【Ubuntu 20.04.3 LTS】ターミナルでwifiを設定する方法 netplan “aliases are not supported”エラーへの対処法

Linux

(最終更新月:2021年10月)

「Ubuntuをインストールしたけどwifiに接続したい!」

「サーバー版なので、ターミナル上での設定方法が知りたい!」

という方へ向けて、当記事では、

  • ターミナル上でwifiへの接続設定をする方法
  • よく出るエラー「”aliases are not supported”」への対処法

を解説していきます

【OS情報】OS: Ubuntu 20.04.3 LTS

ターミナルからwifiの設定をしよう!

「netplan」で設定を変更していきます

まずはフォルダへ移動します

cd /etc/netplan/
sudo nano /50-cloud-init.yaml

設定ファイルは「50-cloud-init.yaml」です

開いて編集しましょう!

cd /etc/netplan/
sudo nano /50-cloud-init.yaml

下記を追記しましょう

wifis:
    wlan0:
        optional: true
        access-points: 
            "SSIDを入力": 
                password: "パスワードを入力"
        dhcp4: true

“SSIDを入力”の箇所に自身のwifi接続SSIDを入力します

“パスワードを入力”の箇所にSSIDのパスワードを入力しましょう!

SSID、パスワードは” “で囲うことを忘れずに!

またインデントも記載の通りで記述しよう!

基本は半角スペース4つで問題ありません!

全体をみるとこんな感じになりました

# This file is generated from information provided by the datasource.  Changes
# to it will not persist across an instance reboot.  To disable cloud-init's
# network configuration capabilities, write a file
# /etc/cloud/cloud.cfg.d/99-disable-network-config.cfg with the following:
# network: {config: disabled}
network:
    ethernets:
        eth0:
            dhcp4: true
            optional: true
    version: 2
#以下を追記しました
    wifis:
        wlan0:
            optional: true
            access-points:
                "あなたのSSID":
                    password: "SSIDのパスワード"
            dhcp4: true

完了したら、変更を適用します

sudo netplan apply

もしエラーが出てしまった場合はデバックを表示すると詳細がわかります

sudo netplan --debug apply

“aliases are not supported”エラー処理

“aliases are not supported”エラーには随分とハマりましたが、解決策は至ってシンプル!

: のあとには必ずスペースを一つ入れること!

まずはそれぞれきちんとスペースがあるかを確認してみましょう!

当ブログでは、日報アプリ開発を通じて、Webアプリを一から開発し公開するまでを初学者の方でもわかるようにと記事を連載しています

「Djangoでのアプリ開発を学びたい!」
「Djangoで開発したアプリをWebで公開するにはどうするの?」

という方は必見です!

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました