JavaScriptのフレームワーク4選|基本からライブラリとの違いも解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年11月)

✔以下のような読者のために書かれています

「Javascriptフレームワークの魅力を探求したい」
「異なるJavascriptフレームワークの使用方法を学びたい」
「具体的なJavascriptフレームワークの導入例を見つけたい」

✔当記事を通じて伝達する内容

  • Javascriptフレームワークの重要性
  • Javascriptフレームワークの使い方とその応用
  • Javascriptフレームワークの具体的な実装例

当記事はJavascriptフレームワークの基本概念から、何種類かのフレームワークでの具体的な使い方まで、詳細にわたり解説しています。

ぜひ、最後まで一緒に学んでいきましょう。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロダクトマネージャー

【副業】ブログ(月間17万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

「プログラミング × ライティング × 営業」の経験を活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptフレームワークの基礎知識

こちらでは、JavaScriptフレームワークの基礎知識についてお伝えしていきます。

フレームワークの基礎を理解することで、効率的な開発が可能です。

  • フレームワークの基本概念とライブラリとの違い
  • フレームワークとツールの比較

フレームワークの基本概念とライブラリとの違い

フレームワークは、特定の問題を解決するための既存のコードの集合体です。

ライブラリとは異なるのは、フレームワークが原則「制御の反転」に基づいていること。

プログラマーの書いたコードで主体的に全てを制御するのではなく、フレームワークがその制御を担うのです。

つまり、フレームワークが基本的なプログラムの流れを決め、プログラマーはその中で特定の部分にコードを書くことになります。

  • ライブラリ例:jQuery
  • フレームワーク例:ReactやAngular

フレームワークとツールの比較

フレームワークとツールは、それぞれ以下のような意味をもちます。

  • フレームワーク:アプリケーションの骨組みを提供する
  • ツール:特定のタスクを助ける

例として、WebpackやBabelはJavaScriptのツールとして使用され、ReactやVueはフレームワークとして使用されます。

なぜJavaScriptフレームワークを使用するの?

JavaScriptフレームワークを使用する理由について詳しく解説します。

フレームワークを使用することで、開発速度の向上や保守性の向上などのメリットが得られるのです。

  • JavaScriptフレームワークのメリット
  • JavaScriptフレームワークのデメリット

JavaScriptフレームワークのメリット

JavaScriptフレームワークを使用すると、コードの再利用性が向上し、開発速度が速くなります。

また、多くのフレームワークにはコミュニティがあり、トラブルシューティングや新しい機能の追加が容易になります。

例えば、Reactのコンポーネントベースのアーキテクチャは、再利用可能なUI部品を作成するのに役立ちます。

JavaScriptフレームワークのデメリット

一方で、フレームワークを使用すると、学習コストがかかることや、フレームワーク特有の制約に縛られることがあります。

また、不要な機能が多いフレームワークを選ぶと、パフォーマンスに影響することもあるでしょう。

個々のJavaScriptフレームワーク解説

JavaScriptフレームワークは多種多様です。

ここでは、主要なフレームワークの特性と使用シーンについて解説します。

  • Reactの特性と使用シーン
  • Angularの特性と使用シーン
  • Vueの特性と使用シーン
  • jQueryの特性と使用シーン
  • Backboneの特性と使用シーン

Reactの特性と使用シーン

ReactはFacebookが開発したUIライブラリで、コンポーネントベースのアーキテクチャを持っています。

function Welcome(props) {
  return <h1>Hello, {props.name}</h1>;
}

上記はReactの基本的なコンポーネントの例です。

ReactはSPA(Single Page Application)の開発や、動的なUIの構築に適しています。

Angularの特性と使用シーン

AngularはGoogleが開発したフルスタックフレームワークで、TypeScriptをベースとしています。

@Component({
  selector: 'app-root',
  template: `<h1>Hello {{name}}</h1>`
})
export class AppComponent {
  name = 'Angular';
}

Angularは大規模なアプリケーションやエンタープライズレベルのプロジェクトに適しています。

Vueの特性と使用シーン

VueはEvan Youによって開発されたプログレッシブフレームワークです。

new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    message: 'Hello Vue!'
  }
})

Vueはシンプルで学びやすく、中規模のプロジェクトや初心者にも適しています。

jQueryの特性と使用シーン

jQueryは軽量なJavaScriptライブラリで、DOM操作を簡単におこなえます。

$(document).ready(function(){
  $("p").click(function(){
    $(this).hide();
  });
});

jQueryは既存のウェブサイトに動的な要素を追加する際や、ブラウザ間の互換性を確保するために使用されます。

Backboneの特性と使用シーン

Backboneは軽量なMVCフレームワークで、RESTful JSONインターフェースとの統合が容易です。

var Document = Backbone.Model.extend({
  defaults: {
    title: 'Untitled'
  }
});

Backboneはシンプルなウェブアプリケーションや、既存のサーバー技術との統合を目指すプロジェクトに適しています。

現在人気のJavaScriptフレームワーク

ウェブ開発の世界は日々進化しており、新しいフレームワークやライブラリが登場しています。

ここでは、現在のトレンドとして注目されているJavaScriptフレームワークについて見ていきましょう。。

React、Vue、Angularは現在の主要なフレームワークとして広く採用されています。

// React
const element = <h1>Hello, world!</h1>;

// Vue
var app = new Vue({
  el: '#app',
  data: {
    message: 'Hello Vue!'
  }
});

// Angular
@Component({
  selector: 'app-root',
  template: `<h1>Hello {{name}}</h1>`
})
  • React:コンポーネントベースの開発が特徴で、FacebookやInstagramなどの大手企業で採用
  • Vue:学習曲線が緩やかで、中小規模のプロジェクトに適している
  • Angular:大規模なアプリケーション開発に強く、Googleがバックアップ

JavaScriptフレームワーク選択と学習のススメ

多くのフレームワークが存在する中、どれを学ぶべきか迷うことは自然です。

ここでは、フレームワークの選択方法と効果的な学習方法について解説します。

  • 自分に合ったフレームワークの選び方
  • JavaScriptフレームワークの効果的な学習方法

自分に合ったフレームワークの選び方

フレームワークを選ぶ際は、以下などを考慮すると良いでしょう。

  • プロジェクトの規模や目的
  • 学習曲線
  • コミュニティの活発さ

例えば、小規模なプロジェクトであればVueやReactが、大規模なエンタープライズ向けのプロジェクトであればAngularが適しています。

JavaScriptフレームワークの効果的な学習方法

フレームワークを学ぶ際は、公式ドキュメントを始めとした信頼性の高い情報源を参考にすることが重要です。

また、実際に手を動かして小さなプロジェクトを作成することで、理解を深められます。

// Reactの学習時には、公式チュートリアルを参考にTodoアプリを作成すると良い
class TodoApp extends React.Component {
  // ...
}

まとめ

当記事では、JavaScriptフレームワークの選択から学習方法までのステップについて学習してきました。

フレームワークは開発の効率を大きく向上させるツールです。

しかし、その効果を最大限に引き出すためには、正しい選択と継続的な学習が必要です。

今後は、自分のニーズに合わせてフレームワークを選び、深く学び、実際のプロジェクトでの適用を目指してください。

タイトルとURLをコピーしました