【Python】appendメソッドでリストに要素を追加|コード付

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年7月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「Pythonのappendメソッドってどのように使うのだろうか?」
「appendメソッドの書き方が知りたい」
「appendメソッドの実例が見たい」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • Pythonのappendメソッドの基本
  • appendメソッドの書き方やその応用
  • appendメソッドの実例

当記事では、Pythonのappendメソッドの基本から、さまざまなオプションを活用した使い方まで、具体例を用いて詳しく解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

はじめに: Pythonリストの基本

まずは、「Pythonリストの基本」についてお伝えしていきます。

リストとは何か、どのように操作するのか、その基本を知ることでPythonプログラミングがよりスムーズになります。

  • Pythonのリストとは
  • Pythonのリストにおける専門用語

Pythonのリストとは

Pythonにおけるリストとは、複数のデータを順序づけてひとつにまとめたデータ構造のこと。

リストは角括弧([ ])でデータを囲むことで作成します。

numbers = [1, 2, 3]

1, 2, 3という3つの整数データを格納したリストnumbersが作成されます。

リストに格納されたデータのことを要素と言います。

リストの操作としては、要素の追加や削除、取得、置換などが基本的な操作となります。

Pythonのリストにおける専門用語

Pythonでリストを扱う際に知っておくべき専門用語をご紹介します。

用語を理解しておくことで、理解するスピードが格段に上がるでしょう。

用語名説明
インデックスリスト内の各要素には、その位置を示すユニークな番号があります。
この番号がインデックス。
Pythonのインデックスは0から始まります。
my_list[0]
(結果は 1)
スライシングリストから部分的に要素を取り出す操作を指す。
開始インデックスと終了インデックスを指定して部分リストが作成できる。
(詳しくはこちら。)
my_list[1:3]
(結果は [2, 3])
リスト内包表記Python特有のシンタックス。
短くコンパクトな形式で新しいリストを生成します。
(詳しくはこちら。)
squares = [i**2 for i in my_list]
(結果は [1, 4, 9])
appendメソッドリストの末尾に新たな要素を追加する。
※当記事で詳しくご説明
my_list.append(4)
(結果は [1, 2, 3, 4])
removeメソッド指定した値をリストから削除。
値がリスト内に複数存在する場合、最初の要素が削除されます。
(詳しくはこちら。)
my_list.remove(2)
(結果は [1, 3])
マルチディメンショナルリスト
(二次元リストなど)
リストの中にリストがあること。
複数次元リストです。
行列などを表現するのに使われます。
multi_list = [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9]]

appendメソッドの概要

こちらでは、「appendメソッド」について詳しくお伝えします。

appendメソッドはPythonのリストでよく用いられる重要なメソッドです。

  • どのような時に使うのか
  • 基本的な構文

どのような時に使うのか

appendメソッドは、既存のリストの最後に新しい要素を追加するときに使用するもの。

具体的には、新しいデータが得られたときや、既存のリストに基づいて新しいリストを作成するときなどが挙げられます。

# 既存のリスト
numbers = [1, 2, 3, 4]

# 新しい要素を追加
numbers.append(5)

# 結果の表示
print(numbers)  # 出力: [1, 2, 3, 4, 5]

基本的な構文

appendメソッドはリストのメソッドです。

リストオブジェクトの後に.append、その後ろの括弧()内に追加したい要素を記述します。

リスト.append(追加したい要素)

例えば、既存のリストnumbersに整数の4を追加する場合、次のように記述します。

numbers.append(4)

numbersリストは[1, 2, 3, 4]となります。

appendメソッドの具体例

具体的な「appendメソッドの使用例」を2つご紹介します。

具体的な使用例を通じて、appendメソッドの動作を理解しやすくなることでしょう。

  • リストに要素を追加する例
  • ループでリストに要素を追加する例

リストに要素を追加する例

まず、単純にリストに新しい要素を追加する基本的な例を見てみましょう。

以下のコードでは、既存のリストsportsに新しい要素"volleyball"を追加しています。

# 既存のスポーツリスト
sports = ["soccer", "tennis", "basketball"]

# 新しいスポーツを追加
sports.append("volleyball")

# 結果の表示
print(sports)  # 出力: ['soccer', 'tennis', 'basketball', 'volleyball']

ループでリストに要素を追加する例

次に、ループを用いてリストに要素を追加する例を見てみましょう。

以下のコードでは、range()関数を使用して0から9までの整数を生成し、それぞれの数をnumbersリストに追加しています。

numbers = []
for i in range(10):
    numbers.append(i)
print(numbers)  # Output: [0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9]

ほかのリスト操作: extend, insert, スライス

Pythonのリストには、appendメソッド以外にもさまざまな操作があります。

appendと合わせて知っておくと、場面によって適切なものを使い分けられるでしょう。

  • リストの結合: extendメソッドと+演算子
  • リストの指定位置への要素追加: insertメソッド
  • リストの指定位置へのリスト追加: スライス

リストの結合: extendメソッドと+演算子

extendメソッドを使用すると、別リストの要素をまとめて追加が可能。

リストを連結できるメソッドです。

+演算子を使っても、同様の結果を得られます。

# 既存のプログラミング言語リスト1
languages1 = ["Python", "JavaScript", "Java"]

# 別のプログラミング言語リスト2
languages2 = ["C++", "Ruby", "Swift"]

# リスト1にリスト2を拡張
languages1.extend(languages2)

# 結果の表示
print(languages1)  # 出力: ['Python', 'JavaScript', 'Java', 'C++', 'Ruby', 'Swift']

詳しくはこちらをご覧ください。

【簡単】Pythonの配列を結合する方法をサンプルコード付きで解説
Pythonの配列を結合する方法について知りたいですか?当記事では、Pythonで配列を結合する基本的な方法だけでなく、さまざまなコードを元に実践的な例を詳細に解説しています。具体的なコードから手を動かして学べるので、初心者の方もすぐに実践に移せるでしょう。初心者の方必見です。

リストの指定位置への要素追加: insertメソッド

insertメソッドは、指定した位置に新しい要素を追加するためのメソッドです。

第一引数には追加したい位置のインデックスを、第二引数には追加したい要素を指定します。

# 既存のプログラミング言語リスト
languages = ["Python", "JavaScript", "Java"]

# 1番目の位置に"C++"を追加
languages.insert(1, "C++")

# 結果の表示
print(languages)  # 出力: ['Python', 'C++', 'JavaScript', 'Java']

こちらでも詳しく解説しています。

【保存版】Pythonの配列への要素追加|各メソッドの実例を紹介
Pythonの配列への要素追加について、詳しく学びたいですか?当記事では、Pythonで配列に要素を追加する基本的な方法や実践的な例を詳細に解説しています。達成したいことに合わせたメソッドを選択し、実行する方法を、全て実例コード付で解説しています。初心者の方は必見です。

リストの指定位置へのリスト追加: スライス

Pythonのスライスで、リスト内の特定の位置に別リストを挿入することも可能です。

ここではスライスを使用してリストに別のリストを追加する例を示します。

# 既存のプログラミング言語リスト1
languages1 = ["Python", "JavaScript", "Java"]

# 追加するプログラミング言語リスト2
languages2 = ["C++", "Ruby"]

# 1番目の位置にlanguages2リストを追加
languages1[1:1] = languages2

# 結果の表示
print(languages1)  # 出力: ['Python', 'C++', 'Ruby', 'JavaScript', 'Java']

スライスについては詳しくこちらをどうぞ。

【必読】Pythonのスライスを基本から応用まで実例付きで解説
Pythonのスライスについて知りたいですか?スライスは、リストや文字列などのシーケンス型を部分的に抽出するための強力なツールです。当記事では、Pythonでのスライスの使用法を具体的なコード付きで詳しく解説しています。特にPython初心者の方は必読です。

【比較】appendとextendの特徴と注意点

appendメソッドとextendメソッドはいずれもリストに要素を追加するためのメソッドですが、その動作には重要な違いがあります。

それぞれのメソッドがどのように動作するのか、そして注意すべき点は何か、このセクションで詳しく説明します。

  • appendメソッドの概要と使用例
  • extendメソッドの概要と使用例
  • appendとextendの違いと注意点

appendメソッドの概要と使用例

appendメソッドは、Pythonのリストの末尾に新しい要素を一つだけ追加するためのメソッドです。

例えば、以下のように使用します。

my_list = [1, 2, 3]
my_list.append(4)
print(my_list)  # [1, 2, 3, 4]

ここで注意が必要なのは、appendメソッドが引数としてリストを受け取った場合、リスト全体がひとつの要素として追加される点です。

my_list = [1, 2, 3]
my_list.append([4, 5])
print(my_list)  # [1, 2, 3, [4, 5]]

extendメソッドの概要と使用例

一方、extendメソッドは、リストを引数に取り、そのリストのすべての要素を追加します。

つまり、extendメソッドはリストを「展開」して各要素を追加するものです。

例えば、以下のように使用します。

my_list = [1, 2, 3]
my_list.extend([4, 5])
print(my_list)  # [1, 2, 3, 4, 5]

appendとextendの違いと注意点

appendextendの主な違いは、こちら。

  • append:引数を1つの要素として追加する
  • extend:引数のリスト全要素を展開したうえで追加する

そのため、extendを使用する際には、引数がリスト(または他のイテラブル)であることを確認してください。

それ以外の型のオブジェクトを引数にした場合、エラーが発生するでしょう。

さらに、appendextendの両方とも、元のリストを直接変更するものです。

新しいリストを作成せず、元のリストに要素を追加する点に注意しましょう。

まとめ

当記事では、Pythonのリスト操作とappendメソッドについての学習方法について解説しました。

  • Pythonのリスト操作の基本
  • appendメソッドの詳細な使い方
  • その他のリスト操作メソッド
  • Pythonの学習方法

リストはPythonの中でも特に重要なデータ型のひとつで、その操作方法を理解することは必須です。

特にappendメソッドは頻繁に使用されるため、その使い方をしっかりと理解し、実際のコードで試してみてください。

また、Python学習の際には、具体的な目標を設定し、その目標に合わせた学習リソースを選ぶことが大切です。

そして、学習の初めの段階では無料のカウンセリングサービスを活用し、効率的な学習計画を立ててみてください。

Python学習の成功をお祈りしています!

タイトルとURLをコピーしました