【保存版】Pythonの配列への要素追加|各メソッドの実例を紹介

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年6月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「Pythonで配列に要素を追加する方法って何だろう?」
「Pythonの配列追加のコードの書き方が知りたい」
「Pythonの配列追加の具体的な実例が見たい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • Pythonでの配列追加の基本
  • Pythonの配列追加の書き方や応用事例
  • Pythonの配列追加の具体的な実例

当記事では、Pythonにおける配列追加の基本概念から、さまざまな方法や応用例まで、具体的なコードを用いてわかりやすく解説しています。

ぜひ最後までお読みください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Pythonのリストとその特徴

こちらでは、「Pythonのリストとその特徴」についてお伝えしていきます。

「リスト」について基本を抑えることで、Pythonプログラミングがより効率的になるでしょう。

  • リストの基本概念
  • リストの特性

リストの基本概念

Pythonのリストは、複数の要素を順序付けて格納するデータ構造です。

リストは角括弧([])を使って作成され、要素はカンマで区切られます。

fruits = ["apple", "banana", "cherry"]

3つの要素を持つリストです。

リス異なるデータ型の要素を持つことができ、他のリストを含められます。

リストの特性

リストは可変で、要素の追加や削除が可能です。

中の要素は、インデックスにより順番を管理されています。

インデックスは0から始まり、特定の要素を取り出すのに使えるものです。

fruits[0]
# 出力 "apple"

リストはスライス操作をサポートしており、部分的な要素の取得が容易です。

リストに要素を追加する方法

こちらでは、「リストに要素を追加する方法」についてお伝えします。

  • 末尾に要素を追加: appendメソッド
  • リストとリストを連結: extendメソッドと+演算子
  • 指定位置に要素を追加: insertメソッド
  • 指定位置に別のリストを追加: スライス利用

末尾に要素を追加: appendメソッド

append()メソッドは、リストの末尾に要素を追加するもの。

fruits.append("orange")

fruitsリストの最後に”orange”が追加されます。

メソッドは要素をひとつだけ追加する場合に便利です。

リストとリストを連結: extendメソッドと+演算子

extend()メソッドや+演算子を使用すると、リストとリストを連結できます。

fruits.extend(["mango", "grape"])

リストに別リストの要素が追加されます。

+演算子を使って以下のような記述も可能です。

fruits = fruits + ["mango", "grape"]

指定位置に要素を追加: insertメソッド

insert()メソッドを使用すると、リストの指定した位置に要素を追加できます。

リスト.insert(引数1, 引数2)

以下が引数の説明です。

  • 引数1:要素を追加する位置のインデックス
  • 引数:追加する要素

例を挙げてみます。

fruits.insert(1, "kiwi")

リストの2番目に”kiwi”を追加します。

指定位置に別のリストを追加: スライス利用

スライスを利用して、リストの特定の位置に別のリストの要素を挿入できます。

スライスとは以下のように[]で囲み、開始と終了の位置を指定するもの。

[開始位置(インデックス): 終了位置(インデックス)]

リストで活用する例は以下のとおりです。

fruits[1:1] = ["orange", "lemon"]

fruitsリストの2番目の位置に”orange”と”lemon”のリストを挿入します。

新しいリストを作成し要素を追加する方法

こちらでは、「新しいリストを作成し要素を追加する方法」についてお伝えします。

  • リストとリストを結合して新たなリスト作成
  • 指定回数繰り返す新リストの作成

リストとリストを結合して新たなリスト作成

リストとリストを結合して新しいリストを作成しましょう。

+演算子を使用すると実現できます。

new_fruits = fruits + ["pear", "plum"]

元のfruitsリストと新しい要素を結合した新しいリストを作成します。

指定回数繰り返す新リストの作成

*演算子を使用して、リストの要素を、指定した回数繰り返した新しいリストを作成できます。

repeated_fruits = ["apple", "banana"] * 3

“apple”と”banana”を3回繰り返す新しいリストを作成します。

まとめ

当記事では、「Pythonのリストとその特徴」について解説しました。

リストは非常に汎用的なデータ構造で、要素の追加、削除、アクセスが簡単にできます。

当サイトでも各メソッドについて、丁寧にコード付で解説してますので、ぜひご覧ください。

【簡単】Pythonの配列を結合する方法をサンプルコード付きで解説
Pythonの配列を結合する方法について知りたいですか?当記事では、Pythonで配列を結合する基本的な方法だけでなく、さまざまなコードを元に実践的な例を詳細に解説しています。具体的なコードから手を動かして学べるので、初心者の方もすぐに実践に移せるでしょう。初心者の方必見です。

Pythonプログラミングにおいて、リストの理解と活用は非常に重要です。

タイトルとURLをコピーしました