JavaScriptで押さえるべき数値変換の基本とテクニック

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新月:2023年12月)

✔以下の疑問をお持ちの方へ向けた記事です

「JavaScriptで文字列を数値に変換するにはどうしたらいいのだろうか?」

「数値変換の基本的な方法とは何か?」

「数値変換の際の注意点や異なる方法の具体的な例が見たい」

✔当記事を読むことで得られる知識

  • JavaScriptにおける数値変換の基本的な手法
  • 数値変換の際の注意点
  • 異なる数値変換方法の具体的なコード例

当記事では、JavaScriptにおける文字列から数値への変換方法を、基本的な手法から始め、より高度なテクニックまで詳しく解説します。

型変換の際に発生し得る問題点とその回避方法についても触れ、さまざまなシナリオでの具体的なコード例を提供。

初心者から中級者まで、JavaScriptでの数値変換を深く理解するのに役立つ内容です。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

JavaScriptでの型変換の基礎

こちらでは、型変換の基本知識についてご紹介します。

型変換の基礎を押さえることで、JavaScriptにおける信頼できるプログラミングの土台を築けるでしょう。

  • Number、parseInt、parseFloatを使用した明確な型変換
  • 文字列から数値への変換方法と注意点
  • 数値から文字列への変換(toStringメソッドの紹介)

Number、parseInt、parseFloatを使用した明確な型変換

JavaScriptには、文字列を数値に変換するためのいくつかの関数が用意されています。

  • Number()関数: 文字列を数値に変換しますが、文字列が数値として無効な場合にはNaN(Not-a-Number)を返す
  • parseInt()parseFloat(): 文字列の先頭から解析をし、整数または浮動小数点数に変換する
Number("123") //数値の123を返す
Number("abc") //NaNを返す
parseInt("123.45") //123
parseFloat("123.45") //123.45

これらの関数は明示的な型変換を行うために非常に便利です。

文字列から数値への変換方法と注意点

文字列を数値に変換する際は、いくつかの注意点があります。

JavaScriptでは、”42″のような明確な数値形式の文字列をparseInt()parseFloat()で変換するのは直接的ですが、”42px”や”number42″のような曖昧な文字列は予期せぬ挙動を引き起こす可能性があります。

parseInt("42px") //42
parseInt("number42") //NaN

それぞれのメソッドがどのように文字列を解析するかを知っておくことは、バグを回避する上で重要です。

数値から文字列への変換(toStringメソッドの紹介)

数値を文字列に変換する時、JavaScriptではtoString()メソッドを使用できます。

このメソッドは数値を受け取り、その数値を表す文字列を返すものです。

(123).toString() //"123"

また、toString()は基数(2から36までの整数)を引数として取れます。

数値を異なる数の基で表現する文字列を生成が可能です。

(10).toString(2)

10の2進数表現である”1010″を返します。

暗黙の型変換とその細かなルール

暗黙の型変換はJavaScriptにおいて一般的ですが、理解していないと予期せぬエラーやバグを招く可能性があります。

以下では暗黙の型変換のパターンとその注意点について詳しく見ていきましょう。

  • ‘+’ 演算子を使用した数値変換のショートカット
  • 暗黙の型変換の落とし穴と正しい扱い方

‘+’ 演算子を使用した数値変換のショートカット

JavaScriptでは、+ 演算子は数値の加算だけでなく、文字列の連結にも使用されるため、暗黙の型変換がおこなわれます。

"3" + 4のような式は”34″という文字列を返しますが、+演算子の前に単独で使用された場合(例えば+"3")、これは数値3に変換されます。

文字列を数値に素早く変換する簡単なショートカットですが、あくまでも明確な型変換がおすすめです。

暗黙の型変換の落とし穴と正しい扱い方

暗黙の型変換は非常に便利ですが、期待しない結果を生むことがあります。

特に、==演算子による等価性の比較では、型変換により'2' == 2trueと評価されるなどの落とし穴があります。

このような問題を避けるためには、===演算子を使い、型の変換を伴わない厳密な比較をおこなうべきです。

また、論理演算子(||&&)の使用時も、型変換の動作を理解しておきましょう。

数値を扱う際の応用テクニック

数値変換をもっと柔軟に行いたい場合、いくつかのテクニックを使えます。

これらの高度な手法は、より複雑なデータ処理に対応するためのものです。

  • カンマ区切りの数値を変換する方法
  • 小数点の扱いと桁数の制御

カンマ区切りの数値を変換する方法

カンマ区切りの数値(例えば”1,234,567″)を扱う際には、そのままでは数値として解析できません。

これを数値に変換するためには、まずカンマを取り除く必要があります。

.replace()メソッドを使用して、以下のようにしましょう。

"1,234,567".replace(/,/g, '')

結果として”1234567″となります。

その後、parseInt()parseFloat()を使い数値に変換しましょう。

小数点の扱いと桁数の制御

小数点を含む値を扱う場合は、桁数の制御が必要です。

toFixed()メソッドを使用すると、指定した桁数の小数点までの値に丸められます。

(3.1415).toFixed(2) //3.14を返す

ただし、このメソッドは数値を文字列に変換して返すため、数値として使用するには再度変換が必要です。

エラーハンドリングとバリデーション

数値変換で重要なのが、想定外の値や不正なデータを処理する際のエラーハンドリングとバリデーションです。

こちらでは数値変換時のエラーを検出し、それに対処する方法について説明します。

  • 数値変換時のNaNとその判断方法
  • 不正な型変換時のエラー検出と対処法

数値変換時のNaNとその判断方法

数値変換できない値を数値に変換しようとすると、JavaScriptはNaNを返します。

NaNは特殊な値であり、ほかのどの値とも等しくありません(自身との比較すらfalseです)。

NaNを判断する際にはisNaN()関数を使用するのが一般的です。

isNaN(Number("abc")) //true
isNaN(Number("123")) //false

不正な型変換時のエラー検出と対処法

型変換が不正な値に対しておこなわれた際には、適切なエラーメッセージを出力するか、特定のデフォルト値を返したりすることが重要です。

エラーチェックは、値を変換する前に変換が可能かを確認するのが良いでしょう。

if (!isNaN(value)) { 
 /* 変換処理 */ 
} else { 
 /* エラーハンドリング */ 
}

また、トライ・キャッチ構文を利用して例外をキャッチし、データの整合性を保つのも効果的な手段です。

実用的な変換シナリオとレシピ

日常的に出会う多様なデータ形式を数値に変換する例をこちらでは紹介します。

実際によくあるさまざまなシナリオに対応するためのレシピを理解すれば、多くの場面で頼れるでしょう。

  • 日付フォーマットの数値変換
  • テキスト入力からの数値化と計算

日付フォーマットの数値変換

日付を操作する際には、時折日付の形式を数値に変換する必要があります

JavaScriptのDateオブジェクトを使用すると、日付データをまずミリ秒に変換し、それから必要な数値に変換できます。

new Date('2020-01-01').getTime() //1577836800000というミリ秒を表す数値に変換

これをさらに日にちや月に変換することができるので、日付を扱う際の非常に便利なテクニックです。

テキスト入力からの数値化と計算

ウェブアプリケーションでは、フォームなどからテキスト入力されたデータを数値に変換して計算する場面が多々あります。

このとき、Number()parseFloat()を使いテキストを数値に変換し、計算処理をおこないましょう。

ただし、空文字や不正な入力が数値として扱われないよう、適切なバリデーションの実施が大切です。

バリデーションは、例えば正規表現を利用して、入力値が数値の形式に合っているかをチェックし、「123」や「45.67」は受け入れ、「あいう」は拒否するようにします。

数値変換にまつわるFAQ

数値変換についてよく聞かれる疑問とその回答を、FAQセクションでまとめました。

これにより、読者の皆様がより良く理解し、困った時にすぐ調べられるようになります。

文字列”10″と文字列”20″を足し算したい場合はどうすればいいですか?

文字列を数値に変換する必要があります。

parseInt("10") + parseInt("20")

数値の30が得られます。

NaNの正しい扱い方は?

NaNであるかどうかを確認するためにはisNaN()関数を使用します。

NaNが疑われる計算結果に対して、isNaN(result)とすることでチェックできます。

NaNである場合には計算を再度見直したり、入力値を検証したりするべきです。

Number()とparseInt()の違いは何ですか?

Number()関数は文字列を数値に変換する際、文字列全体が数値である必要があります。

対してparseInt()は文字列の先頭からパースを行い、最初の非数値文字までを整数として変換するもの。

たとえば、Number("123px")NaNを返しますが、parseInt("123px")は123を返します。

まとめ

当記事では、JavaScriptでの数値変換について学習してきました。

JavaScriptで型変換を行う際は、明確な方法を選択することが重要です。

明確な型変換であればNumberparseIntparseFloatといった関数を使うべきですし、暗黙の型変換に頼る場合はその動作を理解した上で慎重に使用する必要があります。

いろいろと使いながら、覚えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました