JavaScriptで変数宣言「var」の使い方や注意点を徹底解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年11月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「”javascript var”の具体的な機能は何なんだろう?」

「”javascript var”の適切な使い方を習得したい」

「”javascript var”の実際の使用例を見てみたい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • “javascript var”の基礎知識
  • “javascript var”の記述法とその活用方法
  • “javascript var”の具体的な使用例

当記事では、”javascript var”の基礎からその詳細な使い方、オプションの応用例までを、具体的な例を交えて説明しています。

最後までぜひお読みいただき、”javascript var”の適切な使い方を習得してください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptとvarの基本

こちらでは、JavaScriptの初歩的な部分と、特に変数宣言に使われる「var」についてお伝えしていきます。

JavaScriptの基本と、「var」の存在意義について理解することで、JavaScriptの学習に役立つでしょう。

  • JavaScriptとは
  • 「var」の存在意義

JavaScriptとは

JavaScriptは、ウェブページに動的な機能を持たせるためのプログラミング言語です。

例えば、クリックするとメニューが表示される、といった動的な操作を実現するためにJavaScriptが使用されます。

簡単なコードの例としては、以下のとおりです。

alert('Hello, World!');

ウェブページを開いたときに「Hello, World!」というアラートメッセージを表示します。

「var」の存在意義

「var」は、JavaScriptで変数を宣言するためのキーワードのひとつです。

初期のJavaScriptのバージョンで導入され、「var」を使用することで、変数のスコープや再宣言に関する特定の動作が保証されます。

var name = "John";

“John”という文字列を保持する変数「name」を宣言しています。

varの理解

こちらでは、「var」の基本的な機能と、それを如何に活用するかをお伝えしていきます。

「var」の動作を正確に理解することで、より安全にJavaScriptを書けるのです。

  • 「var」の基本説明
  • 「var」の活用方法

「var」の基本説明

「var」は、変数を宣言するときに使用します。

ただし、「var」を使用して宣言された変数は、関数レベルのスコープを持ちます。

function example() {
    var localVariable = "I am local";
    console.log(localVariable);
}

この関数内で宣言された変数「localVariable」は、関数の外部からはアクセスできません。

「var」の活用方法

「var」を活用すると、変数の再宣言や再代入が可能になります。

var name = "John";
name = "Doe";  // 再代入
var name = "Jane";  // 再宣言

ただし、このような動きは、混乱を招く可能性があるため、注意が必要です。

「var」の使用と実例

こちらでは、「var」を用いた具体的なコードの書き方や、その実例についてお伝えしていきます。

「var」の具体的な使用法を理解することで、日常のプログラミング作業がスムーズになるでしょう。

  • 2つの変数の初期化
  • 文字列の代入
  • 複数の変数の処理

2つの変数の初期化

「var」を使用して、一度に複数の変数を初期化することも可能です。

var firstName = "John", lastName = "Doe";
console.log(firstName + " " + lastName);  // John Doe

文字列の代入

変数に文字列を代入する基本的な方法を示します。

var greeting = "Hello";
greeting += ", World!";
console.log(greeting);  // Hello, World!

複数の変数の処理

複数の変数を組み合わせて処理する方法を示します。

var x = 5, y = 10;
var sum = x + y;
console.log(sum);  // 15

例外と注意点

こちらでは、「var」を使用する際の注意点や、予期せぬ動作についてお伝えしていきます。

これらの例外や注意点を理解することで、バグを未然に防げるでしょう。

  • 非宣言変数への振る舞い
  • 浅瀬を避けるためのベストプラクティス

非宣言変数への振る舞い

「var」を使わずに変数を宣言すると、その変数はグローバル変数として扱われます

function example() {
    globalVariable = "I am global";
}
example();
console.log(globalVariable);  // I am global

このようなグローバル変数の使用は避けるべきです。

浅瀬を避けるためのベストプラクティス

「var」の使用に関する一般的なベストプラクティスは以下のようなものです。

  • 変数は関数の先頭で宣言する
  • 同じ変数名を再宣言することを避ける
  • 未使用の変数や関数は削除する

「var」,’let’, ‘const’の比較

こちらでは、JavaScriptの「var」,’let’, ‘const’の三つの変数宣言方法の違いについてお伝えしていきます。

これらの違いを理解することで、適切な変数宣言方法を選択できます。

  • 再宣言の違い
  • スコープについての理解

再宣言の違い

「var」は、同じスコープ内で同じ変数名を再宣言できますが、「let」と「const」は再宣言できません

var name = "John";
var name = "Doe";  // これは許される

let firstName = "John";
// let firstName = "Doe";  // これはエラー

スコープについての理解

「var」は関数レベルのスコープを持つのに対し、「let」と「const」はブロックレベルのスコープを持ちます

if (true) {
    var x = 10;  // これは関数レベルのスコープ
    let y = 20;  // これはブロックレベルのスコープ
}

まとめ

当記事では、JavaScriptの変数宣言における「var」について学習してきました。

「var」は初期のJavaScriptのバージョンから存在するキーワードであり、その動作や特性を理解することは初学者にとって重要です。

今後は、「let」や「const」をより深く学び、最新のJavaScriptの機能やECMAScriptの最新仕様にも目を向けて学習を進めるとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました