JavaScriptで文字列を結合する方法|実例から注意点まで解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年12月)

✔このような方へ向けて構築された記事です

「JavaScriptで文字列の結合方法は何だろう?」

「JavaScriptでの文字列結合の書き方をマスターしたい」

「文章の結合に関するJavaScriptの具体的な例を参照したい」

✔当記事を通じて得ることができる知識

  • JavaScriptでの文字列の結合の基本
  • JavaScriptを使用した文字列結合の手法とその応用
  • 文字列結合の関連するJavaScriptの具体例

当記事では、JavaScriptを使用した文字列結合の基本的な方法から、さらに応用的な手段についてまで、具体的な例を挙げながら、詳細に解説しています。

ぜひ最後までお読みいただき、JavaScriptでの文字列結合のマスタリーを目指してください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

序章: JavaScriptと文字列結合の基本

こちらでは、JavaScriptの基礎と文字列結合に関して触れていきます。

JavaScriptの文字列結合についての理解は、効率的なコードの記述やデータの処理に役立つでしょう。

  • JavaScriptの語源とその意義
  • 文字列とは何か?基本的な説明

JavaScriptの語源とその意義

JavaScriptは、ウェブページに動的な要素を追加するためのスクリプト言語です。

名称の「Java」とは関連性が低く、誤解を生むことがあります。

実際、JavaScriptは「ECMAScript」という仕様に基づいて開発されている言語。

この言語を理解することで、ウェブの動的表現が手に入ります。

文字列とは何か?基本的な説明

文字列とは、0文字以上の文字の連続を意味します。

JavaScriptにおける文字列は、シングルクオート(‘ ‘)やダブルクオート(” “)、バックティック()で囲まれることで定義されます。

let str1 = 'Hello';
let str2 = "World";
let str3 = `Hello, World!`;

JavaScriptで文字列を連結する方法

文字列の連結は、JavaScriptの基本的な操作のひとつです。

正確な方法で文字列を連結することで、データの整形や出力をスムーズにおこなえます。

  • プラス演算子による文字列連結
  • 接続順序の理解と注意事項

プラス演算子による文字列連結

JavaScriptでは、+ 演算子を使用して簡単に文字列を連結できます。

let greeting = "Hello, " + "World!";
console.log(greeting); // Hello, World!

しかし、異なる型のデータを連結するときは注意が必要です。

接続順序の理解と注意事項

文字列の連結は、左から順におこなわれます

しかし、数値と文字列が混在している場合、意図しない結果になることがあるので注意しましょう。

console.log("3" + 4 + 5);  // "345"
console.log(3 + 4 + "5");  // "75"

上記の例では、演算の順序によって結果が変わるため、連結の際は型に注意する必要があります。


JavaScriptの配列のjoinメソッドを用いた文字列結合

配列の要素を効率的に文字列として連結するために、JavaScriptのjoinメソッドは非常に有用です。

この方法を習得することで、配列データの変換や表示を効率的におこなえるでしょう。

  • joinメソッドの利用法
  • joinメソッドの引数とその効果

joinメソッドの利用法

joinメソッドは、配列のすべての要素を連結してひとつの文字列を生成します。

let fruits = ["apple", "banana", "cherry"];
let result = fruits.join(", ");
console.log(result); // "apple, banana, cherry"

joinメソッドを使用すると、配列の要素が指定したセパレータで連結されます。

joinメソッドの引数とその効果

joinメソッドは、オプショナルなセパレータを引数として受け取れるもの。

セパレータを指定しない場合、デフォルトではカンマ(,)が指定されます。

let animals = ["dog", "cat", "bird"];
console.log(animals.join());     // "dog,cat,bird"
console.log(animals.join(" "));  // "dog cat bird"
console.log(animals.join("-"));  // "dog-cat-bird"

concatメソッドを使った文字列結合

concatメソッドを使用すると、複数の文字列を一度に連結できます。

let strA = "Hello";
let strB = "World";
let combined = strA.concat(" ", strB, "!");
console.log(combined); // "Hello World!"

concatメソッドは非破壊的で、元の文字列を変更せずに新しい文字列を返します。

テンプレートを使った変数の文字列結合

テンプレートリテラルを使うと、数値や変数を直接文字列内に埋め込めます。

`通常の文字列と${埋め込みたい変数}で構成できます`

バッククォート(`)を使用して文字列を定義しましょう。

let age = 25;
let message = `I am ${age} years old.`;
console.log(message); // "I am 25 years old."

ただし、数値と文字列を連結する際には、意図しない型変換がおこなわれないよう注意が必要です。

テンプレートリテラルを用いると、このような問題を避けられます。

まとめ

当記事では、以下のような、さまざまな文字列結合の方法をお伝えしました。

  • プラス演算子
  • joinメソッド
  • concatメソッド
  • テンプレートリテラル

それぞれの方法には利点と欠点があるため、使用するシチュエーションに応じて適切な方法の選択が大切です。

文字列結合の際に、特に数値と文字列を混在させる場合には、意図しない型変換に注意する必要があります。

また、大量の文字列を連結する場面では、パフォーマンスの観点からも適切な方法を選択することが求められます。

タイトルとURLをコピーしました