【Python】現在時刻の取得方法|実コード付きで丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年7月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています。

「Pythonで現在時刻を取得する方法を知りたい」
「Pythonで時刻をどのように表現できるのか」
「Pythonを用いた現在時刻の取得の具体例を見てみたい」

✔当記事を通じて解説する内容

  • Pythonを用いた現在時刻の取得方法の基本
  • Pythonで時刻を表現する様々な方法とその応用
  • Pythonを利用した現在時刻の取得の実例

当記事ではPythonを使用した「現在時刻」の取得方法の基礎からオプションを活用した時刻表現まで、具体的な例を交えて詳しく説明します。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Pythonの基本と活用

Pythonの基本的な使い方と、時間を扱うためのモジュールについて詳しく説明します。

  • Pythonとは
  • Pythonで時間を扱うモジュール

Pythonとは

Pythonは、汎用性が高く、学びやすいという特性から、広く利用されているプログラミング言語です。

Pythonは、Web開発、データ分析、AIなど、さまざまな用途で使用されています。

その中でもPythonは、時間を扱うための強力なツールとライブラリを持っているのが特徴です。

Pythonで時間を扱うモジュール

Pythonで時間を扱うためには、主に”datetime”モジュールを使用します。

日付や時間を扱うためのクラスを含んでいるモジュールです。

“datetime”モジュールを使用することで、日付や時間に関連するさまざまな処理をおこなえます。

【Python】datetime型の扱い方|コードで徹底解説
Pythonのdatetime型を扱う方法が知りたいですか?当記事では、Python datetimeの基本的な使用方法や実践的な例を詳細に解説しています。さまざまなケースに合わせたコードを紹介していますので、初心者の方でもすぐに手を動かして学べます。ぜひご覧ください。

UNIX時間について

UNIX時間(エポックタイム)とは、1970年1月1日0時0分0秒(UTC)からの経過秒数を指すものです。

この時間表現は、さまざまなシステムやプログラム間で時間を一貫して扱うために利用されています。

Pythonでは、UNIX時間を取得するためには、”time”モジュールの”time()”関数を使用してください。

import time

# 現在のUNIX時間を取得
unix_time = time.time()
print(unix_time)
#出力例
#1688809759.0851448

現在のUNIX時間(エポックからの経過秒数)が表示されます。

datetimeオブジェクトの取得

ここでは、Pythonで日時を取り扱う基本的なオブジェクトであるdatetimeオブジェクトの取得方法とタイムゾーンの設定方法について説明します。

  • datetimeオブジェクトとは
  • datetimeオブジェクトの取得方法
  • タイムゾーン設定の方法

datetimeオブジェクトとは

datetimeオブジェクトは、datetimeモジュールによって提供される、日付と時間を一緒に扱うためのオブジェクトです。

このオブジェクトを使用することで、日付や時間に関連する多くの操作を容易におこなえます。

【Python】datetime型の扱い方|コードで徹底解説
Pythonのdatetime型を扱う方法が知りたいですか?当記事では、Python datetimeの基本的な使用方法や実践的な例を詳細に解説しています。さまざまなケースに合わせたコードを紹介していますので、初心者の方でもすぐに手を動かして学べます。ぜひご覧ください。

datetimeオブジェクトの取得方法

datetimeオブジェクトの取得は非常に簡単で、以下のようなコードで実行できます。

import datetime

# 現在の日付と時刻を取得
now = datetime.datetime.now()
print("現在の日付と時刻:", now)

# 日付の属性にアクセス
print("年:", now.year)
print("月:", now.month)
print("日:", now.day)

# 時刻の属性にアクセス
print("時:", now.hour)
print("分:", now.minute)
print("秒:", now.second)

# 特定の日付や時刻を作成
date = datetime.datetime(2023, 6, 15)
time = datetime.datetime(0, 30, 45)
print("特定の日付:", date)
print("特定の時刻:", time)

# 日付や時刻の演算
future_date = now + datetime.timedelta(days=7)
past_date = now - datetime.timedelta(hours=12)
print("1週間後の日付:", future_date)
print("12時間前の日付:", past_date)

このコードを実行すると、現在の日時が表示されます。

タイムゾーン設定の方法

datetimeオブジェクトには、タイムゾーン情報も含むことが可能です。

タイムゾーン情報を含めることで、地域ごとの時間差を考慮した日時の扱いが可能になります。

以下がそのコードです。

from datetime import datetime
import pytz

# 現在の日時を取得(タイムゾーン付き)
now = datetime.now(pytz.timezone('Asia/Tokyo'))
print(now)

日本時間の現在の日時が表示されます。

現在の日付を取得

このセクションでは、Pythonで現在の日付を取得する方法をお伝えします。

  • dateオブジェクトとは
  • 今日の日付の取得方法

dateオブジェクトとは

dateオブジェクトは、Pythonのdatetimeモジュールで提供されるオブジェクトのひとつで、日付情報のみを扱えるもの。

これを用いて日付に関連する各種操作をおこなえます。

import datetime

# 現在の日付を取得
today = datetime.date.today()
print("現在の日付:", today)

# 日付の属性にアクセス
print("年:", today.year)
print("月:", today.month)
print("日:", today.day)

# 特定の日付を作成
date = datetime.date(2023, 6, 15)
print("特定の日付:", date)

# 日付の演算
future_date = today + datetime.timedelta(days=7)
past_date = today - datetime.timedelta(days=3)
print("1週間後の日付:", future_date)
print("3日前の日付:", past_date)

# 日付のフォーマット
formatted_date = today.strftime("%Y年%m月%d日")
print("フォーマットされた日付:", formatted_date)

日付けのフォーマットについては以下で詳しく解説しています。

【書式コード一覧付】Pythonのstrftimeをマスターしよう
Pythonで「strftime」関数を使用する方法を知りたいですか?strftime関数は日時データを様々な形式に表現し、プログラム内で効率的に操作するための基本的なツールです。当記事では、Pythonのstrftime関数の使用法を具体的なコード付きで詳細に解説しています。特にPython初心者の方は必見です。

今日の日付の取得方法

dateオブジェクトを用いて現在の日付を取得するには、次のようなコードを書きます。

from datetime import date

# 今日の日付を取得
today = date.today()
print(today)

今日の日付が表示されます。

現在時刻とその表示方法

このセクションでは、Pythonで現在の時刻を取得し、それを表示する方法について説明します。

  • timeオブジェクトとは
  • 現在時刻の取得方法
  • 現在時刻の表示方法
  • 日時情報を文字列に変換する方法

timeオブジェクトとは

timeオブジェクトは、Pythonのdatetimeモジュールで提供されるオブジェクトのひとつで、時間情報のみを扱うものです。

これを用いて時間に関連する各種操作をおこなえます。

import datetime

# 現在の時間を取得
current_time = datetime.datetime.now().time()
print("現在の時間:", current_time)

# 時間の属性にアクセス
print("時:", current_time.hour)
print("分:", current_time.minute)
print("秒:", current_time.second)
print("マイクロ秒:", current_time.microsecond)

# 特定の時間を作成
time = datetime.time(12, 30, 45)
print("特定の時間:", time)

# 時間の演算
future_time = current_time + datetime.timedelta(hours=3)
past_time = current_time - datetime.timedelta(minutes=15)
print("3時間後の時間:", future_time)
print("15分前の時間:", past_time)

# 時間のフォーマット
formatted_time = current_time.strftime("%H時%M分%S秒")
print("フォーマットされた時間:", formatted_time)

現在時刻の取得方法

現在時刻の取得はdatetimeオブジェクトからおこないます。

具体的なコードは次の通りです。

from datetime import datetime

# 現在時刻を取得
now = datetime.now().time()
print(now)

現在時刻が表示されます。

現在時刻の表示方法

現在時刻の表示は、strftimeメソッドを使ってカスタマイズできます。

たとえば、次のように書くと、「時:分:秒」形式で表示可能です。

from datetime import datetime

# 現在時刻を取得
now = datetime.now().time()
# 時:分:秒形式で表示
print(now.strftime("%H:%M:%S"))

詳しくはこちら。

【書式コード一覧付】Pythonのstrftimeをマスターしよう
Pythonで「strftime」関数を使用する方法を知りたいですか?strftime関数は日時データを様々な形式に表現し、プログラム内で効率的に操作するための基本的なツールです。当記事では、Pythonのstrftime関数の使用法を具体的なコード付きで詳細に解説しています。特にPython初心者の方は必見です。

日時情報を文字列に変換する方法

日時情報を文字列に変換するには、strftimeメソッドを使用します。

このメソッドにより、任意のフォーマットの文字列が作成可能です。

例えば次のようなコードで、日付と時刻を”YYYY-MM-DD HH:MM:SS”形式の文字列に変換できます。

from datetime import datetime

# 現在の日時を取得
now = datetime.now()
# 日時情報を文字列に変換
now_str = now.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S")
print(now_str)

まとめ

Pythonは、その独特の特徴を活かし、多様なタスクを効率よくこなせます。

その中でも日時操作は、データ分析やシステム開発といった広範で重要な領域において求められるので重要だといえるでしょう。

当記事の解説やコードを通じて、少しでも理解が深まれば幸いです。

当サイトにはさまざまなPythonの解説をおこなっておりますので、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました