【一発解決】PythonのTypeError解決方法

Python

(最終更新月:2021年11月)

✔当記事は下記のエラー発生でお困りの方へ向けて書かれています

TypeError: unsupported operand type(s) for +: ‘int’ and ‘str’

こちらはPythonのデータ型に関するエラーです。

整数型(int)と文字列(str)を + することはできません

回避する方法としては、こちら。

  • データ型を変更する

下記にて解説していきます。

【著者プロフィール】

profile_icon
【Python歴】11年 x 【Django歴】10年
HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

当ブログを通じて、Webアプリの書き方やアプリの公開方法までを解説しています。

☆日報アプリ「D-Repo」(デモ版)→こちら

※Djangoをベースに作成したアプリです。

☆便利ツールアプリ「Tool Station」→こちら

※Django REST frameworkとReactで作成しているアプリです。

icon
icon

【解決策】データ型の変換!

Pythonには、以下のようなメソッドがあります。

型名()

例えば、int型へ変更する場合は、int()メソッドを使います。

int("1") + 1

[OUTPUT]

2

int(文字列)

でint型へ変更できるのです。

intメソッドで、int型へ変更できるのは、数字の文字列だけ

仮に、“python”などの文字列にintメソッドを使うとエラーとなってしまいます

気をつけましょう!

文字列に変更したい場合は、str()メソッドを使います。

"1"+ str(1)

[OUTPUT]

"11"

str(整数型)

でstr型へ変更できましたね!

strメソッドでは、int型だけでなく、float型も文字列へ変更できます

>>> str(3.14)
'3.14'

覚えておきましょう!

int()、str()以外のメソッド

全ての型でメソッドは用意されています

  • float()
  • bool()
  • list()
  • tuple()
  • dict()
  • datetime()

是非色々と試してみて下さい!

 

✔当ブログは以下のような方に向けて書かれています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」

「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

✔当ブログ掲載の記事

  • Djangoで作る日報アプリ開発
  • WebアプリをWeb上に公開する方法
  • Webアプリ開発に必要なそのほかの情報
【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!

ITCブログにご協力いただける方は、以下もご検討いただけると嬉しいです。

ITCへ投げ銭をする

タイトルとURLをコピーしました