【必見】Pythonで改行を実装する方法すべて実例付きで解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年6月)

✔当記事は以下のような方を対象にしています

「Pythonでの改行コードの扱いについて知りたい」
「Pythonで改行コードを使った書き方を学びたい」
「Pythonで改行コードを用いた具体的な例を確認したい」

✔当記事を通じて理解できること

  • Pythonにおける改行コードの基本概念
  • Pythonでの改行コードの書き方やその活用方法
  • Pythonで改行コードを使った実用的な例

当記事では、Pythonの改行コードの基本から、その使い方や応用方法に至るまで、具体的なサンプルを交えてわかりやすく解説していきます。

ぜひ最後までご覧ください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

改行を含む文字列の作成と表示

こちらでは、「改行を含む文字列の作成と表示」についてお伝えします。

「改行を含む文字列の作成と表示」について理解することで、文字列操作の技術を一段階深めることが可能です。

  • 改行コード\n(LF)と\r\n(CR+LF)の違い
  • トリプルクォート”’と”””の使い方
  • インデント付きの文字列の作成

改行コード\n(LF)と\r\n(CR+LF)の違い

プログラミングにおける改行コードは、主に2つあります。

  • Unix系OSでは「\n」(LF: Line Feed)
  • Windows:「\r\n」(CR+LF: Carriage Return + Line Feed)

Pythonにおいては基本的にどちらも使えますが、環境により表示が異なることがありますので注意が必要です。

#Unix系OS(LF改行コード)の場合
text = "This is a line of text.\nThis is another line."
print(text)
#出力結果
#This is a line of text.
#This is another line.

#Windows(CR+LF改行コード)の場合
text = "This is a line of text.\r\nThis is another line."
print(text)
#出力結果
#This is a line of text.
#This is another line.

トリプルクォート”’と”””の使い方

Pythonではトリプルクォート、”’ または “”” を用いて複数行にわたる文字列を作成できます。

この機能を用いることで改行を含む長文の文字列を一度に定義できます。

>>> text = '''This is a multi-line string.
It spans across multiple lines.
You can include "double quotes" or 'single quotes' without any issues.
This is a convenient way to define long strings.'''
>>> print(text)
This is a multi-line string.
It spans across multiple lines.
You can include "double quotes" or 'single quotes' without any issues.
This is a convenient way to define long strings.

また、これらの文字列内にはダブルクォートやシングルクォートを自由に含むことが可能です。

インデント付きの文字列の作成

Pythonの文字列においては、トリプルクォートを用いることで、インデント(字下げ)付きの文字列を作成できます。

特に、複数行にわたる出力を整形する際に便利です。

name = "John"
age = 30

output = f'''
Name: {name}
Age: {age}
    Occupation: Software Engineer
    Location: San Francisco
'''

print(output)

出力結果はこちら。

Name: John
Age: 30
    Occupation: Software Engineer
    Location: San Francisco

ただし、インデントのスペース数はコードの整形に影響を与えるため、注意が必要です。

文字列リストの改行を利用した連結と分割

こちらでは、「文字列リストの改行を利用した連結と分割」についてお伝えします。

「文字列リストの改行を利用した連結と分割」について理解することで、複雑な文字列操作に対応できるでしょう。

  • 改行で区切られた文字列リストの結合
  • 文字列を改行ごとに分割してリスト化: splitlines()

改行で区切られた文字列リストの結合

joinメソッドを使うと、Pythonのリストに含まれる複数の文字列をひとつに結合できます。

改行’\n’を区切り文字として用いることで、各文字列が改行された形で結合されるのです。

my_list = ["Hello", "World"]
joined_string = '\n'.join(my_list)
print(joined_string)

#出力結果
#Hello
#World

文字列を改行ごとに分割してリスト化: splitlines()

Pythonでは、splitlines()メソッドを使って文字列を改行ごとに分割できます。

文字列をリストとして得るときに使える手法です。

my_string = 'Hello\nWorld'
lines_list = my_string.splitlines()
print(lines_list)

#出力結果
#['Hello', 'World']

改行コードの操作

こちらでは、「改行コードの操作」について見ていきましょう。

「改行コードの操作」について知ることで、文字列に含まれる不要な改行を適切に取り扱えるようになります。

  • 改行コードの削除と置換方法
  • 末尾の改行を含まないprint出力方法

改行コードの削除と置換方法

Pythonでは、replaceメソッドを使って文字列中の改行コードを削除したり、他の文字列に置換したりできます。

my_string = 'Hello\nWorld'
new_string = my_string.replace('\n', '')
print(new_string)

#出力結果
#HelloWorld

改行無しの文字列が得られます。

末尾の改行を含まないprint出力方法

Pythonのprint関数は、デフォルトで出力の末尾に改行(‘\n’)を追加します。

末尾に改行を追加したくない場合は、print関数の引数endに空文字列を指定。

print('Hello', end='')
print('World')

#出力結果
#HelloWorld

printでの改行を詳しく解説しています。

改行コードの置換と削除の詳細

こちらでは、「改行コードの置換と削除の詳細」についてお伝えします。

ここで学ぶ技術は、Pythonにおける文字列操作の深化と、より複雑なテキスト処理への布石となります。

  • splitlinesメソッドとjoinメソッドを使った置換方法
  • replaceメソッドを使った置換方法
  • 改行コードの削除方法

splitlinesメソッドとjoinメソッドを使った置換方法

Pythonでは、splitlines()メソッドとjoin()メソッドを組み合わせて、改行コードを別の文字列に置換できます。

例えば、文字列’Hello\nWorld’の改行を空白スペースに置換するには、以下のようにします。

text = 'Hello\nWorld'
replaced_text = ' '.join(text.splitlines())
print(replaced_text)

#出力結果
#Hello World

replaceメソッドを使った置換方法

Pythonのreplace()メソッドを用いると、文字列内の任意の部分を別の文字列に置換することができます。

これにより、改行を別の文字列に置換することも可能です。

text = 'Hello\nWorld'
replaced_text = text.replace('\n', ' ')
print(replaced_text)

#出力結果
#Hello World

改行コードの削除方法

改行コードを削除する方法にはいくつかありますが、一番簡単な方法はreplaceメソッドを使用することです。

例えば、文字列’Hello\nWorld’から改行を削除するには、こちら。

text = 'Hello\nWorld'
removed_newline = text.replace('\n', '')
print(removed_newline)

#出力結果
#HelloWorld

‘HelloWorld’という改行無しの文字列が得られます。

まとめ

当記事を通じて、Pythonにおける改行コードの基本概念を学びました。

  • Pythonにおける改行を含む文字列の作成と表示
  • 文字列リストの改行を利用した連結と分割
  • 改行コードの操作
  • 改行コードの置換と削除
  • 文字列操作に関する基本的な技術

当記事で学んだ技術は、プログラミング全般における重要な基礎となります。

次はこれらの知識を活かして、より実践的な問題に取り組むことがおすすめ。

テキストデータの処理を行う際には、これらの知識が直接役立つことでしょう。

タイトルとURLをコピーしました