【簡単】git revertとは?その使い場所や方法を丁寧に解説

※本サイトにはプロモーション・広告が含まれています。

(最終更新日:2023年8月)

✔当記事は以下のような方に向けて書かれています

「git revertコマンドが何をするものなのか気になる」
「git revertコマンドの正しい書き方を知りたい」
「git revertコマンドを用いた具体的な事例を見たい」

✔当記事を通じて得られる知識

  • git revertコマンドの概要
  • git revertコマンドの書き方とその活用方法
  • git revertコマンドを使ったリアルな例

当記事では、git revertコマンドの基本的な概念からそのオプションを駆使した高度な使い方まで、現実のケースを用いて詳細に説明します。

ぜひ最後までご覧いただき、git revertコマンドの使い方をマスターしてください。

筆者プロフィール

筆者プロフィールアイコン

【現職】プロジェクトマネージャー/SE(元外資系金融機関営業)

【副業】ブログ(月間15万PV)/YouTube/Web・アプリ制作

コミュニケーション × ビジネススキル × 文章力 × プログラミングスキルを活かし、30後半からのIT系職へシフト。当サイトでは、実際に手を動かせるWebアプリの開発を通じて、プログラミングはもちろん、IT職に必要な情報を提供していきます。

【当ブログで紹介しているサイト】

当サイトチュートリアルで作成したデモ版日報アプリ

Django × Reactで開発したツール系Webアプリ

✔人に見せても恥ずかしくないコードを書こう

「リーダブルコード」は、わかりやすく良いコードの定義を教えてくれる本です。

  • 見るからにきれいなコードの書き方
  • コードの分割方法
  • 変数や関数の命名規則

エンジニアのスタンダートとすべき基準を一から解説しています。

何回も読むのに値する本なので、ぜひ手にとって読んでみてください。

Gitとrevertコマンド

revertコマンドは、コードバージョン管理システム「Git」の便利な機能のひとつです。

revertコマンドの理解と正しい使い方を身につけることで、コード管理が一段と効率的になります。

  • Gitの基本概念
  • revertコマンドとは?

Gitの基本概念

Gitはプログラムのソースコードなどの変更履歴を記録・追跡するための分散型バージョン管理システムです。

リモートリポジトリとローカルリポジトリという2つのレベルで操作をおこない、複数人の開発者が共同で作業を行うための仕組みを提供しています。

Gitでは、コードの変更履歴を「コミット」という単位で保存します。

revertコマンドとは?

revertコマンドは、特定のコミットを取り消すためのコマンドです。

revertは、対象となるコミットの変更を打ち消す新しいコミットを作成します。

結果として、コミット履歴は元のまま残り、変更自体は取り消されるという状態を作り出せるのです。

コードの変更履歴を保つために、重要な機能といえるでしょう。

revertコマンドの基本と流れ

ここでは、revertコマンドの基本的な使い方とその流れを解説します。

コマンドの書き方から実際の動きまで、具体的な内容を通じて理解を深めていきましょう。

  • コマンドの一般的な構文
  • revertの流れを図解

コマンドの一般的な構文

revertコマンドの基本的な構文は次のようになります:

git revert [コミットID]

このコマンドを使用すると、指定したコミットIDの変更を打ち消す新しいコミットが作成されます。

コミットIDは、git logなどのコマンドで取得しましょう。

revertの流れを図解

revertの流れは以下のようになります。

  1. 変更を打ち消したいコミット(例えば、コミットIDがabc123のもの)を特定
  2. コマンドラインにgit revert abc123と入力して実行
  3. コマンドが実行されると、コミットabc123の変更を打ち消す新しいコミットが作成される

これが、revertコマンドの基本的な流れです。

この流れを理解することで、あらゆるコミットを容易に取り消せます。

コミットの取り消し方

特定のコミットを取り消す方法を詳しく見ていきましょう。

また複数のコミットを一度に取り消す方法や、マージコミットの取り扱いについても触れていきます。

  • 特定のコミットを取り消す方法
  • マージコミットの取り扱い

特定のコミットを取り消す方法

特定のコミットを取り消すには、そのコミットのIDを指定してgit revertコマンドを使います。

たとえば、コミットIDがabc123のコミットを取り消したい場合、以下のコマンドを実行してください。

git revert abc123

これにより、abc123コミットの変更を打ち消す新しいコミットが作成されます。

マージコミットの取り扱い

マージコミットを取り消す際には、どの親のコミットからの変更を取り消すかを指定する必要があります。

マージコミットは通常、2つの親を持つため、-mオプションと一緒に親の番号(1または2)を指定してください。

たとえば、マージコミットabc123から親1の変更を取り消すには、以下のコマンドを実行します。

git revert -m 1 abc123

このコマンドにより、マージコミットabc123から親1の変更を取り消す新しいコミットが作成されます。

コミットに関する操作

コミットメッセージの編集やコミットなしでrevertする方法など、コミットに関するさまざまな操作方法を詳しく説明します。

  • コミットメッセージの編集方法
  • コミットなしでrevertする時の手順

コミットメッセージの編集方法

すでに作成されたコミットのメッセージを変更するにはgit commit --amendコマンドを使用します。

このコマンドを実行すると、エディタが開き、最新のコミットメッセージを編集可能です。

以下にそのコマンドを示します。

git commit --amend

ただし、この操作はローカルのコミットに対してのみおこなうべきもの。

すでに他の人と共有したコミットを変更すると混乱を招く可能性があります。

コミットなしでrevertする時の手順

revertコマンドは通常、新しいコミットを作成します。

ただし--no-commitオプションを使用すると、コミットを作成せずに変更だけをおこなうことも可能です。

たとえば、コミットabc123の変更を打ち消すが、新たなコミットを作成したくない場合は以下のコマンドを使用します:

git revert --no-commit abc123

この操作により、コミットabc123の変更がワーキングディレクトリに直接反映されます。

後で複数のrevertをまとめてひとつのコミットにするなど、より高度な操作が可能になるのです。

応用編:revertの高度な使い方とコミットIDの調べ方

次に、git revertの高度な使い方と、コミットIDの調べ方について詳しく見ていきましょう。

これらを理解することで、あなたのGit操作スキルはさらに向上します。

  • コミットIDの探し方
  • 特定のコミットを取り込む方法

コミットIDの探し方

コミットIDは、git logコマンドを使って調べられます。

このコマンドを実行すると、コミットのリストが表示され、以下の情報が表示されるのです。

  • 各コミットのID
  • 作者
  • 日時
  • メッセージ

具体的なコマンドは以下のとおりです。

git log

特定のファイルのコミット履歴を見るには、git logにファイル名を指定します:

git log path/to/file

これにより、特定のファイルに関連するコミットのリストが表示されます。

特定のコミットを取り込む方法

特定のコミットの変更を現在のブランチに取り込むには、git cherry-pickコマンドを使用します。

たとえば、コミットabc123の変更を現在のブランチに取り込みたい場合、以下のコマンドを実行しましょう。

git cherry-pick abc123

ただし、この操作によりコンフリクト(同じ部分の変更が衝突すること)が発生する場合があります。

その場合は、コンフリクトを解決してからコミットを完了させましょう。

まとめ

「git revert」は、コミットを無効化し、その変更を元に戻すためのコマンドです。

これにより、特定の変更がもたらしたバグや問題を修正し、コードベースを安定した状態に保てます。

さらに「git revert」は変更の履歴を保持するため、何が起こったのか、なぜ起こったのかを理解するのに役立つでしょう。

次のコマンド例では、コミットID abc123を取り消します。

git revert abc123

「git revert」を日常的に使用するときの一部のヒントとトリックを以下に示します。

  • コマンドを使用する前に、現在の作業をコミットまたはスタッシュしてください。
    これにより、revert操作が現在の変更に影響を与えることなく、安全に行うことができます。
  • 「git log」を使用して、revertするコミットを正確に識別します。
    そして、そのIDを「git revert」コマンドに渡します。
  • 複数のコミットを一度に取り消すには、各コミットIDをスペースで区切って指定します。

これらの知識を活用すれば、gitを使ったプロジェクト管理がより円滑になります。

「git revert」はあくまで1つのコマンドに過ぎませんが、gitの全体的な理解に寄与する重要な要素です。

これを使いこなせば、より効率的かつ効果的にソースコードのバージョン管理がおこなえる

タイトルとURLをコピーしました