キャッシュとは?その活用場面や具体例と一緒にわかりやすく解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は以下のような方を対象に書かれています

「キャッシュって何だろう?」
「キャッシュの正しい使い方を知りたい」
「キャッシュの具体的な活用例が見たい」

✔当記事でお伝えする内容

  • キャッシュの基本概念
  • キャッシュの使い方とその応用方法
  • キャッシュの実践事例

当記事では、キャッシュの基本から応用テクニックまで、実際に使える例を交えて詳細に解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

キャッシュとは何か

こちらでは、「キャッシュ」についてお伝えしていきます。

キャッシュの基本的な概念はもちろん、キャッシュとCookieの違いについて見ていきましょう。

  • キャッシュの定義と役割
  • キャッシュとCookieの違い

キャッシュの定義と役割

キャッシュは、コンピューターの性能を向上させるために使用される一時的なデータ保存領域です。

頻繁に使用されるデータやプロセス結果を高速にアクセスできる領域に保存することで、再計算や再取得の手間を省き、パフォーマンスを向上させます。

例えばWebブラウザのキャッシュでは、一度訪れたウェブページの内容がローカルに保存され、次回そのページを訪れる際には高速に表示されるものです。

キャッシュとCookieの違い

キャッシュとCookieは両方ともローカルストレージの一部ですが、異なる目的で使用されます。

  • キャッシュ:ウェブページの読み込み速度を向上させるためにページデータを一時保存
  • Cookie:ウェブサイトがユーザーの設定やログイン情報などを保存

Cookieは通常、小さなテキストファイルとして保存され、ユーザーのブラウジング習慣や設定を追跡するのに役立ちます。

キャッシュのメリットとデメリット

キャッシュのメリットとデメリットについて解説します。

  • キャッシュのメリット
  • キャッシュのデメリット

キャッシュのメリット

キャッシュの主なメリットはこちらです。

  • 高速なページ読み込み
  • 通信量の節約

高速なページ読み込み

キャッシュの主なメリットのひとつは、ウェブページの読み込み速度を大幅に向上させること。

キャッシュされたデータはローカルに保存されるため、サーバーからデータを取得するよりもはるかに高速です。

キャッシュにより、ユーザーはウェブページの読み込み時間を大幅に短縮できます。

通信量の節約

またキャッシュを利用すると、インターネットの通信量を節約できます。

なぜならページを閲覧するために、何度も同じデータをダウンロードする必要がなくなるからです。

これは特にデータ使用量に制限がある場合や、移動中にモバイルデータを使用している場合に役立ちます。

キャッシュのデメリット

キャッシュのデメリットもご覧ください。

キャッシュにはメリットだけがあるわけではありません。

  • 古い情報が表示されるケース
  • 端末の動作速度低下の可能性

古い情報が表示されるケース

キャッシュのデメリットのひとつとして、古い情報が表示される可能性があります。

キャッシュは定期的に更新されますが、次の更新より前に、ウェブページの内容が変更される場合もあるからです。

これは、とくにニュースサイトや頻繁に更新されるウェブサイトを閲覧する際に問題となる可能性があります。

端末の動作速度低下の可能性

キャッシュを利用することで、端末の動作速度が低下する可能性があります。

なぜならキャッシュは、端末のストレージを使用するので、大量のキャッシュにより、ストレージの空き容量が少なくなるから。

キャッシュの管理と定期的な削除がとても重要です。

キャッシュ対策: デメリットを解消する方法

キャッシュのデメリットを解消する方法を詳しく解説します。

  • スーパーリロードの実行
  • キャッシュ容量の上限設定
  • キャッシュクリアの手順

スーパーリロードの実行

古い情報が表示される問題を解決する方法として、スーパーリロード(強制リロード)があります。

この操作により、ブラウザはキャッシュを無視してウェブサイトから最新の情報を取得します。

スーパーリロードは、大抵のブラウザでは「Ctrl」または「Shift」キーを押しながらリロードボタンをクリックすることでおこなえます。

Google Chromeでは、shift + ctrl + rキーでスーパーリロードも可能です。

キャッシュ容量の上限設定

キャッシュが端末のストレージを圧迫するのを防ぐために、キャッシュの上限を設定することが可能です。

多くのブラウザでは、ユーザーがキャッシュの最大容量を指定できます。

キャッシュが指定された上限を超えた場合、古いキャッシュが自動的に削除されて、新しいキャッシュが保存される仕組みです。

キャッシュクリアの手順

キャッシュを定期的にクリアすることも、キャッシュが端末のパフォーマンスを低下させるのを防ぐ効果的な方法です。

ブラウザの設定メニューから「キャッシュの削除」や「履歴の削除」を選びましょう。

簡単にキャッシュをクリアできます。

ただしキャッシュを削除すると、一時的にページの読み込みが遅くなることもありますので、その点を理解しておくことが重要です。

Androidキャッシュに関する疑問解決

こちらでは、Androidデバイスに関するキャッシュの疑問とその解決策についてお伝えします。

  • キャッシュ放置の影響
  • キャッシュ削除のメリット
  • キャッシュ削除の方法

キャッシュ放置の影響

Androidデバイスにおいて、キャッシュを放置し続けると、新たなデータを保存できなくなる可能性があります。

なぜならデバイスのストレージが満杯になってしまうからです。

キャッシュが蓄積により、デバイスの動作が遅くなることも頭に入れておきましょう。

キャッシュ削除のメリット

キャッシュを削除することで、デバイスのストレージ空間を節約し、動作速度を改善できます。

特に以下のような場面では、キャッシュの削除が有効な解決策となることがあります。

  • アプリが正常に動作しない場合
  • アプリの表示情報が古いまま更新されない場合

キャッシュ削除の方法

キャッシュの削除方法をご覧ください。

どのように削除をしたいのかで、その方法は異なります。

  • 一括削除
  • アプリ別削除
  • 専用アプリでの削除

一括削除

Androidデバイスでは、設定から、全アプリのキャッシュを一度に削除できます。

設定 > ストレージ > キャッシュデータ

最後に「OK」をタップすれば全てのキャッシュが削除されます。

アプリ別削除

個々のアプリに対してキャッシュを削除することも可能です。

  1. 設定 > アプリケーション > アプリケーション名と進む
  2. 「ストレージ」を選択後、「キャッシュをクリア」をタップ

アプリのキャッシュが削除されます。

専用アプリでの削除

キャッシュの削除に特化した専用アプリを使用することで、容易にキャッシュを削除可能です。

Google Play Storeには多数のキャッシュクリーナーアプリが存在し、その多くが無料で提供されています。

キャッシュ削除時の注意点

キャッシュを削除する際の注意点をお伝えします。

  • アプリの起動状況確認
  • キャッシュ削除の必要性チェック
  • チャットログ消失のリスク

アプリの起動状況確認

キャッシュを削除する前に、対象のアプリが起動していないことを確認しましょう。

アプリが起動している状態でキャッシュを削除すると、アプリの動作に影響を与える可能性があるからです。

キャッシュ削除の必要性チェック

キャッシュを削除すると、一時的にアプリの起動が遅くなる場合があります。

とくに現状で問題がない場合は、キャッシュを削除する必要はありません。

チャットログ消失のリスク

一部のアプリでは、キャッシュにチャットログや一時的なデータを保存する場合があります。

キャッシュを削除すると、これらの情報も同時に消失する可能性があるため、注意が必要です。

まとめ

当記事では、キャッシュとは何かについて学びました。

  • キャッシュの活用方法とメリット・デメリット
  • Androidキャッシュに関する疑問解決
  • キャッシュ削除時の注意点

キャッシュの管理は、端末のパフォーマンスを維持するために重要です。

古い情報が表示される問題は、スーパーリロードにより解消できます。

またキャッシュの上限を設定することでストレージの圧迫を防ぎ、定期的なキャッシュクリアにより端末の動作速度を維持できます。

この知識を活かし、快適なデバイス使用を続けていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました