【簡単】jupyter notebookで仮想環境を使う

Python

(最終更新月:2022年1月)

✔このような方へ向けて書かれた記事となります

「jupyter notebookで仮想環境って使えるの?」

「仮想環境を使えるなら、どうやってやるのか知りたい!」

✔当記事を通じてお伝えすること

  • jupyter notebookで仮想環境を使うための設定方法
profile_icon

【Python歴】10年 x 【営業マン歴】11年

HP作成、社内システムの構築、コンサルティング

Pythonベースのフレームワーク 「Django」を使って下記のようなサイトを作っています!

日報アプリ
当ブログで一から開発方法を解説している日報アプリ(デモ版)です
ツールアプリ
当ブログで紹介したPythonアプリのWeb版です。DjangoAPIとReactで開発。随時更新中です。

icon
icon

①仮想環境を作成

virtualenv -p python3 venv

詳しくはこちら→ virtualenvでDjangoの開発環境を整える

②仮想環境を起動

source venv/bin/activate

下記のように( )で仮想環境名が出てればOKです

(venv) yulikepython@myPC$

③「ipykernel」のインストール

仮想環境を立ち上げた状態で、「ipykernel」をインストールします

pip install ipykernel

カーネルの追加

ipython kernel install –user –name=<プロジェクト名>

<プロジェクト名>の箇所を任意のカーネル名にしましょう

※上記の「–」はハイフン2つになります

【例】

ipython kernel install —-user —-name=jupyter-venv

下記の通りに出力されれば問題ありません

Installed kernelspec jupyter-venv in /Users/hironish/Library/Jupyter/kernels/jupyter-venv

新規プログラムの立ち上げ

カーネルとは環境のことだと理解してます

デフォルトではPython3となりますので、立ち上げ時に正しいカーネルを選べば完了です

【補足】途中からカーネルを変更する方法

すでに作成済みのプログラムでカーネルを変更する方法もあります

カーネルの変更方法は3ステップで完了します

  1. ツールバーのカーネルを選択
  2. 一番下のカーネルの変更を選択
  3. 変更したいカーネルを選ぶ

以上、「jupyter notebookで仮想環境を使用する方法について」でした!

Pythonでホームページが作れるのをご存知でしょうか?

当ブログでは、PythonをベースとしたDjangoフレームワークを使って一からホームページを作成、公開するまでを解説しているブログになります

最終的には、下記リンク先のような日報アプリを開発、公開できるように進めていきます

https://nippo.itc-app.site/
ようこそ!簡易日報アプリ「D-Repo」へ!こちらは無料で使える日報アプリのデモサイトになります!「Webアプリはとてもカンタンで便利!」を感じてみよう!

興味のある方はシリーズの記事が一覧となっている↓のページをご覧ください

【Django】チュートリアル|日報アプリの開発から公開まで
Djangoのチュートリアルをお探しですか?具体的に「手を動かして作ってみたい!」という方へ向けて、誰でもできる簡易的な日報アプリの開発を通じて、Djangoの様々な機能に触れていくシリーズとなっています。PythonでWebアプリを作りたい方、必見の記事となります!
タイトルとURLをコピーしました