JavaScriptにおけるconsole.logの使い方|初心者向け

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年12月)

✔以下のような方に向けて書かれています

「JavaScriptのconsole.logが何をするものなのかを知りたい」

「console.logの使用方法を探している」

「console.logの具体的な使用例を見てみたい」

✔当記事を通じてお伝えする内容

  • JavaScriptのconsole.logの基本概念
  • console.logの使い方とその応用方法
  • console.logを用いた実際の例

当記事では、javascriptのconsole.logの基本的な理解から、そのオプションを駆使した高度な活用法まで、実例を交えてわかりやすく説明して参ります。

ぜひ最後までお読みいただき、console.logの可能性を最大限に引き出すための知識を得てください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptとconsole.logとは?

こちらでは、JavaScriptとconsole.logについての基本情報をお伝えしていきます。

これにより、JavaScriptのデバッグ作業がより簡単になるでしょう。

  • JavaScriptの基本情報
  • console.logの基本的な定義と役割

JavaScriptの基本情報

JavaScriptは、ウェブページに動的なインタラクションを追加するためのプログラミング言語です。

特徴は以下のとおり。

  • Webブラウザの中で実行され、ページの読み込み後もユーザーと対話できる
  • Node.jsのような環境を利用することで、サーバーサイドでも使える

console.logの基本的な定義と役割

console.log()は、JavaScriptで最も一般的に使用されるデバッグツールのひとつです。

このメソッドを使用すると、ブラウザのコンソールに任意の情報を出力できます。

変数の値や処理の流れなどをリアルタイムで確認できるため、コードの動作確認やエラーの原因特定に役立つでしょう。

console.logの基本要素

こちらでは、console.logの基本的な構造と使用法について説明します。

効果的なデバッグがおこなえるでしょう。

  • console.logの構文と引数
  • console.logの返り値

console.logの構文と引数

console.log()メソッドは、ひとつ以上の引数を受け取り、それらの引数をコンソールに出力します。

let name = "Alice";
console.log(name);  // Alice

複数の引数を使って、複数の情報を同時に出力することも可能です。

let age = 28;
console.log(name, age);  // Alice 28

console.logの返り値

console.log()自体の返り値はundefinedで、console.log()の結果を変数に代入すると、その変数の値はundefinedとなります。

この性質は、console.log()が情報の表示に特化しており、その結果を計算や操作に利用するものではないということです。

let result = console.log(name);
console.log(result);  // undefined

実践的なconsole.logの使い方

こちらでは、実際のコード内でconsole.logをどのように活用するかを学びます。

これにより、より高度なデバッグや情報の取得が可能になるでしょう。

  • オブジェクトのログ出力
  • 複数のオブジェクトを同時に出力する方法
  • 文字列の置換を利用したログの出力方法

オブジェクトのログ出力

console.logを使用してオブジェクトの内容を簡単に確認できます。

let person = {name: "Bob", age: 30};
console.log(person);  // {name: "Bob", age: 30}

複数のオブジェクトを同時に出力する方法

複数のオブジェクトや配列を一度にログ出力することが可能です。

let person1 = {name: "Alice", age: 28};
let person2 = {name: "Bob", age: 30};
console.log(person1, person2);  // {name: "Alice", age: 28} {name: "Bob", age: 30}

文字列の置換を利用したログの出力方法

console.log内で文字列の置換を行うことで、特定の形式で情報を出力できます。

これはとくに、変数の値を含んだメッセージを出力したい場合に役立つでしょう。

let age = 28;
console.log("Alice is %d years old.", age);  // "Alice is 28 years old."

この方法で、%d%sなどのプレースホルダを使用して、数値や文字列を埋め込めます。

具体的には、オブジェクトを参照するためのプレースホルダとして機能します。

  • %dは数値
  • %sは文字列

以下が例です。

let name = "Alice";
let age = 28;
console.log("%s is %d years old.", name, age);  // "Alice is 28 years old."

ログのカスタマイズ:CSSを使用した方法

ブラウザのコンソールでは、console.logで出力される文字列にCSSスタイルを適用できます。

この機能を利用することで、重要なログを目立たせたり、情報ごとに色分けすることが可能です。

console.log("%cThis is a styled log!", "color: red; font-size: 20px;");

“This is a styled log!”という文字列を赤色の大きな文字でコンソールに出力します。

console.logを用いたデバッグ方法

こちらでは、console.logを使用してエラーやバグを特定、解決する方法を探求します。

効果的なデバッグの技術を身につけることで、開発の効率と品質を向上させられるでしょう。

  • エラーコードの解析と修正例
  • 効果的なconsole.logの利用法

エラーコードの解析と修正例

プログラム中にエラーが発生した際、console.logはエラーの原因や位置を特定するのに非常に役立ちます

例えば、次のようなエラーが発生した場合には、TypeErrorを引き起こします。

let obj = null;
console.log(obj.property);

このエラーの原因を特定するためには、該当するオブジェクトの内容をログに出力して確認すると良いでしょう。

console.log(obj);

効果的なconsole.logの利用法

エラーが発生した際、その前後で何が起こっているのかを知ることはデバッグの鍵です。

そのため、エラーの直前や直後にconsole.logを配置することで、エラーの原因や影響を追跡できます。

また、処理の途中結果や変数の変化を頻繁にログに出力することで、予期しない動作やバグの原因を迅速に特定できるでしょう。

console.logのベストプラクティス

こちらでは、console.logを最も効果的に使用するためのベストプラクティスを紹介します。

正しいログ出力のテクニックを学ぶことで、デバッグの効率が向上し、コードの品質も高まるでしょう。

  • ログの分類
  • 不要なログの削除
  • グルーピング
  • 計測ツールとしての使用

ログの分類

エラー、情報、警告など、ログの種類によって以下を使い分けましょう。

  • console.error()
  • console.info()
  • console.warn()

ログの重要性や種類を視覚的に判断しやすくなります。

不要なログの削除

コードから不要なconsole.logは定期的に削除しましょう。

これにより、コードがスッキリし、他の開発者がコードを読みやすくなります。

グルーピング

console.group()console.groupEnd()を使用して関連するログをグループ化し、読みやすくまとめることが可能。

console.group('User Details');
console.log('Name: Alice');
console.log('Age: 30');
console.groupEnd();

計測ツールとしての使用

console.time()console.timeEnd()を使って、特定の処理にかかる時間を計測できます。

これは、パフォーマンスのボトルネックを探る際に非常に役立つはず。

console.time('Array processing');
// 何らかの処理
console.timeEnd('Array processing');

まとめ

当記事では、JavaScriptのconsole.logについて学習してきました。

こちらでは、console.logを使った効果的なデバッグのコツを提供します。

  • console.logはJavaScriptのデバッグにおいて重要なツール
  • 構文や引数の使い方、文字列の置換機能など、さまざまな特性を持つ
  • CSSスタイルを適用することで、ログの視認性を向上させられる
  • エラーコードの解析やベストプラクティスを学ぶことで、より効果的なデバッグがおこなえる
  • 定期的な練習と実際の使用を通じて、これらのテクニックを習得することが重要

日々の開発に役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました