコピーしました