【基本】Reactとは?Webアプリ例とともに基本を徹底的に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年6月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「Reactって何ができるのだろうか?」
「Reactの基本的な使い方を知りたい」
「Reactを使った実例が見たい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • Reactの概要
  • Reactの基本的な使い方やその応用
  • Reactを活用した実例

当記事では、Reactの基本概念から、さまざまなオプションを駆使した応用例まで、具体的な実例を交えてわかりやすく解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Reactとは?

こちらでは、「React」についてお伝えしていきます。Reactについて知ることのメリットを伝える

  • JavaScriptライブラリの概要
  • 注目される背景

JavaScriptライブラリの概要

Reactは、Facebookが開発したJavaScriptライブラリで、ユーザーインターフェイスの構築に用いられます。

ウェブページ上の動的な表示やユーザー操作への反応が良いのが特徴。

独自のコンポーネントシステムを有し、UIを再利用可能なパーツとして扱うことが可能です。

注目される背景

Reactが注目される背景には、その強力なパフォーマンスと開発効率の高さがあります。

Reactは仮想DOMを活用し、変更があった部分だけを効率的に更新できるのです。

また、開発者の生産性を向上させる豊富なツールセットを提供します。

ReactはFacebookとコミュニティによって活発に開発・メンテナンスがおこなわれており、安定性と進化の両面を兼ね備えています。

Reactの主要特徴

「Reactの主要特徴」について詳しく説明していきます。

Reactの特徴を理解することで、なぜそれがウェブ開発の現場で広く採用されているかを理解できます。

  • 宣言的なView
  • コンポーネントベース
  • 学んだ知識が幅広く活用できる
  • 仮想DOMによるパフォーマンス向上

宣言的なView

Reactの最も重要な特徴の一つは、宣言的なViewの作成が可能なことです。

これにより、アプリケーションの各状態に対応したUIを設計することが容易になり、コードは直感的で理解しやすくなります。

アプリケーションの状態が変化したときに、Reactは自動的に最も効率的な方法でUIを更新します。

import React, { useState } from 'react';

const ExampleComponent = () => {
  const [count, setCount] = useState(0);

  const incrementCount = () => {
    setCount(count + 1);
  };

  return (
    <div>
      <h1>Counter: {count}</h1>
      <button onClick={incrementCount}>Increment</button>
    </div>
  );
};

export default ExampleComponent;

コンポーネントベース

Reactはコンポーネントベースのライブラリです。

UIを、独立した再利用可能なパーツ(コンポーネント)に分割します。

大規模なウェブアプリケーションでもその各部分が理解しやすく、メンテナンスが容易になります。

以下がコンポーネントを活用する一例です。

import React from 'react';

// 子コンポーネント
const Message = ({ text }) => {
  return <p>{text}</p>;
};

// 親コンポーネントで、子コンポーネントを使います。
const App = () => {
  return (
    <div>
      <h1>Welcome to My App</h1>
      <Message text="Hello, React!" /> //子コンポーネント①
      <Message text="This is a sample message." /> //子コンポーネント②
    </div>
  );
};

export default App;

学んだ知識が幅広く活用できる

Reactを学ぶということは、汎用的なプログラミング概念を学ぶことでもあります。

Reactのコンポーネント思考や状態管理は、他の多くのライブラリやフレームワークでも役立つスキル。

React Nativeを使えば、Reactの知識を活用してモバイルアプリケーションを開発することも可能です。

仮想DOMによるパフォーマンス向上

Reactは仮想DOMを採用しており、これがReactのパフォーマンス向上に大きく貢献しています。

仮想DOMは、メモリ内に保持されるDOMの軽量なコピーのこと。

実際のDOMへの直接の操作を最小限に抑えられます。

これによりReactでは、UIの更新を非常に高速におこなえるのです。

Reactのメリットと活用事例

Reactのメリットと活用事例」について説明します。

具体的なメリットと事例を通じて、Reactがなぜ多くの開発者や企業に支持されているのかをご理解いただけるでしょう。

  • 高速なWebアプリケーション開発
  • SPAの構築が容易
  • React Nativeでネイティブスマホアプリが作れる
  • トレンドのUI開発がシンプルに

高速なWebアプリケーション開発

Reactを使うと、高パフォーマンスなシングルページアプリケーション(SPA)を素早く作成できます。

またコンポーネントの再利用することにより、UIの一部を繰り返し作成する必要がありません。

これにより、開発者はアプリケーションのビジネスロジックに集中できるのです。

SPAの構築が容易

Reactはシングルページアプリケーション(SPA)の開発を容易にします。

SPAは、ひとつのHTMLページで、必要なリソースを動的に読み込むウェブアプリケーションのこと。

ページのリロードなしにさまざまなコンテンツを表示できます。

これによりユーザーはスムーズな操作感を得られるのです。

Reactのコンポーネントベースのアーキテクチャは、SPAの開発を効率的にし、容易にします。

React Nativeでネイティブスマホアプリが作れる

Reactを学ぶことで、React Nativeを使ったネイティブモバイルアプリケーションの開発も可能になります。

React Nativeは、Reactのコンポーネントをネイティブコンポーネントに変換するフレームワークです。

iOSやAndroidのネイティブアプリを、JavaScriptで書けるのが特徴。

Web開発者でもモバイルアプリケーションの開発が可能になり、知識の再利用性が高まります。

トレンドのUI開発がシンプルに

Reactを用いれば、現在のトレンドに沿ったUIの開発がシンプルになります。

例えばモダンなUIライブラリを活用して、見た目が美しいインタラクティブなUIを容易に実装できます。

Reactのコミュニティは非常に活発で、新しいトレンドやベストプラクティスを共有するためのリソースが豊富です。

Reactを使う際の注意点

次に、「Reactを使う際の注意点」を共有します。

全てのツールには得意な領域とそうでない領域があり、Reactも例外ではありません。

これらの注意点を理解することで、より適切にReactを活用することが可能になります。

  • 場合によって不向きなケース
  • 環境構築の手間

場合によって不向きなケース

Reactは非常に強力なツールですが、全てのプロジェクトに最適なわけではありません。

例えば小規模なプロジェクトや静的なウェブサイトでは、Reactの強力な機能は必要ないかもしれません。

またReactは学習曲線がやや急であるため、初心者にとっては取っつきにくいともいえるでしょう。

環境構築の手間

Reactはモダンなフロントエンド開発ツールと一緒に使われることが多いため、開発環境のセットアップには手間がかかることがあります。

またReactをフルに活用するためには、以下のような幅広い知識も必要です。

  • ES6やES7のJavaScript
  • webpackなどのモジュールバンドラー
  • Babelなどのトランスパイラー

Reactのインストール方法

ここでは、「Reactのインストール方法」を説明します。

Reactを使い始めるためのステップを共有します。

  • Node.jsを準備
  • Create React Appのインストール
  • プロジェクトのディレクトリへ移動
  • ローカルサーバーの起動
  • Reactの編集と開発

Node.jsを準備

Reactを利用するためには、まずNode.jsをインストールする必要があります。

公式のNode.jsウェブサイト(https://nodejs.org/)から、最新の安定版をダウンロードし、インストールします。

Create React Appのインストール

Create React Appは、Reactの開発を容易にするための公式のツールです。

コマンドラインで以下のコマンドを実行して、Create React Appをインストールします。

npx create-react-app my-app

上記のコマンドでは、my-appという名前の新しいReactプロジェクトを作成しています。

任意のプロジェクト名を指定しましょう。

プロジェクトのディレクトリへ移動

Create React Appがプロジェクトを作成した後、以下のコマンドでプロジェクトのディレクトリに移動します。

cd my-app

ローカルサーバーの起動

プロジェクトのディレクトリで以下のコマンドを実行すると、ローカルサーバーが起動し、Reactアプリケーションが表示されます。

npm start

これにより、ブラウザが自動的に開き、http://localhost:3000でReactアプリケーションが実行されます。

Reactの編集と開発

プロジェクトディレクトリ内のソースファイルを編集し、Reactアプリケーションの開発が可能です。

srcディレクトリ内のファイルを編集し、変更がリアルタイムにブラウザに反映されます

React学習のためのリソース

最後に、「React学習のためのリソース」を共有します。Reactを学び始めるのに最適なリソースを紹介します。

  • 公式サイト
  • オンライン学習プラットフォーム
  • おすすめ書籍

公式サイト

Reactの公式サイトは学習リソースとして非常に優れています。

ドキュメンテーションは詳しく、様々なトピックを網羅しています。

特にチュートリアルとガイドは、新規ユーザーがReactを学び始めるのに非常に役立ちます。

オンライン学習プラットフォーム

Coursera、Udemy、Codecademyなどのオンライン学習プラットフォームには、Reactに関する多くのコースがあります。

ビデオレクチャー、実践的なプロジェクト、クイズなどを通じて、効率的にReactを学ぶことができます。

おすすめ書籍

書籍による学習は、深くReactを学びたい人におすすめです。

Reactの基本から高度なトピックまでをカバーでき、豊富な例を通じて具体的な理解を深められるでしょう。

まとめ

当記事では、Reactについての基本的な情報をご説明してきました。

Reactはその高いパフォーマンス、コンポーネントベースの設計、そしてモダンなWeb開発におけるトレンドに対応する能力により、現代のフロントエンド開発者にとって強力なツールです。

Reactについて知ることで、React Nativeでモバイルアプリケーション開発にも応用できます。

Reactは現在も進化を続けており、更なる高速化や開発効率の向上に期待できるでしょう。

開発者として、これからのReactの成長とともに自身のスキルも成長させてください。

タイトルとURLをコピーしました