【必読】Pythonにおけるコンパイルとは?実例付きで詳しく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年7月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています

「Pythonのコンパイル方法を理解したい」
「Pythonコンパイルの具体的手順が知りたい」
「Pythonコンパイルの真実の例を見たいと思っている」

✔当記事を通してお伝えする知識

  • Pythonコンパイルの基本
  • Pythonコンパイル処理の手順とその応用
  • Pythonコンパイルの生の実践例

当記事では、Pythonコンパイルの初歩的な基本から、その詳細な応用手法まで、具体的な例を交えて詳しく説明します。

最後まで読み進めて、Pythonコンパイルについての理解を深めてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

コンパイルとは

こちらでは、「コンパイル」についてお伝えしていきます。

「コンパイル」を理解することでプログラミング全般の理解が深まるでしょう。

  • コンパイルの基本概念について
  • Pythonとコンパイルの関連性の解析

コンパイルの基本概念について

コンパイルとは、高級言語で書かれたプログラムを機械語に変換することです。

このプロセスはコンパイラによって実行され、エラーのチェックや最適化がおこなわれます。

例えばC言語のソースコードをコンパイルすると、実行可能なバイナリファイルが生成されます。

コンパイルによってプログラムの実行速度が向上し、ハードウェアリソースをより効率的に利用できるのです。

Pythonとコンパイルの関連性の解析

Pythonは「インタプリタ型」の言語であり、一般的にはコンパイルのプロセスを経ることなく直接ソースコードを実行可能です

しかし実際には、Pythonのソースコードは実行前に「バイトコード」と呼ばれる中間的なコードにコンパイルされます。

このバイトコードが、Pythonのインタプリタによって実行されているのです。

Pythonとコンパイルは密接な関連性を持っているといえるでしょう。

Pythonとコンパイル:基本説明

ここでは、「Pythonとコンパイル」について詳しく説明します。

「Pythonとコンパイル」の関連性を理解することで、Pythonの動作原理をより深く理解しましょう。

  • Pythonの特性とその影響について
  • Pythonでのコンパイルの必要性

Pythonの特性とその影響について

Pythonは、そのシンプルさと直感性のために、初心者にも使いやすい言語です。

動作原理は、「インタプリタ型」の言語として、ソースコードを一行ずつ、実行し解釈します。

この実行プロセスの前に、Pythonのソースコードは「バイトコード」に変換され、このバイトコード生成の段階がPythonのコンパイルプロセスです。

例えば、以下のようなPythonのコードがあるとします。

def hello(name):
    return f"Hello, {name}!"

print(hello("World"))

これは、実行時にPythonインタプリタによって一行ずつ解釈されますが、その前にバイトコードに変換されます。

Pythonでのコンパイルの必要性

Pythonでコンパイルをおこなう理由は、主にパフォーマンスの向上とコードの保護です。

コンパイルによって生成されるバイトコードは、ソースコードよりも効率的に解釈・実行できます。

さらに、バイトコードはソースコードを直接公開することなく配布することが可能であり、ソースコードの保護にも役立ちます。

Pythonの標準コンパイラーとその利用法

こちらでは、Pythonの標準コンパイラーとその利用法について解説します。

Pythonのコンパイラーを理解し使いこなすことで、Pythonのコードの実行効率を向上させることが可能です。

  • Python標準ライブラリである「compileall」の概要と利用指南
  • コンパイルの一般的な手順と例

Python標準ライブラリである「compileall」の概要と利用指南

Pythonには「compileall」という標準ライブラリが付属しています。

これは、指定されたディレクトリ内のすべてのPythonソースファイルをバイトコードにコンパイルするためのモジュールです。

以下のように使用します。

import compileall

compileall.compile_dir('<directory_path>', force=True)

上記のコードは、指定されたディレクトリ内の全てのPythonファイルを強制的にバイトコードにコンパイルします。

コンパイルの一般的な手順と例

一般的には、Pythonのソースコードは、そのソースコードを含むPythonファイルが初めて実行されたときに自動的にバイトコードにコンパイルされます。

バイトコードファイル(.pycファイル)は、通常、__pycache__ディレクトリに保存されます。

例として、以下のようなPythonソースコードを見てください。

def greet(name):
    return f"Hello, {name}!"

if __name__ == "__main__":
    print(greet("Python"))

このファイル(greet.pyとしましょう)を実行すると、Pythonはこのソースコードをバイトコードにコンパイルしされます。

同じディレクトリの__pycache__フォルダ内に.greet.cpython-XY.pycという名前のファイルが作成されるのです(XYはPythonのバージョンによります)。

Pythonのバイトコンパイルとその目的

こちらでは、「Pythonのバイトコンパイルとその目的」について解説します。

バイトコンパイルを理解することで、Pythonの実行プロセスをより深く理解できるでしょう。

  • バイトコンパイルとは何か
  • バイトコンパイルの重要性とその適用方法

バイトコンパイルとは何か

Pythonのバイトコンパイルとは、Pythonのソースコードをバイトコードに変換するプロセスのこと。

バイトコードはPythonインタプリタが直接実行できる低レベルのプラットフォーム非依存のコードです。

バイトコードは、.pycという拡張子のファイルに保存されます。

バイトコンパイルの重要性とその適用方法

バイトコンパイルは、Pythonのソースコードをより高速に実行するために重要です。

その理由はこちら。

  • .pycファイルはソースコードがなくても実行できる、コードの配布にも役立つから
  • Pythonは、ソースファイルが変更されない限り、存在する.pycファイルを再利用するから

結果として、プログラムの起動時間が短縮されます。

手動でバイトコンパイルを行うには、先述のcompileallモジュールを使用しましょう。

Pythonをexeファイルに変換する

こちらでは、Pythonをexeファイルに変換する方法について説明します。

このスキルを理解し習得することで、Pythonのプログラムを他のコンピュータで容易に実行できるでしょう。

  • ‘pyinstaller’のインストールと利用法
  • .pyから.exeに変換する手順

‘pyinstaller’のインストールと利用法

Pythonのプログラムをexeファイルに変換するには、’pyinstaller’というライブラリを使用します。

このライブラリをインストールするには、以下の方法です。

pip install pyinstaller

これにより、Pythonのスクリプトをスタンドアロンの実行可能ファイルに変換するためのツールがインストールされます。

.pyから.exeに変換する手順

pyinstallerを使用してPythonのスクリプトを.exeファイルに変換するには、以下の手順を実行します。

  1. コマンドライン(またはターミナル)を開きます
  2. Pythonスクリプトが存在するディレクトリに移動します
  3. 次のコマンドを実行します
pyinstaller --onefile your_script.py

‘your_script.py’は変換したいPythonスクリプトの名前に置き換えましょう。

このコマンドを実行すると、’dist’という新しいディレクトリが作成され、その中に実行可能な.exeファイルが生成されます。

Pythonコンパイルのエラーとその対策

こちらでは、Pythonのコンパイル時のエラーとその対策について説明します。

エラー対策を理解することで、問題が発生した際に迅速に対応が可能です。

  • 各種エラー状況とその対応策
  • 特に日本語を含むソースファイルへの対策

各種エラー状況とその対応策

Pythonのコンパイル時には、さまざまなエラーが発生します。

例えばSyntaxErrorは、ソースコードに文法的な問題があることを示すもの。

このようなエラーは、ソースコードを丁寧にチェックし、Pythonの公式ドキュメンテーションを参照することで解決できるでしょう。

とくに日本語を含むソースファイルへの対策

Pythonのソースコードに非ASCII文字(例えば日本語)が含まれている場合、エンコーディングの問題が発生する可能性があります。

Pythonファイルの最初に次のようにエンコーディングを指定することをおすすめします。

# -*- coding: utf-8 -*-

PythonインタプリタはソースコードがUTF-8でエンコードされていることを認識し、非ASCII文字も正しく処理します。

まとめ

当記事では、Python言語とコンパイルについての一般的な説明について学びました。

  • コンパイルの基本的な概念
  • Pythonの特性とその影響
  • Pythonの標準コンパイラーとその利用法
  • バイトコンパイルとその目的
  • Pythonをexeファイルに変換する方法
  • Pythonコンパイルのエラーとその対策

とくに、Pythonは通常のコンパイルプロセスとは異なる点があり、ソースコードを直接実行せず、バイトコードへと変換してから実行します。

また、Pythonのスクリプトを.exeファイルに変換することで、他のコンピュータで簡単にPythonのプログラムを実行することが可能です。

Pythonのコンパイルについて理解することは、Pythonプログラムのパフォーマンスを向上させ、ソースコードを保護する上でとても重要。

また、実行可能ファイルへの変換やエラー対策を理解することは、Pythonのコードの可搬性と信頼性を高めるために重要となります。

これらの知識を身につけることで、より効率的で信頼性の高いPythonのプログラミングが可能となります。

タイトルとURLをコピーしました