【Linux/Mac】よく使うコマンドのショートカット alias を作成する

learning programmingLinux

ターミナルでよく使うコマンドはありませんか?

今回はそういったいつも使うコマンドのショートカットを作成する方法

をご紹介します

ショートカット aliasをうまく使えば、作業時間がグッと短くなりとても便利です

是非うまく活用してください!

aliasを記述するファイル名とその場所

ホームディレクトリ直下、

Macbookでは「.bash_profile

Linux Ubuntu では「.bashrc

というファイルに記述して動作確認済みです

$ cd ~

$ ls -la

でホームディレクトリ内の既存のファイルを全て見てみよう!

見つからない、無い、という方は作成しましょう

ファイルの書き換え

以下、ファイル名を「.bashrc」で統一しています

$ sudo nano .bashrc

nanoなどを使ってファイルを編集します

.bashrc内の記述例

.bashrc内の最下部などに記述

alias activate='source venv/bin/activate'
alias makemigrations='python manage.py makemigrations'
alias migrate='python manage.py migrate'
alias runserver='python manage.py runserver'
alias restart='service apache2 restart'

などなど、、、

1行目を例に取りますと、いちいち、

$ source venv/bin/activate

ではなく、

$ activate

だけでvirtualenvが起動するようにaliasを作成しています

書き方・構造

お好きなaliasをお書きください

alias<スペース><簡略化したコマンド>='いつも使っているコマンド'

ファイルの保存

  1. ctrl と x を同時押し
  2. y を入力

で保存、終了しましょう

.bashrcファイルの再読み込み

保存し終わったら、

$source ~/.bashrc

とターミナル上で.bashrcファイルの再読み込みをしましょう

venvフォルダのある場所で、

$ activate

と試してみてください

virtualenvが起動していれば成功です

そもそも aliasってなに??と疑問をお持ちの方も多いと思いますので、下記にて補足説明します

【補足】aliasとは?

読み方はエイリアス

意味は「別名」(※weblio参照

フルネームが実際の長いコマンドだとしたら、

aliasはあだ名、というとわかりやすいかな?

なるほど!

よく呼ぶ名前は短いあだ名をつけて呼ぼう!

というのがaliasなんですね!

apacheの.confファイルなどでも「alias」は使われます

以上、Linux/Macにおける「alias」の解説記事でした

最後までご覧いただきありがとうございました!!!

タイトルとURLをコピーしました