JavaScriptで文字列を切り出す方法|基礎から実例まで徹底解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年11月)

✔以下のような疑問を抱く方々のために作成されました

「JavaScriptで文字列を切り出す方法とは?」

「JavaScriptにおける文字列切り出しのコーディング方法は?」

「JavaScriptを用いた文字列切り出しの具体的な例が見てみたい」

✔当記事を通して皆様にお伝えしたい内容

  • JavaScriptによる文字列切り出しの基本原則
  • JavaScriptでの文字列切り出し方法とその活用例
  • JavaScriptを用いた文字列切り出しの実例

当記事では、JavaScriptでの文字列切り出しの基本概念から、さまざまなテクニックを用いた方法まで、実例を通して詳細に説明しています。

ぜひ最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptで文字列を分割

こちらでは、JavaScriptで文字列を分割する基本的な方法と、それぞれの方法がどのようなケースで適用されるかを解説します。

これにより、最適な方法を選択して効率的にコーディングできるようになるでしょう。

  • 「substring」を使った簡易的な文字列分割
  • 「substr」で分割する時の効果
  • 「slice」による文字列分割の活用法

「substring」を使った簡易的な文字列分割

substringメソッドは、文字列から特定の部分を切り出すために使用されるもの

string.substring(start, end)

ここで、startは切り出しの開始位置を、endは終了位置を指定します。

例えば、以下のコードは文字列から2番目から4番目までの文字を切り出すコードです。

let str = "JavaScript";
let result = str.substring(1, 4);
console.log(result); // "ava"

「substr」で分割する時の効果

「substr」メソッドは、指定した開始位置から指定した長さの文字列を切り出します。

基本的な構文は以下のとおり。

string.substr(start, length)

ここで、startは切り出しの開始位置を、lengthは切り出す文字数を指定します。

以下のコードは、文字列から2番目から3文字を切り出スコードです。

let str = "JavaScript";
let result = str.substr(1, 3);
console.log(result); // "ava"

「slice」による文字列分割の活用法

「slice」メソッドは、substringメソッドと似ていますが、負のインデックスをサポートする点で異なります。

文字列の末尾からの位置を指定して部分文字列を取得可能です。

基本的な構文はこちら。

string.slice(start, end)

ここで、startは切り出しの開始位置、endは終了位置を指定します。

以下のコードは、文字列から2番目から4番目までの文字を切り出す例と、文字列の末尾から3文字を切り出す例です。

let str = "JavaScript";
let result1 = str.slice(1, 4);
console.log(result1); // "ava"

let result2 = str.slice(-3);
console.log(result2); // "ipt"

実践!constを使う上での基本的な知識

こちらでは、JavaScriptのconstキーワードを中心に、変数の宣言と初期化に関する基本的な知識を深めます。

constは、再代入が不可能な変数を宣言するためのキーワードです。

  • constの基本的使用法
  • constのブロックスコープ理解
  • constでの定数初期化の重要性
  • オブジェクトと配列におけるconstの動き

constの基本的使用法

constを使用して変数を宣言すると、その変数は再代入が不可能です。

これは、特定の値が変更されることなく保持されることを保証するために役立ちます。

const PI = 3.14159;
PI = 3.14; // エラー: "Assignment to constant variable."

constのブロックスコープ理解

constで宣言された変数はブロックスコープを持ちます。

変数が宣言されたブロック内でのみアクセス可能であることを意味します。

if (true) {
  const message = "Hello, World!";
  console.log(message); // "Hello, World!"
}
console.log(message); // エラー: message is not defined

constでの定数初期化の重要性

constで宣言された変数は、宣言時に初期化する必要があります。

後から値を代入することはできません。

const MY_VARIABLE; // エラー: Missing initializer in const declaration

オブジェクトと配列におけるconstの動き

const宣言されたオブジェクトや配列は、その構造自体は変更可能です。

しかし、再代入は不可能です。

const obj = { name: "John" };
obj.name = "Doe"; // これはOK
obj = { name: "Jane" }; // エラー: "Assignment to constant variable."

constは再代入を防ぐための強力なツールですが、オブジェクトや配列の内容変更は可能です。

JavaScriptの変数:var, let, const の比較

こちらでは、JavaScriptの3つの主要な変数宣言キーワード、varlet、およびconstの違いと使用ケースについて詳しく説明します。

  • 変数宣言方法の違い
  • 再代入について
  • 変数の再宣言とは?

変数宣言方法の違い

varはJavaScriptの初期から存在する変数宣言の方法で、関数スコープを持ちます。

一方、letconstはES6から導入され、ブロックスコープを持ちます。

if (true) {
  var varVariable = "var";
  let letVariable = "let";
  const constVariable = "const";
}
console.log(varVariable); // "var"
console.log(letVariable); // エラー: letVariable is not defined
console.log(constVariable); // エラー: constVariable is not defined

再代入について

varletは再代入が可能ですが、constは再代入が不可能です。

var varVariable = "var";
letVariable = "let";
const constVariable = "const";

varVariable = "new var"; // これはOK
letVariable = "new let"; // これもOK
constVariable = "new const"; // エラー: Assignment to constant variable.

変数の再宣言とは?

varは同じスコープ内で同じ名前の変数を再宣言できますが、letconstはそれを許可しません。

var varVariable = "var";
var varVariable = "new var"; // これはOK

let letVariable = "let";
let letVariable = "new let"; // エラー: Identifier 'letVariable' has already been declared

const constVariable = "const";
const constVariable = "new const"; // エラー: Identifier 'constVariable' has already been declared

このように、varlet、およびconstはそれぞれ異なる特性と使用ケースを持っています。

適切な変数宣言方法を選択することで、コードの可読性と保守性を向上させられるでしょう。

スコープとは?:var, let, constとスコープの理解

このちらでは、JavaScriptの変数のスコープについて、特にvarlet、およびconstのスコープの違いに焦点を当てて説明します。

  • グローバルスコープとは?
  • ローカルスコープの認識

グローバルスコープとは?

グローバルスコープは、変数がプログラムのどこからでもアクセス可能な範囲を指します。

varで宣言された変数は、グローバルスコープまたは関数スコープに存在します。

var globalVar = "I am global";
console.log(globalVar); // "I am global"

ローカルスコープの認識

ローカルスコープは、特定の部分(関数やブロック)の中でのみ変数がアクセス可能な範囲を指します。

  • ブロックスコープの理解
  • 関数スコープとは?

ブロックスコープの理解

letconstはブロックスコープを持ちます。

これは、if文やfor文などの{}内でのみアクセス可能であるということです。

if (true) {
  let blockScopedLet = "I am block-scoped";
  const blockScopedConst = "Me too";
}
console.log(blockScopedLet); // エラー
console.log(blockScopedConst); // エラー

関数スコープとは?

関数内で宣言された変数は、その関数の中でのみアクセス可能です。

varは関数スコープを持ちます。

function myFunction() {
  var functionScopedVar = "I am function-scoped";
  console.log(functionScopedVar); // "I am function-scoped"
}
console.log(functionScopedVar); // エラー

このように、変数のスコープは、変数がどのように宣言されたかによって異なります。

適切なスコープを持つ変数を使用することで、コードのバグを減少させ、可読性を向上させられるでしょう。

疑問解決!letとconst、どちらを使用するべきか?

こちらでは、letconstの違いと、それぞれの使用ケースについて説明します。

  • マイナス値の扱い方の違い
  • 開始地点に対する第二引数の影響

マイナス値の扱い方の違い

letconstの主な違いは、再代入の可否です。

letは再代入が可能な変数を宣言するのに使用されますが、constは再代入が不可能な変数、つまり定数を宣言するのに使用されます。

let variableLet = "I can be reassigned";
variableLet = "See? I've changed!";
console.log(variableLet); // "See? I've changed!"

const variableConst = "I cannot be reassigned";
// variableConst = "Trying to change"; // これはエラーを引き起こします
console.log(variableConst); // "I cannot be reassigned"

開始地点に対する第二引数の影響

letconstの選択は、変数の使用方法によって決まります。

変数の値が変更される可能性がある場合はletを、変更されることがない場合はconstを使用しましょう。

一般的には、変数の再代入が必要でない限りconstを使用することが推奨されています。

これにより、コードの意図が明確になり、バグのリスクが低減します。

固有の方法:「substr」メソッドの特性

こちらでは、substrメソッドの特性と使用方法について詳しく説明します。

  • 「substr」メソッドの特徴と使い方
  • 「substr」メソッドの利用シーン

「substr」メソッドの特徴と使い方

substrメソッドは、文字列の一部を抽出するためのメソッドです。

第一引数に開始位置、第二引数に抽出する文字数を指定します。

let string = "Hello, World!";
let result = string.substr(7, 5);
console.log(result); // "World"

「substr」メソッドの利用シーン

substrは、特定の位置から特定の長さの文字列を取得する必要がある場合に非常に役立ちます。

例えば、日付や時間の文字列から特定の部分を抽出する場合など、です。。

JavaScriptには多くの文字列操作メソッドがあり、それぞれのメソッドには独自の特性と使用ケースがあります。

適切なメソッドを選択することで、効率的かつ正確に文字列操作がおこなえるのです。

文字列操作完全マスターガイド

こちらでは、JavaScriptでの文字列操作の全体像を掴むためのガイドを提供します。

  • JavaScriptで文字列を操作する全体像
  • 各メソッドとその選択基準の整理

JavaScriptで文字列を操作する全体像

JavaScriptには、文字列を操作するための多くのメソッドが提供されています。

これらのメソッドは、文字列の検索、置換、分割、結合など、さまざまな操作をサポート。

これらのメソッドを適切に組み合わせることで、複雑な文字列操作を簡単に実現できます。

let str = "Hello, JavaScript!";
let replacedStr = str.replace("JavaScript", "World");
console.log(replacedStr); // "Hello, World!"

各メソッドとその選択基準の整理

文字列操作メソッドを選択する際の基準は、目的に応じて異なります。

例えば、文字列の一部を取得する場合はsubstringsliceを、文字列を特定の文字で分割する場合はsplitを使用します。

特定の文字や文字列が含まれているかを確認する場合はincludesindexOfを使用しましょう。

これらのメソッドを適切に選択し、組み合わせることで、効率的な文字列操作を実現することができます。

まとめ:JavaScriptで文字列を切り出す際の注意点

当記事では、JavaScriptで文字列を切り出す方法について学習してきました。

  • 文字列を切り出す際には、開始位置や終了位置を正確に指定することが重要
  • マイナスのインデックスや、存在しないインデックスを指定した場合の動作に注意する必要がある
  • これらの点を注意深く確認することで、意図しない結果を避けることができる

理論的な知識だけでなく、実際に手を動かして試すことで、文字列操作の理解を深められます。

実際のコードを書き、動作を確認しながら、各メソッドの特性や動作を理解することがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました