【Jira】Confluenceとは?その活用法を丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年9月)

✔当記事は以下のような疑問をお持ちの方々に向けて作成されています

「Jira Confluenceの利用方法がイマイチわからない」

「効率的なJira Confluenceのシステム運用を知りたい」

「Jira Confluenceでのプロジェクト管理の実例を知りたい」

✔当記事でお伝えする内容は以下の通りです

  • Jira Confluenceの基本的な運用法
  • Jira Confluenceのシステム管理方針とその応用
  • Jira Confluenceによるプロジェクト管理の具体例

当記事では、Jira Confluenceの基本操作から、高度なシステム管理方法まで、具体的な事例を交えて詳しく解説しています。

ぜひ最後までお読みいただき、充実したJira Confluence活用法を身につけましょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Jiraを理解する

こちらでは、Jiraについてお伝えしていきます。

  • Jiraとは?
  • Confluenceとは?

Jiraとは?

Jiraは、プロジェクト管理と課題追跡のためのソフトウェアです。

開発チームやマーケティングチームなど、さまざまな部門で使用されています。

Jiraの特性には、カスタマイズ可能なワークフロー、リアルタイムのコラボレーション、多岐にわたるレポート機能などがあります。

例えば、開発チームはJiraを使用して、バグ追跡や新機能の開発プロセスを管理が可能です。

Confluenceの探索

こちらでは、Confluenceについてお伝えしていきます。

  • Confluence: 組織単位での情報共有ツールとしての優位性
  • Confluenceの導入事例紹介

Confluence: 組織単位での情報共有ツールとしての優位性

Confluenceは、組織内での情報共有とドキュメント管理に特化したツールです。

その優位性として、以下のようなものが挙げられます。

  • リアルタイムでの共同編集
  • テンプレートの使用
  • 組織全体での検索機能

例として、企業のポリシーや手順書をConfluence上で一元管理し、必要な部門や個人と簡単に共有できます。

Confluenceの導入事例紹介

Confluenceの導入は、多岐にわたる業界で成功を収めています。

例を挙げると以下のとおり。

  • 製造業:製品の仕様書の管理
  • 教育機関:教材の共有
  • 医療機関:患者情報の管理

これらの事例から、Confluenceがどのように組織のニーズに応えるかを理解できます。

Jiraを用いたプロジェクト管理

こちらでは、Jiraを用いたプロジェクト管理についてお伝えしていきます。

  • Jiraを中心に据えたタスク管理のベストプラクティス
  • プロジェクト進行における実践的なJira活用例

Jiraを中心に据えたタスク管理のベストプラクティス

Jiraを用いたタスク管理のベストプラクティスには、以下のようなものがあります。

  • 明確な課題定義
  • 適切な優先順位付け
  • 進捗の可視化

ScrumやKanbanのようなアジャイルメソッドをJiraで実装することで、プロジェクトの進捗をリアルタイムで把握し、効率的に管理できます。

プロジェクト進行における実践的なJira活用例

Jiraの活用は、プロジェクトの規模や業界に応じて異なります。

例えば、ソフトウェア開発プロジェクトでは、バージョン管理と連携してリリース計画を立てたり、カスタマーサポートと連携して顧客からのフィードバックを直接取り込んだりが可能。

これらの活用例から、Jiraがいかに多岐にわたるプロジェクトで役立つかを理解できます。

Confluence を活用したドキュメント管理

こちらでは、Confluenceを活用したドキュメント管理についてお伝えしていきます。

  • Confluenceによる文書作成・保管の基本的手法
  • ドキュメント作成におけるConfluenceの適用事例

Confluenceによる文書作成・保管の基本的手法

Confluenceでは、文書の作成から保管までを一元管理できます

新しいページを作成するには、画面右上の「Create」ボタンをクリックし、テンプレートを選択するだけ。

また文書の保管には、ページの階層構造を活用して整理することが一般的です。

具体的なコマンドは不要で、ドラッグアンドドロップの操作でページを整理できます。

ドキュメント作成におけるConfluenceの適用事例

Confluenceは、プロジェクト計画書やマニュアルなど、さまざまなドキュメントの作成に適用されています。

例えば会議の議事録を作成する場合、専用のテンプレートを使用して「Create」ボタンから簡単に開始できます。

またコードブロックの挿入なども可能で、エンジニアが技術文書を作成する際にも役立ちます

具体的には、</>ボタンをクリックしてコード言語を選ぶだけで、コードのシンタックスハイライトが可能です。

JiraとConfluenceの効率的な連携方法

こちらでは、JiraとConfluenceの連携についてお伝えしていきます。

  • JiraとConfluenceを連携させたときのメリット
  • Confluence上でのJira課題表示
  • ConfluenceにJiraレポート・グラフを表示する方法
  • ConfluenceからJira課題の作成方法
  • JiraのエピックとConfluence資料のリンク方法

JiraとConfluenceを連携させたときのメリット

JiraとConfluenceの連携は、プロジェクト管理とドキュメント共有を一元化する大きなメリットがあります。

例えば、プロジェクトの進捗をJiraで管理しながら、関連するドキュメントをConfluenceで整理するなど。

この連携により、情報の断片化を防ぎ、チームの効率を向上させることが可能です。

Confluence上でのJira課題表示

Confluence上でJira課題を表示することは、プロジェクトの透明性を高める助けとなります。

具体的には、Confluenceページ内で「/jira」コマンドを入力し、表示したいJira課題を選ぶだけです。

関連する課題の状態や担当者などを、ドキュメントと一緒に確認できます。

ConfluenceにJiraレポート・グラフを表示する方法

プロジェクトの進捗を視覚的に把握するため、ConfluenceにJiraのレポートやグラフを表示できます。

具体的には、Confluenceのページエディタで「Jira Chart」マクロを選び、必要な情報を入力するだけです。

バーンダウンチャートやガントチャートなどを簡単に挿入できます。

ConfluenceからJira課題の作成方法

Confluenceから直接Jira課題を作成する機能は、議論からアクションへのスムーズな移行を支援します。

会議の議事録ページから新しい課題を作成する場合、テキストを選択して右クリックし、「Create Jira Issue」を選びましょう。

議論から即座に課題へと移行することができ、効率を向上させます。

JiraのエピックとConfluence資料のリンク方法

JiraのエピックとConfluenceの資料をリンクすることで、プロジェクトの全体像を一覧できます。

具体的には、Jiraのエピック内で「Link to Confluence Page」オプションを選び、リンクしたいページを指定するだけです。

エピックに関連する設計文書や計画書などを一元管理し、プロジェクトのコンテキストを強化できます。

JiraとConfluence活用の助けとなる情報源

こちらでは、JiraとConfluenceの活用を支援する情報源についてお伝えしていきます。

  • 詳細な質問・問い合わせについての情報
  • Confluenceの基本的なページ作成方法
  • Confluenceテンプレートの活用方法

詳細な質問・問い合わせについての情報

JiraとConfluenceの使用中に疑問や問題が発生した場合、公式サポートやコミュニティフォーラムが役立ちます。

例えば、特定の機能の使い方がわからない場合、Atlassianの公式サポートページでキーワード検索できます。

また、コミュニティフォーラムでは、他のユーザーからの助言や解決策を得ることが可能です。

Confluenceの基本的なページ作成方法

Confluenceでページを作成する方法は直感的で簡単です。

新しいページを作成するには、「Create」ボタンをクリックし、テンプレートを選ぶか、空白ページから始めます。

ページエディタでは、WYSIWYGエディタを使用してテキスト、画像、マクロなどを追加できます。

チェックリストを挿入するには、「/task list」コマンドを使用します。

Confluenceテンプレートの活用方法

Confluenceのテンプレートは、一般的なドキュメントタイプの作成を迅速化します。

なぜなら目的に則したテンプレートは、必要なセクションがすでに配置されており、内容を埋めるだけで、完成とできるからです。

テンプレートを使用するには、「Create」ボタンをクリックし、利用したいテンプレートを選びます。

カスタムテンプレートの作成も可能で、組織の特定のニーズに合わせて調整可能です。

まとめ

当記事では、JiraとConfluenceの活用についてお伝えしてきました。

  • JiraとConfluenceの活用は、プロジェクト管理と情報共有の効率化に不可欠
  • これらのツールは、チームのコラボレーションを強化し、プロジェクトの進捗を可視化

例えば、リモートワークが一般化する中で、これらのツールはチーム間のコミュニケーションの障壁を取り除く役割を果たしています。

JiraとConfluenceは初学者でも容易に学ぶことができます。

多くのリソースとコミュニティがサポートしており、学び始める障壁は低いです。

例えば、Atlassianの公式ウェブサイトには、チュートリアルやビデオガイドが豊富に用意されています。

これらのリソースを活用することで、初学者でもこれらのツールを効果的に使用するスキルを磨くことができます。

タイトルとURLをコピーしました