【Pythonで作るアプリ】何でもQRコードに変換できる!

Pythonアプリ

(最終更新月:2021年11月)

当ブログは、PythonをベースとしたDjangoフレームワークを使い、Webアプリを一から開発・公開するまでを解説していくサイトです

ただ、当記事ではフレームワークのベースとなる言語「Python」を使った簡易的なアプリをご紹介し、「Pythonでこんなこともできる!」を伝えられたらと思っています

当記事では、

  • 好きな文字列をQRコードに変換する方法

をご紹介します

グーグルマップでの地図情報、メールアドレス、ホームページ、などQRコード化できると便利だなぁと思う場面が多く、作り始めたのがきっかけです

次章でPythonのコードをご紹介しますが、どんなものかをイメージ頂くためにWebアプリも作りましたので、「こんなものができる!」とイメージ頂ければ幸いです

Fun Tools
ReactとDjangoで作成したWebアプリです。便利なツールを揃えているので、ぜひ立ち寄ってみてください。作り方はブログで紹介しています!

ライブラリのインストール

2つのライブラリをインストールする必要があります

下記のコマンドでインストールをしましょう

pip install Pillow
pip install qrcode

Pythonファイルの実行方法などがわからない方はこちらも参考にしてください↓

コード公開

inputメソッドで、好きな文字列を打ち込み、QRコード化します

import qrcode
from datetime import date

today_str = date.today().strftime("%Y-%m-%d")
qr_str = input("QRコード化します⇒ ")

img = qrcode.make(qr_str)
img.save(f'new_qr_{today_str}.png')

【エラー発生!?】ファイル名に気をつけて!

最初はファイル名を「qrcode.py」にしていたところ、ライブラリ名と同一名のため、エラーが発生してました

少し理解するまで時間がかかったので念の為記しておきます

ファイル名は、ライブラリ名と区別のつく名前にしておきましょう

おわりに

とても簡単なコードでした

一度作成すれば、ファイルを実行さえすれば何度でも使えて便利です!

私のサイト、

Fun Tools
ReactとDjangoで作成したWebアプリです。便利なツールを揃えているので、ぜひ立ち寄ってみてください。作り方はブログで紹介しています!

でも他のアプリと合わせて公開していますので、ふと「QRコードを作ろう!」となったら使ってみてください!

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

公式LINEも始めました。ブログの更新や最新の業界情報などを随時配信します!

友だち追加

タイトルとURLをコピーしました