JavaScriptでSubstringメソッドを使いこなそう

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年11月)

✔当記事は以下のような方を対象としています

「JavaScriptのsubstringとは何だろう?」

「JavaScriptにおけるsubstringの使い方を学びたい」

「JavaScriptでのsubstringの具体例を知りたい」

✔当記事を通じて伝える内容

  • JavaScript substringの基本的な知識
  • JavaScript substringの具体的な使い方とその応用
  • JavaScript substringの実際の使用事例

当記事では、JavaScript substringの基礎からその使い方、さらには実際の使用例まで詳述しています。

そのプログラミング技能を一段と高めるためにも、記事の総てを通読がおすすめです。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

substringメソッドの紹介

こちらでは、substringメソッドの基本的な特性と使用方法についてお伝えしていきます。

substringメソッドを理解することで、文字列の部分的な取得や加工が容易です。

  • JavaScriptと文字列操作の重要性
  • substringとは何か?
  • substringの基本的な構文と引数
  • 返値:substringが返すもの

JavaScriptと文字列操作の重要性

JavaScriptは、ウェブページの動的な振る舞いを制御するための言語です。

文字列操作は、ユーザーからの入力の処理、データの表示、APIからのレスポンスの解析など、多岐にわたるタスクで必要とされます。

このスキルを習得することで、より高度なプログラミングタスクにも対応できるでしょう。

substringとは何か?

substringは、文字列の一部を取得するために使用できる機能。

指定した開始位置と終了位置の間の文字列を返せます。

substringの基本的な構文と引数

substringメソッドは、2つの引数、開始位置と終了位置を取ります。

開始位置は必須で、終了位置はオプションです。

終了位置を省略した場合、文字列の最後までが取得されます。

let str = "Hello, World!";
let result = str.substring(0, 5);  // "Hello"

返値:substringが返すもの

substringメソッドは、指定された範囲の新しい文字列を返します

元の文字列は変更されません。

let str = "JavaScript";
let part = str.substring(4, 10);  // "Script"
console.log(str);  // "JavaScript" (変更されていない)

実際に試してみよう

こちらでは、substringメソッドの具体的な使用例をいくつか紹介します。

これにより、実際のコーディングシーンでのsubstringの活用方法を理解する手助けとなるでしょう。

  • シンプルなsubstringの使用例
  • lengthプロパティと組み合わせた例

シンプルなsubstringの使用例

文字列から特定の部分を取り出す基本的な使い方を見てみましょう。

let greeting = "Good morning, John!";
let timeOfDay = greeting.substring(0, 4);  // "Good"
let name = greeting.substring(13, 17);  // "John"

lengthプロパティと組み合わせた例

substringメソッドとlengthプロパティを組み合わせることで、文字列の末尾の部分を動的に取得できます。

let phrase = "JavaScript is fun!";
let lastFiveChars = phrase.substring(phrase.length - 5);  // " fun!"

substringのエラーとその対処法

substringメソッドを使用する際には、いくつかのエラーや予期しない動作に注意が必要です。

ここでは、そのようなポイントとその対処法を紹介します。

  • 引数のマイナス値について
  • 開始位置と終了位置の関係性について

引数のマイナス値について

substringメソッドにマイナスの値を引数として渡すと、0として扱われます

この挙動はエラーを引き起こすことはありませんが、予期しない結果を返す可能性があるため注意が必要です。

let text = "Hello";
let result = text.substring(-2, 4);  // "Hell"

開始位置と終了位置の関係性について

substringメソッドでは、開始位置が終了位置よりも大きい場合、自動的にそれらの位置が交換されます。

この特性を知っておくことで、意図しない動作を避けられるでしょう。

let word = "JavaScript";
let part = word.substring(7, 4);  // "Sc"

substringと似たJavaScriptメソッド

JavaScriptには、substringと似た機能を持つ文字列操作のメソッドがいくつか存在します。

これらのメソッドとの違いを理解することで、最適なメソッドを選択する手助けとなるでしょう。

  • substringとsubstrとの違い
  • substringとsliceメソッド

substringとsubstrとの違い

substringとsubstrは、両方とも文字列から部分文字列を取得するためのメソッドですが、引数の取り扱い方が異なります

  • substringは開始位置と終了位置を引数として取る
  • substrは開始位置と取得する文字数を引数として取る
let sample = "JavaScript";
let subStrResult = sample.substr(4, 3);  // "Scr"
let subStringResult = sample.substring(4, 7);  // "Scr"

substringとsliceメソッド

substringsliceは非常に似ていますが、マイナスの値を引数として受け取る方法が異なります

  • substring:マイナスの値を0として扱う
  • slice:文字列の末尾からの位置として解釈
let example = "JavaScript";
let sliceResult = example.slice(-3);  // "ipt"
let substringResult = example.substring(-3);  // "JavaScript" (マイナス値は0として扱われる)

substringの応用

こちらでは、substringメソッドをさらに深く掘り下げ、より高度な使用例やテクニックを紹介します。

  • 文字列内の部分文字列の置き換え
  • 文字列末尾を後ろから取得する方法
  • indexOfメソッドを用いた文字列検索と抽出

文字列内の部分文字列の置き換え

substringを使用して、文字列内の特定の部分を別の文字列に置き換えられます

let str = "I love cats";
let newStr = str.substring(0, 7) + "dogs";
console.log(newStr);  // "I love dogs"

文字列末尾を後ろから取得する方法

substringlengthプロパティを組み合わせることで、文字列の末尾から特定の文字数を取得できます。

let phrase = "JavaScript is amazing!";
let lastWord = phrase.substring(phrase.length - 7);
console.log(lastWord);  // "amazing!"

indexOfメソッドを用いた文字列検索と抽出

indexOfメソッドを使用して、以下のようなことが可能

  • 文字列内の特定の部分文字列の位置を検索
  • その位置情報をsubstringに渡し、部分文字列を抽出
let sentence = "The quick brown fox jumps over the lazy dog.";
let startPos = sentence.indexOf("fox");
let endPos = sentence.indexOf("jumps");
let extracted = sentence.substring(startPos, endPos);
console.log(extracted);  // "fox "

よくある間違いとベストプラクティス

こちらでは、substringメソッドを使用する際の一般的な間違いと、それを避けるためのベストプラクティスを紹介します。

これらのポイントを押さえることで、より効果的なコードを書く手助けとなるでしょう。

  • 初心者が陥りやすい間違い
  • それを避けるためのベストプラクティス

初心者が陥りやすい間違い

多くの初心者が、substringの第二引数を「取得する文字数」と誤解してしまうことがありますが、実際には「終了位置」を示します。

また、マイナスの値を引数として渡す際の挙動も注意が必要です。

let text = "Hello, World!";
let wrong = text.substring(7, 5);  // "o, W" (開始位置と終了位置が交換される)

それを避けるためのベストプラクティス

substringメソッドを使用する際は、常に引数の意味を正確に理解してからコードを書きましょう。

コードのコメントを活用して、特定の操作の目的や意図を明確にすることで、他の開発者や将来の自分がコードを読み返したときの理解を助けることができます。

まとめ

当記事では、JavaScriptのsubstringメソッドについて学習してきました。

これらの知識を活用することで、JavaScriptにおける文字列操作のスキルを向上させられます

substringメソッドは、文字列操作の多くのシナリオで役立つツールのひとつに過ぎません。

replace, split, charAtなど、他の多くの文字列メソッドもJavaScriptには存在します。

これらのメソッドを学ぶことで、さらに多様な文字列操作タスクに対応できるようになります。

タイトルとURLをコピーしました