【Python】input関数|入力した文字列を取得【実例付】

Python

(最終更新月:2022年2月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「Pythonのinput関数について知りたい!」

「Python初学者だけど、大丈夫かな?」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • 【Python】input関数|入力した文字列を取得
  • 【実例紹介】input関数を使ってみよう
profile_icon

【Python歴】10年 x 【営業マン歴】11年

HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

Pythonベースのフレームワーク 「Django」を使って下記のようなサイトを作っています!

日報アプリ
当ブログで一から開発方法を解説している日報アプリ(デモ版)です
ツールアプリ
当ブログで紹介したPythonアプリのWeb版です。DjangoAPIとReactで開発。随時更新中です。

初期費用ゼロ/月9,800円でWebデザインが学べる

デザインを習得するためには、客観的なフィードバックと改善が不可欠です。

以下の記事ではこんなWebデザインスクールをご紹介しています。

  • 初期費用ゼロで、月々9,800円のみ
  • オンラインで、教材が使い放題
  • コンテストや実務案件にチャレンジして報酬もGETできる

デザナルはトップデザイナーからレビューがもらえる、格安のWebデザインスクールです。

>>デザナルに興味がある方はこちらからどうぞ<<

詳細をまとめた記事もございますので、ぜひご覧ください。

【Python】input関数|入力した文字列を取得【実例付】

input関数は、実際に入力した文字列を取得、変数に格納することが可能です。

>>> input("入力してください→  ")
入力してください→  abcd
'abcd'

変数に格納することも可能です。

>>> answer = input('1+2= ')
1+2= 3
>>> print(answer)
3

変数に動的な値を入れることができるのでとても便利です。

いくつかターミナル上で動くアプリを作りましたので、ご紹介します。

【実例紹介】input関数を使ってみよう

別記事でご紹介している自作アプリのコードを一部ご紹介します。

タイピングゲームでは「input」を下記のように使用します。

sentence = "何文字にチャレンジしますか?-> "
while not validator:
    char_size = input(sentence)
    try:
        char_size = int(char_size)
        if char_size <= 50:
            validator = True
        else:
            sentence = "問題は50文字以内で入力下さい -> "
    except:
        sentence = "数値を入力下さい"

try文を使うことで、動的に表示される文章を変更しています。

詳しくコード等を見てみたい方は↓をどうぞ。

QRコード作成アプリでは下記のように使用しています。

import qrcode
from datetime import date

today_str = date.today().strftime("%Y-%m-%d")
qr_str = input("QRコード化します⇒ ")

img = qrcode.make(qr_str)
img.save(f'new_qr_{today_str}.png')

単純に文字列を受け取り、受け取った文字列によるQRコードを作成しています。

詳しくコード等を見てみたい方は↓をどうぞ。

まとめ

ここまでの内容をまとめます。

input関数は、実際に入力した文字列を取得、変数に格納することが可能です。

(コードの一例をコピペ)

Pythonでホームページが作れるのをご存知でしょうか?

当ブログでは、PythonをベースとしたDjangoフレームワークを使って一からホームページを作成、公開するまでを解説しているブログになります

最終的には、下記リンク先のような日報アプリを開発、公開できるように進めていきます

https://nippo.itc-app.site/
ようこそ!簡易日報アプリ「D-Repo」へ!こちらは無料で使える日報アプリのデモサイトになります!「Webアプリはとてもカンタンで便利!」を感じてみよう!

興味のある方はシリーズの記事が一覧となっている↓のページをご覧ください

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました