【ネットワーク】ポートってなに?ポート、予約済みポートについてわかりやすく解説!

Webサーバ

(最終更新月:2021年8月)

自作でWebサーバーなどを作成していると「ポート」についての知識は欠かせません

IPアドレスについて理解はしたけど、ポートってなに??」という方へ向けて、

ポートについての基礎知識

を解説します

そもそも「IPアドレスについてよくわからない!」という方はまずはこちらの記事をご覧ください

「自分でWebサーバーを作りたい!」という方は固定IPアドレスが必要です

固定IPが取得できるプロバイダをまとめました↓

ポートを例えると?

IPアドレスはサーバーの住所を示しています

対して、ポートはその住所へ出入りするための「ドア」だと言えるでしょう

ドアの数(ポート数)には決まりがあり、それぞれ番号が割り振られています

ポート番号は、0から65535番まで用意されています

ポートの役割

出入りする顧客(データの種類)により、使用するドア(ポート)が違います

例えば、通常「https://itc.tokyo/」などと打ち込むHPの場合、ホームページのデータを送受信するために、自動的に

ポート番号「443」

が使用されています

※HTTPの場合はポート番号「80」です

HP閲覧の為のデータ送受信に限らず、いくつかのポートは専用の顧客のために予約されています

次章で代表的なものをご紹介していきます

予約済みのポート番号

下記が代表的な予約済みのポートとなります

ポート番号用途備考
20FTP
(データ)
ファイルの転送
22SSHセキュアなログイン、ファイル転送
25SMTP簡易メール転送プロトコル
53DNSドメインとIPアドレスを紐づける
67DHCP
(サーバ)
コンピュータ(サーバ)がネットワークに接続するための必要な設定を自動で割り当てる
68DHCP
(クライアント)
コンピュータ(クライアント)がネットワークに接続するための必要な設定を自動で割り当てる
80HTTPHypertext Transfer Protocol
110POP3ユーザーがメールサーバから自身のメールを
取り出す際に使用
443HTTPSHTTPをSSLやTLSで暗号化し通信

その他にも予約済みのものがありますが、空いているもの下記のように使うことができます

例えば、Djangoローカルサーバで、

localhost:8000

また、Reactでは、

localhost:3000

などと、localhostのポートを指定することでデータの送受信ができるようになっています

まとめ

ネットワーク間でデータを送受信するために、ポートはドアの役割を担っています

ufwを使ったファイアウォールの設定などもポートというドアを開けたり閉めたりすることで、セキュリティの役割を担っています

必要以上の知識入りませんが、以上の事は最低限知っておくと、今後のWebアプリ制作に役立つこと間違いなし!

最後までご覧いただきありがとうございました

タイトルとURLをコピーしました