PythonのGlobal変数を正しく使おう|実例付きで解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年12月)

✔当記事は以下の疑問をお持ちの方に向けて作成されています

「Pythonのglobal変数ってどういうもの?」
「Python globalの使い方を知りたい」
「Python globalの活用例について学びたい」

✔当記事で取り上げる内容は

  • Pythonのglobal変数の概要
  • Python globalの正しい知識と使い方
  • Python globalの実践的な利用例

当記事では、Python globalの基本的な理解から、事例を基にした応用まで詳細に説明します。

終わりまでじっくりとお読みいただくことで、Python globalの専門的知識が得られるでしょう。

どうぞお楽しみに。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Pythonと”global”の基本

こちらでは、Pythonと”global”の基本についてお伝えしていきます。

Pythonの魅力と特徴を理解し、変数スコープの基本理解を深めた上で、”global”の役割を探求します。

  • Pythonの魅力と特徴
  • Pythonの変数スコープの基本理解
  • “Python Global”の役割

Pythonの魅力と特徴

Pythonはそのシンプルで直感的な文法と、豊富なライブラリを持つ高レベルなプログラミング言語です。

これらの特性により、初学者でも容易に学習でき、一方で経験豊富なプログラマーも複雑な問題解決に役立てられます。

例えば、Pythonはデータ分析、機械学習、ウェブ開発といった様々な領域で使用されており、その汎用性は高い評価を受けています。

Pythonの変数スコープの基本理解

変数スコープとは、変数が参照可能な範囲のことです。

Pythonでは、変数は定義された位置やコンテキストによってそのスコープが決定されます。

基本的には、関数内で定義された変数はローカル変数となり、関数外で定義された変数はグローバル変数となります。

これらの理解は、Pythonプログラムを適切に制御するために必要不可欠です。

“Python Global”の役割

Pythonにおける”global”とは、関数内からグローバル変数を参照したり変更したりするためのキーワードです。

基本的に、関数内で新たに定義される変数はその関数内でしか参照できないローカル変数となりますが、”global”キーワードを使うことで、関数内からグローバル変数を扱うことが可能となります。

“Python Global”の真実

こちらでは、PythonのGlobalについて深堀りしていきます。

‘global’キーワードの詳細な解説とそのメリットを理解することで、Pythonの変数スコープをさらに理解しましょう。

  • ‘global’キーワードの解説
  • ‘global’キーワードのメリット

‘global’キーワードの解説

Pythonにおける’global’キーワードは、関数内でグローバル変数を扱うために使用されるもの。

通常、関数内で変数を定義すると、その変数はローカルスコープ(つまり、その関数内)でのみ存在します。

しかし、’global’キーワードを用いて変数を定義すると、その変数はグローバルスコープ(つまり、プログラム全体からアクセス可能な範囲)で存在することになります。

‘global’キーワードのメリット

‘global’キーワードを使用する主なメリットは、変数のスコープをプログラム全体に拡大できることです。

これにより、複数の関数やモジュール間で共通の変数を持てます。

これは、大規模なプログラムを構築する際に有用です。

ただし、’global’キーワードは適切に使用する必要があり、過度な使用はプログラムの可読性や保守性を低下させる可能性があります。

Python変数スコープ解説

このセクションでは、Pythonの変数スコープについて詳しく説明します。

ローカル変数とグローバル変数の基本、そしてそれらの違いを理解することで、Pythonの変数スコープをより深く理解しましょう。

  • ローカル変数の基本
  • グローバル変数の基本
  • ローカルとグローバル:その違いと理解

ローカル変数の基本

ローカル変数とは、ある関数内で定義され、その関数内でのみ参照できる変数のこと

関数が呼び出されるたびに新しいローカル変数が作成され、関数が終了するとその変数は破棄されます。

これにより、同じ名前の変数を異なる関数内で使用することが可能になり、変数名の衝突を避けられるのです。

グローバル変数の基本

グローバル変数は、プログラム全体から参照できる変数のこと。

通常、プログラムの最上位レベルで定義され、すべての関数からアクセスできます

ただし、関数内からグローバル変数を更新するには、’global’キーワードの使用が必要です。

global 変数名

また、グローバル変数は常に存在するため、メモリの消費を注意しながら使用する必要があります。

ローカルとグローバル:その違いと理解

ローカル変数とグローバル変数の最大の違いは、そのスコープ、すなわち参照できる範囲です。

ローカル変数は関数内でのみ有効であり、関数が終了するとその存在も終了します。

一方、グローバル変数はプログラム全体からアクセスでき、プログラムが終了するまでその存在が続きます。

両者を適切に使い分けることで、コードの可読性と保守性を向上させられます。

“Python Global”の活用法

このセクションでは、”Python Global”の具体的な活用方法について探求します。

グローバル変数の作り方、関数内での活用法、そして’global’キーワードを使った変数の更新方法を理解することで、Pythonの変数スコープをより活用しましょう。

  • グローバル変数の作り方
  • 関数内でのグローバル変数の活用法
  • ‘global’キーワードを使った変数の更新方法
  • “Python Global”の実例と解説

グローバル変数の作り方

グローバル変数を作るには、プログラムの最上位レベル、つまりすべての関数の外部で変数を定義しましょう。

こうすることで、その変数はプログラム全体から参照可能なグローバル変数となります。

ただし、グローバル変数はプログラム全体からアクセス可能であるため、適切に管理しないと意図しない挙動を引き起こすので注意が必要です。

関数内でのグローバル変数の活用法

関数内でグローバル変数を使用するには、’global’キーワードを使います。

‘global’キーワードを使うと、関数内でもグローバル変数を参照し、更新することが可能です。

global 変数名

これにより、関数内でグローバル変数を読み書きできます。

‘global’キーワードを使った変数の更新方法

‘global’キーワードを使って関数内からグローバル変数を更新する方法は簡単です。

  1. 関数内で’global’キーワードを使い、次に更新したいグローバル変数の名前を記述する
  2. その変数に新たな値を割り当てることで、グローバル変数が更新される

この方法で、グローバル変数は関数が呼び出される度に更新され、その結果はプログラム全体で保持されます。

“Python Global”の実例と解説

実際のコード例を見てみましょう。

以下のコードは、’global’キーワードを使ってグローバル変数を関数内から更新する例です。

# グローバル変数の定義
num = 0

def increment():
    global num  # numをグローバル変数として宣言
    num += 1  # グローバル変数numを更新

increment()
print(num)  # 出力: 1
increment()
print(num)  # 出力: 2

このコードでは、’global’キーワードを使って関数increment内からグローバル変数numを更新しています。

関数incrementが呼び出される度に、グローバル変数numの値が1ずつ増え、その結果がプログラム全体で保持されます。

“Python Global”の落とし穴

次に、”Python Global”を活用する際のいくつかの注意点と、一般的に遭遇する可能性のあるエラーについて説明します。

注意点とエラーを理解することは、コードのバグを減らし、より効果的なコーディングを可能にするために重要です。

  • “Python Global”活用時の注意点
  • よくあるエラーとその対応法

“Python Global”活用時の注意点

グローバル変数はプログラム全体でアクセス可能であるため、適切に使用しないと混乱を招く可能性があります。

主には以下のような点で注意が必要です。

  • グローバル変数の変更はプログラム全体に影響する
  • グローバル変数が重複してしまい、名前が衝突する

したがって、グローバル変数は必要最低限に抑え、なるべくローカル変数を使用することが推奨されます。

もしグローバル変数を使用する必要がある場合は、そのスコープと寿命を明確に理解した上で、慎重に扱いましょう。

よくあるエラーとその対応法

Pythonでグローバル変数を扱う際には、いくつかの一般的なエラーに遭遇する可能性があります。

ここでは、その中でも特に一般的なものをいくつか紹介します。

未定義のグローバル変数を参照した場合のエラー

Pythonでは、変数を参照する前に必ず定義する必要があります。

グローバル変数も例外ではなく、使用する前に必ず初期化が必要です。

ローカル変数とグローバル変数の名前が衝突した場合のエラー

同じスコープ内で同じ名前のローカル変数とグローバル変数が存在すると、Pythonはどちらの変数を参照すべきか判断できなくなります。

この問題を避けるためには、グローバル変数の名前は一意であることを確認し、ローカル変数とグローバル変数の名前が衝突しないように注意しましょう。

globalステートメントが適切に使用されていない場合のエラー

globalステートメントは、グローバル変数をローカルスコープで使用したいときに使いますが、このステートメントがない場合、Pythonは変数をローカル変数として扱います。

その結果、変数への予期せぬ代入が行われ、エラーが発生する可能性があります。

これらのエラーを避けるためには、グローバル変数の使用を最小限に抑え、必要な場合にのみ使用することが重要です。

また、globalステートメントの使用についても理解しておくことが重要です。

まとめ

当記事では、Pythonの”global”という重要なキーワードについて学びました。

  • 基本的な役割から使用方法
  • Python変数スコープ解説
  • “Python Global”の活用法
  • “Python Global”の注意点

“global”キーワードの理解は、Pythonにおける変数スコープの理解という大きなテーマの一部を理解するための一歩でした。

Pythonの変数スコープという基本的な概念を理解し、”global”キーワードの活用方法を学ぶことで、より効果的なプログラミングが可能になります。

この理解を基に、より高度なトピック、例えばクラスとオブジェクト指向プログラミング、ライブラリとフレームワークの使用など、次なるPythonの学習を進めていきましょう。

最後に、学習は繰り返しのプロセスであり、新たな概念や方法を学ぶことで、それまでの理解が深まることもあります。

どんなに小さな進歩も、それが積み重なることで大きな成果を生むことを忘れないでください。

この知識があなたのPythonプログラミングの旅を豊かで有益なものにすることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました