【便利】Git GUIの使い方|ほかのGUIツールも合わせて紹介

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年8月)

✔当記事は以下のような方々に向けて書かれています

「git guiの機能について理解したい」

「git guiの使い方を習得したい」

「git guiの具体的な実例を確認したい」

✔当記事を通読することで得られる情報

  • git guiの基本的な知識
  • git guiの使い方と応用法
  • git guiの具体的な実例

当では、git guiの基本的な操作方法から、さまざまなシチュエーションでの応用法まで、リアルな例を交えて丁寧にご紹介します。

ぜひ最後までお読みいただき、git guiの使い方をマスターしましょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

GitとGUIの基本知識

こちらでは、「GitとGUIの基本知識」についてお伝えしていきます。

「GitとGUIの基本知識」について知ることのメリットを伝える

  • Gitとは何か?
  • GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)とは?
  • Git CLIとGit GUIの比較

Gitとは何か?

Gitは、リーナス・トーバルズがLinuxカーネルの開発用に作成した分散型のバージョン管理システムです。

プログラムのソースコードなどの変更履歴を効率的に管理し、コードの変更やバージョン間の差分を追跡できます。。

その強力な機能性とスケーラビリティから、世界中のソフトウェア開発者に広く利用されています。

GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)とは?

GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)は、ユーザーが直感的に操作できるグラフィカルなインターフェースのことを指します。

マウスやタッチパネルなどの入力デバイスを用いて、ウィンドウやアイコン、メニューなどを操作すること。

画面で操作するだけで、コンピュータプログラムの機能を利用できます。

Git CLIとGit GUIの比較

Gitはもともとコマンドラインインターフェース(CLI)として開発されましたが、ユーザーフレンドリーな操作を可能にするために、多くのGUIクライアントが開発されています。

CLIは全てのGit機能を利用することができますが、操作にはコマンドの知識が必要です。

一方GUIは直感的な操作が可能で、ビジュアル化された情報により、プロジェクトの状態を理解しやすいというメリットがあります。

GitをGUIで操作するメリット

こちらでは、「GitをGUIで操作するメリット」についてお伝えしていきます。

  • GUIを利用する理由とその日常的な使用場面
  • ビジュアル化による操作の容易さ

GUIを利用する理由とその日常的な使用場面

GitのGUIクライアントを利用する最大の理由は、その直感的な操作性と視覚的な情報表示です。

コマンドラインでの操作は一見複雑で難解に見えるものでも、GUIを通じてビジュアルに操作をおこなえば、Gitの操作がより理解しやすくなります。

とくに、ブランチの切り替えやマージ、コミット履歴の確認など日常的に行う操作は、その視覚的な表現からプロジェクトの状態を即座に把握可能です。

ビジュアル化による操作の容易さ

Git GUIでは、コマンドラインではテキストベースで表現される情報がグラフィカルに表示されます。

ブランチの分岐やマージの状態を一目で理解することができ、より複雑な操作を簡単におこなえるのです。

またファイルの変更状況やステージングエリアの状態など、細かい部分も視覚的に把握しやすくなります。

Git向けの主要なGUIクライアントツール紹介

こちらでは、「Git向けの主要なGUIクライアントツール紹介」についてお伝えしていきます。

  • GitGUI: 初心者向けの簡易性と使いやすさ
  • Sourcetree: 高機能性と拡張性の魅力
  • GitKraken: クロスプラットフォームな環境の特徴

GitGUI: 初心者向けの簡易性と使いやすさ

GitGUIは、Gitの公式により開発されているGUIクライアントで、Gitの基本的な機能を網羅しています。

GitGUIの操作は直感的であり、コマンドラインを用いずにGitの主要な操作が可能です。

初心者がGitを学び始めるにあたり、低い学習コストでGitの基本的な操作を理解できることが最大の特徴と言えるでしょう。

OS問わずに無料で使えます。

とくにLinux利用者には、貴重なGitのGUIクライアントツールです。

ただし2023年現在では、pull機能がついていませんので、fetch & mergeを自身でおこなわなければなりません。

Sourcetree: 高機能性と拡張性の魅力

Sourcetreeは、Atlassian社により開発されたフリーのGit GUIクライアントです。

強力な機能性と拡張性を持ち、大規模なプロジェクトでの利用に適しています。

SourcetreeはGitの全ての機能をカバーしており、それらを直感的に操作することが可能です。

  • ブランチの視覚化
  • 高度なコミット検索
  • 対話型のリベース操作

機能面はもちろん、UIもわかりやすいので、とても使いやすいです。

GitKraken: クロスプラットフォームな環境の特徴

GitKrakenは、Windows、Mac、Linuxの全ての主要なプラットフォームで動作する高性能なGit GUIクライアントです。

美しいデザインと直感的なユーザーインターフェースを備えており、ユーザーエクスペリエンスに優れています。

また、複数のリポジトリを同時に管理したり、diffビューで変更を直感的に把握したりが可能です。

料金などは、こちらをご覧ください。

Git GUIの基本的な操作方法

こちらでは、「Git GUIの基本的な操作方法」についてお伝えしていきます。

「Git GUIの基本的な操作方法」について知ることのメリットを伝える

  • リポジトリの新規作成
  • ステージングエリアへの追加
  • コミットの実行
  • 履歴表示の方法

リポジトリの新規作成

Git GUIクライアントを使用すると、新しいリポジトリを作成するのがとても簡単です。

具体的には、”New Repository”ボタンをクリックし、リポジトリ名と保存場所を指定するだけ。

また、既存のリポジトリを開く場合も、”Open Repository”ボタンをクリックして、リポジトリのあるディレクトリを指定します。

無料のGit GUIでは、ターミナル上で、ローカルリポジトリのディレクトリへ移動し、git guiと入力しましょう。

ステージングエリアへの追加

変更したファイルをステージングエリアに追加するには、GUIのファイルブラウザから、対象ファイルを選択します。

選択後に、以下のようなボタンを操作してください。

  • 変更をコミット予定に入れる
  • インデックス

これにより、選択したファイルはステージングエリアに移動し、次回のコミットで追跡されます。

表記はツールにより、異なります。

コミットの実行

コミットをおこなうには、コミットメッセージを入力しましょう。

これは変更の概要や意図を記述するためのメッセージです。

GUIツールのメリットとして、広いコメント欄です。

あとで見返したときに理解できるよう、できるだけ詳しく書くことをおすすめします。

“Commit”ボタンをクリックすると、ステージングエリアに追加された変更とメッセージが、新しいコミットとして記録されます。

履歴表示の方法

コミット履歴は、GUIの中心部にタイムラインとして表示されます。

各コミットは、おこなった操作とその時間、コミットメッセージを一緒に表示します。

これにより、プロジェクトの変更履歴を一目で確認できるのです。

より深い理解のための追加情報

こちらでは、「より深い理解のための追加情報」についてお伝えします。

  • Gitの詳細な情報源
  • GUIの先進的な使い方と応用例

Gitの詳細な情報源

Gitを使いこなすためには、GUIツールだけでなく、Git自体の詳細な知識が必要です。

Gitの公式ドキュメンテーションやPro Git(無料のオンライン書籍)は、Gitの概念と操作を深く理解するための素晴らしい情報源です。

また当サイトでもできる限りわかりやすく、さまざまなGitについての記事を公開しています。

Gitの基本まとめ|初心者でも必ずマスターできる
Git/GitHubについて学びたいですか?当サイトでは、現役エンジニアが実体験を元にGitのポイントを丁寧に解説。実際のコマンドなど手を動かしながら学べるので、Git初心者必見です。

参考になれば幸いです。

GUIの先進的な使い方と応用例

Git GUIクライアントは基本的なGitの操作だけでなく、ブランチの視覚化やdiffの詳細表示などの高度な機能も備えています。

これらの機能を活用することで、より効率的に作業を進めることが可能です。

また、GitKrakenのようにGitHubやGitLabと連携する機能を持つGUIクライアントもあり、プルリクエストの作成やマージ、イシュートラッキングなどの操作をGUIから直接おこなえます。

まとめ

当記事では、Git GUIについて学習してきました。

Git GUIは、Gitの操作を視覚化し、直感的に理解するための強力なツールです。

コマンドライン操作に慣れるまでの間、または、複雑なブランチ操作やdiffの確認などの場合に、GUIツールは大いに役立ちます。

当記事で紹介した各種GUIクライアントの特性を理解し、自分の作業スタイルやプロジェクトの性質に合ったものを選び、活用していきましょう。

それぞれのGUIクライアントが提供する先進的な機能もぜひ活用し、より効率的な開発ワークフローを目指してください。

タイトルとURLをコピーしました