【エラー解決】DjangoのServer Error 500

i got it!Django

(最終更新月:2021年10月)

当記事では、本番環境でのDjangoアプリで、

  • Server Error 500と出てしまった場合の解決策

について解説します

多少手動な感じがしますがその分ある程度のエラーに対応できる策かと思います

読めばこんなことかとなるかもしれませんが是非目を通しておいて頂ければ今後の役に立つことと思います!

月9,800円でWebデザインが学べる

デザナルは、Webデザインに苦手意識がある方におすすめのサブスク型スクールです。

なぜなら安い以外にも以下のような特徴があるからです。

  • 初期費用不要
  • 教材が使い放題
  • 案件で収入も得られる

デザナルは稼ぎながら学べる、格安のWebデザインスクールです。

>>デザナルの詳細はこちら<<

利用者の声など、詳しくはこちらでご覧ください↓

adminページでモデルクラスを確認

adminページへのアクセスはできることが多いと思います

まずはadminページへ入りましょう

adminページすら見れないという方は、ここでの解説は役に立ちません

次章の「シェルへアクセス」で中身を見てみることをオススメします

左側に出てくるモデルへ一つずつクリック

問題なければリストビュー、ディテールビューと続いて見れるはず

続けていると、Server Errorが出てしまうモデルがないでしょうか?

出てきた場合はそれが問題のモデルであることを認識できましたね!

シェルでモデルクラスへアクセスする

$ python manage.py shell

でシェルへアクセスします

シェル内でモデルクラスをインポートし、

qs = <モデル名>.objects.all()

などとしてクエリセットを取得しましょう

エラーが何も出なければ、そのままqsを使ってprintやfor loopで値を取り出してみましょう

エラーが出てくるとPythonのエラ〜メッセージも合わせて出てきますので詳細が分かるはず!

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

タイトルとURLをコピーしました