【簡単】Pythonで2次元配列を操作する|サンプルコード付き

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事が対象とする読者層

「Pythonの2次元配列の概念を理解したい」
「Pythonで2次元配列を操作する具体的な手法について学びたい」
「Pythonの2次元配列操作の実例を知りたい」

✔当記事で提供される情報

  • Pythonでの2次元配列の基礎知識
  • Pythonを使った2次元配列の操作方法とその応用技術
  • Pythonの2次元配列操作の実践例

当記事では、Pythonでの2次元配列の基本理解から、実際の操作方法、さらにはその応用テクニックまで、具体例を交えて詳細に説明しています。

最後まで興味深く読んでいただけることと思います。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

入門: Pythonと2次元配列

ここでは、Pythonと2次元配列についての基本的な知識を見ていきましょう。

基本を理解のうえ、実際のコーディングへと進んでください。

  • Pythonプログラミングとその重要性
  • 2次元配列とは何か?

Pythonプログラミングとその重要性

Pythonは現在、データ分析、ウェブ開発、AIなど多岐にわたる分野で利用されている汎用性の高いプログラミング言語です。

初心者にとっても学びやすいシンプルな構文が特徴で、これがPythonの広範な普及に大いに貢献しています。

また、豊富なライブラリが提供されており、多様なタスクに対応可能なのも魅力のひとつです。

2次元配列とは何か?

2次元配列とは、要素が行と列に配置された配列のことを指します。

プログラミングの世界では、画像データの解析や、ゲームのボードなどを表現するためによく使われるもの。

Pythonでは、リストのリストとして2次元配列を扱えます。

# 3x3の2次元配列を作成
matrix = [
    [1, 2, 3],
    [4, 5, 6],
    [7, 8, 9]
]

# 要素へのアクセス
print("1行1列の要素:", matrix[0][0])  # 出力: 1
print("2行3列の要素:", matrix[1][2])  # 出力: 6
print("3行2列の要素:", matrix[2][1])  # 出力: 8

2次元配列の設定と定義

次に、Pythonで2次元配列をどのように設定し、定義するかを説明します。

基本的な初期設定方法から、numpyモジュールを使った設定法まで幅広く見ていきましょう。

  • 基本的な初期設定方法と解説
  • リスト内包表記を利用した初期設定法
  • numpyモジュールを活用した初期設定方法
  • 1次元配列を2次元配列に変換する方法

基本的な初期設定方法と解説

Pythonで最も基本的な2次元配列の初期設定方法は、リストのリストとして定義する方法です。

以下はその一例です。

matrix = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]

この例では、3行3列の2次元配列を作成しています。

リスト内包表記を利用した初期設定法

Pythonのリスト内包表記を用いることで、より効率的に2次元配列を作れます。

以下がその例です。

matrix = [[0 for col in range(3)] for row in range(3)]

この例では、3行3列の全要素が0である2次元配列を生成しています。

numpyモジュールを活用した初期設定方法

numpyモジュールでは、大規模な数値データの処理が可能です。

2次元配列の初期設定も簡単におこなえます。

import numpy as np
matrix = np.array([[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]])

この例では、numpyのarray関数を使用して2次元配列を生成しています。

1次元配列を2次元配列に変換する方法

1次元配列を2次元配列に変換する場合も、numpyモジュールのreshape関数を使用します。

import numpy as np
array = np.array([1, 2, 3, 4, 5, 6])
matrix = array.reshape((2, 3))

print(matrix)
# 出力結果:array([[1, 2, 3],
#              [4, 5, 6]])

この例では、1次元配列を2行3列の2次元配列に変換しています。

2次元配列の操作とアクセス方法

Pythonで2次元配列を操作し、データにアクセスする方法について解説します。

複数の方法を理解して、場面ごとに適したものを使いましょう。

  • 通常のアクセス方法とエクサンプル
  • for文を活用したデータアクセス
  • 2次元配列に要素を追加する方法

通常のアクセス方法とエクサンプル

2次元配列の特定の要素にアクセスする基本的な方法は、インデックスを用いる方法です。

以下にその一例を示します。

matrix = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]
print(matrix[0][2])  # Output: 3

この例では、最初のリスト(行)の3つ目の要素にアクセスしています。

for文を活用したデータアクセス

2次元配列の全ての要素にアクセスするためには、for文を使うのが一般的です。

以下にその一例を示します。

matrix = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]
for row in matrix:
    for item in row:
        print(item)

この例では、2次元配列の全ての要素を順番に出力しています

2次元配列に要素を追加する方法

2次元配列に要素を追加するには、appendメソッドを用います。

ただし、新たに追加する要素もリスト形式である必要があります。

以下にその一例を示します。

matrix = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]
matrix.append([10, 11, 12])
print(matrix)  # Output: [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9], [10, 11, 12]]

この例では、2次元配列の末尾に新しい行(リスト)を追加しています。

2次元配列の詳細な活用法

次に、2次元配列をより詳細に活用する方法を見ていきましょう。

要素の検索やソートなど、さまざまなテクニックを取り上げます。

  • 要素の検索とそのアプローチ
  • 結合リストにおけるインデックス検索
  • numpyを活用した検索方法
  • 2次元配列のソートの仕方と例

要素の検索とそのアプローチ

2次元配列の中から特定の要素を検索する基本的なアプローチは、2つのforループを使用する方法です。

以下にその一例を示します。

matrix = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]
for i, row in enumerate(matrix):
    for j, item in enumerate(row):
        if item == 5:
            print(f"Item 5 is located at row {i+1} and column {j+1}")

この例では、要素5が2次元配列のどこに位置しているかを検索しています。

結合リストにおけるインデックス検索

enumerate関数を使って、結合リストで特定の要素のインデックスを検索できます。

以下がその例です。

matrix = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]
flattened = [item for sublist in matrix for item in sublist]
index = [i for i, x in enumerate(flattened) if x == 5]
print(index)  # Output: [4]

この例では、2次元配列を平坦化(1次元配列に変換)した上で、特定の要素のインデックスを検索しています。

numpyを活用した

検索方法numpyモジュールを利用すると、より効率的に2次元配列から特定の要素を検索できます。

以下はその例です。

import numpy as np
matrix = np.array([[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]])
result = np.where(matrix == 5)
print(f"Item 5 is located at row {result[0][0]+1} and column {result[1][0]+1}")

この例では、numpyのwhere関数を使って、特定の要素が2次元配列のどこに位置しているかを検索しています。

2次元配列のソートの仕方と例

Pythonで2次元配列をソートする方法は多数ありますが、ここでは各行を個別にソートする一例を示します。

matrix = [[3, 2, 1], [6, 5, 4], [9, 8, 7]]
matrix = [sorted(row) for row in matrix]
print(matrix)  # Output: [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]

この例では、リストの内包表記とsorted関数を用いて、2次元配列の各行を昇順にソートしています。

2次元配列の高度な概念

ここでは、2次元配列の高度な操作、特に転置やプログラミングの実用的な応用について説明します。

  • 2次元配列の転置方法
  • Pythonでのゲーム開発やAI開発等での2次元配列の利用方法

2次元配列の転置方法

2次元配列の「転置」は、行と列を入れ替える操作のこと。

numpyモジュールを使うと、この操作は簡単です。

import numpy as np
matrix = np.array([[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]])
transposed_matrix = matrix.T
print(transposed_matrix)

"""出力結果
[[1 4 7]
 [2 5 8]
 [3 6 9]]
"""

この例では、numpyのT属性を用いて2次元配列を転置しています。

Pythonでのゲーム開発やAI開発等での2次元配列の利用方法

2次元配列は、ゲーム開発やAI開発など、多くのプログラミングの領域で広く活用されています。

  • ゲーム開発:ゲームの盤面を表現したり、画像データを操作したりする
  • AI開発:ニューラルネットワークの入力データを表現したり、畳み込みニューラルネットワークのフィルタを実装したりする

2次元配列の理解は、Pythonでの高度なプログラミングスキルの鍵となります。

Python学習の効果と継続化へのヒント

ここでは、Pythonを学ぶメリットとその業界への影響、そして効率的な学習法について解説します。

  • Pythonを学ぶメリットとその業界への影響
  • 効率的な学習法と無料カウンセリングの活用!

Pythonを学ぶメリットとその業界への影響

Pythonは現代の多くの業界で広く使用されており、その知識は非常に価値があります。

例えば以下のような分野では、Pythonは事実上の標準言語といっても過言ではありません。

  • データサイエンス
  • AI開発
  • ウェブ開発

Pythonを学ぶことで、これらの分野におけるキャリア機会が広がります。

またPythonはその直感的な文法と豊富なライブラリにより、初心者にも学びやすい言語です。

初めてプログラミングを学ぶ人にとって、Pythonは最適な選択肢のひとつと言えるでしょう。

効率的な学習法と無料カウンセリングの活用!

Pythonを効率的に学ぶための最良の方法は、実際にコードを書くことです。

さまざまなプロジェクトを自分で試みることで、理論だけでなく実践的なスキルも身につけられます。

また、無料のオンラインカウンセリングやチュートリアルを活用することもおすすめ。

これらのリソースを利用することで、自己学習を補完し、学習の進捗を確認できるでしょう。

独学で学ぶPython|一から応用した使い方まで徹底解説
Pythonについて学習したいですか?当ページでは、Pythonの基本に関する記事をまとめています。Pythonを学ぶことはDjangoを使うWebアプリ開発はもちろん、AI・データサイエンスなどの分野でも役立ちます。

まとめ

当記事では、Pythonにおける2次元配列の基本的な操作から高度な概念までを解説しました。

2次元配列は、多くの実際の問題を効率的に解決するための重要な道具であり、その理解と活用はPythonプログラミングスキルの向上に寄与します。

この知識は、より複雑なデータ構造やアルゴリズムを学ぶ基盤です。

Python学習を続ける上で、定期的に自身の知識を再評価し、習得したスキルを継続的に実践的なプロジェクトで応用することをおすすめめします。

新しいコンセプトや技術を学ぶことは重要ですが、それだけでなく、既に学んだことを定着させることも重要といえるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました